« 亡命者 ザ・ジョーカー・大沢在昌 | トップページ | プーチン・池田 元博 »

2013年6月26日 (水)

本・嫉妬の世界史・山内 昌之

喜怒哀楽とともに、誰しも無縁ではいられない感情「嫉妬」。時に可愛らしくさえある女性のねたみに対し、本当に恐ろしいのは男たちのそねみである。妨害、追放、殺戮…。あの英雄を、名君を、天才学者を、独裁者をも苦しめ惑わせた、亡国の激情とは。歴史を動かした 「大いなる嫉妬」 にまつわる古今東西のエピソードを通じて、世界史を読み直す。

20130626_book1



よく分かる話である。
嫉妬・・・・・・
出る釘は打たれる!
例も面白い!各界の話がある。
まず君主がいる。君主と臣下の話。
分かり易い例。島津久光と西郷隆盛。
意地があり、素直に言う事が聞けない。嫉みがある。素直に才能を認めれない。
黙っておけばよいものを、気に障る事も平気で言う・・・・・・
アレキサンドロス大王、三国志の孫権も部下を信用出来ない。
猜疑心の塊だったようだ。
エルサレム奪回のサラディンも主君にねたまれたようだ・・・・・・・

女の嫉妬!
洋の東西を問わず女はこわい!
改革の敵は女だと言う!(中西輝政・・・・)
これは中国に嫌と言うほどの例がある。
この本にある、劉邦の妻の呂后、出ていなが武則天・西太后・妲己・末喜といる。
これらの女性は、宮城谷昌光でよく知っている。
トルコのスレイマン大帝も、絶世の美女を手に入れたが、ろくな結果になっていない。
女は怖い! 

兄弟の対立!
兄をたてた武田信繁。No2に徹した羽柴秀長・・・・・・
徳川家光の異母兄弟、保科正之。
逆の例として、島津義久・義弘・歳久・家久の兄弟。
歳久・家久が亡くなり、残った義久、義弘の対立。
関ヶ原も1000人ほどしか送られてこないで、名を残した義弘。
朝鮮出兵で鬼島津と恐れられた義弘。
兄の嫉妬を買ったのか・・・・・
義経よ頼朝、尊氏と直義、家光と忠長・・・・・
一杯ありそう・・・・・・ 

天才と秀才!
石原莞爾と東條英機。
秀才は天才に嫉妬する。
天才の発想を、秀才は出来ない。
永田鉄山も天才だったと言う。
東條は能仕であったと言う。几帳面にメモを取る。
それだけの存在だったんだろう・・・・・
東條上等兵と言った石原莞爾は大したものだと思う。
が、天才は組織をまとめれないと言う!
東條英機もねちねち復讐したと思う! 

独裁者の嫉妬!
スターリンはトハチェススキー将軍に嫉妬した。
毛沢東も劉少奇に復讐した。
ヒトラーはドイツの伝統ある参謀本部に嫉妬した。そこでお気に入りの将軍を見出す。
本流から外れているロンメル将軍!
そのロンメルも自殺に追い込まれる・・・・

森鴎外の話は初めて読んだ。
森鴎外も人間だったようだ。
文学ももって復讐する?
面白い話だ!
学会の話は良く分からない! 

この本ではないが、村松劭がよく記述している。
東ローマ帝国皇帝ユスティニアス!最大版図となる。
その将軍、ベリサリウス。有能このうえない将軍!
どんなに嫉妬され冷遇されても忠誠をつくしたと言う!
こう言うのは例外なのか?

面白かったです!

12

嫉妬の世界史・山内昌之

12

« 亡命者 ザ・ジョーカー・大沢在昌 | トップページ | プーチン・池田 元博 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 九州 (島津・竜造寺・大友他)」カテゴリの記事

 武田氏(甲斐・信玄他)」カテゴリの記事

 豊臣秀吉 (秀吉関連)」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・嫉妬の世界史・山内 昌之:

« 亡命者 ザ・ジョーカー・大沢在昌 | トップページ | プーチン・池田 元博 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ