« 7月2日夕方、神戸そごう前で街頭演説ー石破茂 | トップページ | 本・1989年の因果 昭和から平成へ時代はどう変わったか②社会党と女の問題・保阪正康 »

2013年7月 3日 (水)

本・1989年の因果 昭和から平成へ時代はどう変わったか①・保阪正康

天皇崩御、与党の大敗、消費税導入、冷戦終結、東西ドイツ統一、天安門事件…世界的な激動の年であった1989年=平成元年の変調は、年を経て、形となって影響をおよぼすようになった。
当時の記録をいまの視点からあらためて問い直す。


20130703_book1



昭和から平成へ!
1989年・・・・・・
米ソの冷戦の終わり、時代の転換点・・・・・・
その時からは、四半世紀経っている。
今と状況はどう違うのか?
いろんな話がある。

天皇の戦争責任。
責任を追及するのは国内だけでなく、海外も多いようだ。
著者も言うが、左翼の戦争責任追及は虚しい!
なんでも天皇のせいにしている。
責任を問う事の無意味さを言っている。
戦争責任は、どんな文献を読んでも、どうしても統帥権が出て来る。
これが分かり難い!
これを出せばみんな責任が逃れられるのかと思ってしまう!

天皇のガンの治療の事。
告知せずに、抗がん剤も使わずに、出来るだけ長命を保ってもらう。
手術すべきと言う意見もあったようだ!
これには、尊厳死の問題もある。
植物人間で生かしていてよい物なのか?

朝鮮李王朝の日本とのかかわりがある。
おぼろげながら知っていたが、はきり分かった。
朝鮮を支配した頃になる。
実効支配するために、李王朝の皇太子を日本で教育しようとする。
伊藤博文だったようだ。
確かにやり過ぎだったんだろう。
李王朝はやはり伝統ある教育をしたかった。
が強引に日本に連れて帰った。10歳と言う。
皇太后と従妹の関係の女性と結婚する。攻略結婚だ!
日朝の融合を図る。
思い上がりもはなはだしい!
妹の王妃は、対馬候と結婚させられたようだ。
今の韓国に李王朝を懐かしむ声は少ないようだ。王党支持者も少なく、共和国である。
戦後、韓国に帰る事は許されなかった。
帰れば帰ったで問題が多かったんだろう。

著者言う、日本の皇太子がアメリカ人と強制的に結婚させられたらどう思うか?
日本の皇室は皇太子に対しては良くしたようだ。
がそれとは問題は別だと言う!
これに対しても日本は正式に謝罪していないと言う!

チョッと情けない話があった。
日本は何のために生きて、何を支えにしているのか?
アメリカ人が言ったそうだ。
分かった!金のためだ。金さえあれば何でも出来る。
当たっているところはある・・・・・・
著者もあわてて否定したが、当たっていることろはあると思ったようだ
いかに経済力を持っても、文化、文明度は低い!
本当に凄い国になった。があの国は・・・・・と続く!
昭和を代表する人が多く死んだようだ!
美空ひばりもそうなんだろう!

12

保阪正康

12

« 7月2日夕方、神戸そごう前で街頭演説ー石破茂 | トップページ | 本・1989年の因果 昭和から平成へ時代はどう変わったか②社会党と女の問題・保阪正康 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 7月2日夕方、神戸そごう前で街頭演説ー石破茂 | トップページ | 本・1989年の因果 昭和から平成へ時代はどう変わったか②社会党と女の問題・保阪正康 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ