« 本・徹底分析川中島合戦・半藤 一利 | トップページ | 二郎余話200,000回の訪問者にお礼 »

2013年7月10日 (水)

ナルト・サクラのホホ笑み?作り笑い?

2代目3忍になるのか?
第7班は、カカシから外れている。
自来也・大蛇丸・綱出・・・・・・
口寄せの怪物も師匠と同じだが・・・・・
サスケは大蛇丸から抜けて鷹を立ち上げた!
口寄せで鷹を呼び寄せていた。
口寄せの契約は変えれるのか?
ガマにナメクジにヘビ!
みんな苦手である!
軟体生物は嫌いである。生理的に合わない。

ガマ吉も大きくなった。
ナルトより小さかったのにどうなっているんだろう?

サクラは、里を抜けて殺しまくっている時も、綱出が回復したら許してもらえると思っていた!
サクラに関しては、サイが窓口みたい?
サイとシカマルにサスケを木の葉の同期で始末すると言われて泣く!
そしてサスケを自ら殺すことを決意する。
逆にカリンを殺せと言われる。
サスケも非常だ!

おさない少女がいる。
一途に人を信じている。
その思いをいつまでも引きずっている。
大人になり、女になりながら、信じられないが信じようとする!
はかない、愚かな女の性がある。
悲しい結末しかあり得ない・・・・・・

忍界大戦で、まだサスケの事を思っている事が分かる。
サスケが戻って来た。
火影になろうとしている。
自分の理想の里を造ろうとする。
今までの里を否定している。
ナルト・サクラはサスケの考えを薄々感じている。
サイがサクラにサスケの事を聞く!
「サスケは何を考えている?」
「サスケくんが戻ってきてくれて、助けてくれた。それで信用できる」
と言って、サクラはホホ笑みで返す!
その笑顔が作り笑いだと、サイは分かっている。


20130709_naruto1


« 本・徹底分析川中島合戦・半藤 一利 | トップページ | 二郎余話200,000回の訪問者にお礼 »

ナルト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナルト・サクラのホホ笑み?作り笑い?:

« 本・徹底分析川中島合戦・半藤 一利 | トップページ | 二郎余話200,000回の訪問者にお礼 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ