« 本・たそがれゆく日米同盟―ニッポンFSXを撃て②孤独な反乱・手嶋 龍一 | トップページ | 本・外交敗戦―130億ドルは砂に消えた①侵攻・手嶋 龍一 »

2013年8月 1日 (木)

本・たそがれゆく日米同盟―ニッポンFSXを撃て③紛糾の議会・手嶋 龍一

ここで議会工作になる。
拒否権を行使できるようになるには、FSX推進派は34表取ればいい!
これが微妙になる。票読みが行われる。
信念を持っての投票になる。
松永・シンプソン連合が票読みをする。
勝てない!ここから反対派に切り込んでいく!
共和党の大統領なので、民主党は反対に回る。

民主党ビル・ブラッドレー上院議員、信念に従って賛成する。
日米共同開発を阻止すれば日本は自主開発に走る。そうなれば三菱の一人勝ちになるだけだと!(買いかぶり過ぎではないのか?)
ソ連に変わる敵を、日本にしてはいけない。
結局は自主開発を認めるか?共同開発か?
最新鋭のソースコードは供与されないので、日本はその自主開発に走った。
そうなる事を見越した発言だ!

松永大使は電話魔と言う。
日本の全日空がエアバスではなくボーイングの採用を決めた時、クリスマスの夜の10時過ぎに、関係閣僚、ボーイングの地元議員に連絡したと言う!
時を間違わない!メチャメチャ喜ばれたと言う。
ハワイ選出の日系議員、スパーク・マツナガ。
投票の名前を呼ばれてもパスする。
そして最後に自分の票が決定するとき、33票VS66票の時、民主党に逆らってFSXに賛成票を入れる。
政治生命をかけて信念を貫く!
そう言う密約を結ぶ。凄い話があったものだと思った!
最終の手前まで揉める。
対日強硬派と言われるアイオワ選出のグラスリー!賛成する。
ここで34票取る!
34票VS66票!1票差だ!

この後に松永大使のタフさが記述されている。
このアイオワのグラスリー議員!
松永大使自ら便宜を図る。
日本に進出しようとする靴屋の面倒まで見ていたようだ。靴屋が議員と親しいのを知っている。
ワシントンの外交団。松永大使のタフさを認める。イスラエルと対等に議会工作できるのは松永だけだと!
採決の1年前に、アイオワの選挙民対策のシンポジュウムに事務官を出席させる。おんぼろ飛行機に乗って。
議員が飛行機まで見送りに来て、「助力がいる時は遠慮なく言ってくれ!」
この状況を読んだわけではないが、あらゆるところに布石を打っている。
中国大使とえらい違いを感じる!

アメリカで最も聡明な知識人、ハロルド・ブラウン博士。
日本が将来軍事大国への道を選択するシナリオは一つしかない!
通商摩擦と言う。第2次世界大戦前と同じなのか?
アメリカが保護貿易に走る。そうなれば日本は自立を目指す。
核武装に走る!石原慎太郎がいる!
そうならないように、兵器の共同開発を進め日本が勝手に造らないようにする。
安全保障の傘をかざし続けることが重要と言う。どんなに苦しくとも・・・・・・
日本には空母機動部隊や戦略爆撃機を持たせてはいけない。

がアメリカは傭兵となってはいけない!
妥協の産物の、日米FSX共同開発!
世にたけた二人の老人政治家が、足して2で割った妥協策として考え出されたものと言う!

メチャメチャ面白い?と言えば問題だと思うが、裏事情も分かり辛くなった! 
最後は湾岸戦争の話になっている。
これは外交敗戦を読もう!

12

たそがれゆく日米同盟―ニッポンFSXを撃て③紛糾の議会・手嶋龍一

12

« 本・たそがれゆく日米同盟―ニッポンFSXを撃て②孤独な反乱・手嶋 龍一 | トップページ | 本・外交敗戦―130億ドルは砂に消えた①侵攻・手嶋 龍一 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 本・たそがれゆく日米同盟―ニッポンFSXを撃て②孤独な反乱・手嶋 龍一 | トップページ | 本・外交敗戦―130億ドルは砂に消えた①侵攻・手嶋 龍一 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ