« チェコ二日目⑫ バスの中での出来事について! | トップページ | チェコ二日目② ホテルの窓から »

2013年10月16日 (水)

チェコ二日目① 国旗の意味

20131015_291

中世に栄えたボヘミヤ王国の紋章、赤と銀(白)の2色を意識している。チェコスロバキア建国当時は上が白の下が赤のポーランドの国旗と一緒だったので、1920年にスロバキア、モラビアを象徴する色として青が加えられた。
協議離婚後もチェコは使い続けている。
白・赤・青の3色は、スラブ民族主義を象徴する色と言う。

白:清潔
赤:自由の為に流された血
青:空

ちなみにスロバキアもこの3色を使っている。
ロシアもそうなんだろう!
スラブ系と言う事を鮮明にしているのかと思ってしまう!

« チェコ二日目⑫ バスの中での出来事について! | トップページ | チェコ二日目② ホテルの窓から »

旅行・地域」カテゴリの記事

チェコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チェコ二日目① 国旗の意味:

« チェコ二日目⑫ バスの中での出来事について! | トップページ | チェコ二日目② ホテルの窓から »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ