« 2014年ルミナリエ開幕  (ケバフサンド) | トップページ | 戦うハプスブルク家・菊池良生 »

2013年12月 7日 (土)

プーシキン美術館 フランス絵画300年 神戸市立博物館

神戸市立博物館で開催されている、「プーシキン美術館 フランス絵画300年」は、12月8日まである。のに4日に観に行った。

20131206_musee

ロシアの貴族が買い占めた絵画なのか。
知っている名前が一杯ある。
ゴッホ、マネ、モネ・・・・・・
貴族が絵画を買う。金は持っている。
そして、無名の画家に援助もしているようだ。

それにしても沢山の人がいた。
年配にお人が多かった。
締め切り前の賑わいなのか?

20131207_pating1_2

マムルークがあった。
エジプトの王朝、奴隷が王になる。
その地位を守るために無理をしている。
もっともモンゴルの侵攻を阻止した。
イスラム最強の騎兵を持っていたと思う。
この美術館には、奥さんは実際に行ってみたいと思っているが、どうなのかな?


20131207_pating2

シャガールのノクターン

« 2014年ルミナリエ開幕  (ケバフサンド) | トップページ | 戦うハプスブルク家・菊池良生 »

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プーシキン美術館 フランス絵画300年 神戸市立博物館:

« 2014年ルミナリエ開幕  (ケバフサンド) | トップページ | 戦うハプスブルク家・菊池良生 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ