« 本・戦後日本が失ったもの 風景②(日本の風景)・人間・国家・東郷 和彦 | トップページ | 映画・47RONIN »

2013年12月21日 (土)

本・戦後日本が失ったもの 風景③(日本の国家ビジョン)・人間・国家・東郷 和彦

ナショナリズムがある。民主党政権下で記述されている本である。
基本的に現状の認識を変える事はない。
戦前は全て悪かったのか?これに対する、右翼・保守の反論がある。
村山談話をはじめとして、謝罪路線が主流になっている。
極東裁判の被告たちは、主張した。
「太平洋戦争は侵略戦争ではない。先発帝国主義たる米英と、後発帝国主義たる日本の利害が対立し、外交による調整が失敗した結果、日本は戦わざるを得ないと断じて立ち上がった」
非常に分かり易い!著者の家族とっては、祖父東郷外務大臣を守る戦いだったと言う。

が野党として辛酸をなめた自民党が、
政権を取りかえしたとき、「絶対的自己正当化」
の主張が出てきたらどうする。
現実に自民党は政権を取りかえした。安倍総理の再登場である。
かなりと言うか、相当中韓の反発?を招いている。
日本は反省していないとなる!
著者はこうなる事を見越していたのか?

派遣について述べている。
かけがいのないその人でなければと言う仕事が無くなってきている。
そう言う中で、「新世紀エヴァンゲリオン最終回ラストシーン」を薦めている。
哲学そのものではないかと!あまりよく理解は出来ない!『頭が悪いので・・・・・』

教育の問題がある。海外で日本人留学生を見かけなくなったと言う。
圧倒的に多いのが中国人。学生生活で人脈を築くとある。それが出来なくなっている。
そう言うエネルギーがなくなってきているのか?
歴史の授業の話がある。日本史は最後まで時間がないので教えない。教えられない。
だから近現在史はほとんど教えられてきていない。
中韓は反日の事もあり徹底的に教育する。
が、日本はそこまでしない。議論で負けると言う!
著者は今からでも、現在から逆に教えることを提案している。
逆・日本史、樋口清之がある。
そう言うところからかと思うが、徳川時代の藩政改革。幕末の政治情勢。日清日露戦争。大正時代。昭和のと教えたほうが良いのかもしれない。
もっと興味を持つ教科書が必要だと思うが・・・・・

グローバリゼーション。
経済的にも、軍事的にも、政治的にも、文化的にも力のあるものが、グローバルスタンダードと言うルールを作る。
その下で勝残らなければならない!
当然携帯電話の話も出て来る。
著者も私と同じで、携帯に機能は求めていない。
話が出来て、留守番電話があり、メールが出来ればよいと思っている。
日本の携帯電話は異常進化していると言われる。
良いのに何故売れないのか?客が求めていない。
世界は要求していない。
一億の人口があるので、市場が形成されている。
他社との差をつけるために、しなくてもいい事をしている感じ!
要は世界標準になっていない!
燃料電池自動車。これは今世界標準を争っている。勝たなければならない!

15年まえの話がある。疑わしきは入国させない。
フィリッピン人で、友人に会うために一時入国しようとした。
が入管の検査で引っかかった。不法入国ではないか?虚偽の申請をしているのではないか?
小役人と言うのだろう・・・・・
自分は正義を行ったと思っている。
著者は信用問題になると思い、本省に公電を打った。適切に処理されていると!
言語の問題もあり、日本が難しいと思われている。
「日本に来てよかった。日本に行きたい。日本で仕事をしてみたい。日本に住んでみたい。」
外国人がそう思える国を造り上げる。

一次産業が日本にとってかけがえのない産業であり、
自然と触れ合うかけがいのない価値を持つと言う自覚が必要だと!
難しい話であるが、著者も考え続けるようだ! 

最後にブータンが記述されている。
両親がブータンに赴任している。惚れ込んでいる。
明治時代の日本と言う・・・・・・・
国民総幸福、GNH!何年か前に国王夫妻が来日していた。話題になっていた。
著者の両親はブータンに分骨しているそうだ。
辛抱治郎は、ブータンの事は良く記述していなかったが・・・・・・
と言うより表と裏があると言っていたが・・・・
日本人を問う一冊である!

12

戦後日本が失ったもの 風景③(日本の国家ビジョン)・人間・国家・東郷和彦

12


« 本・戦後日本が失ったもの 風景②(日本の風景)・人間・国家・東郷 和彦 | トップページ | 映画・47RONIN »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

昔話」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 本・戦後日本が失ったもの 風景②(日本の風景)・人間・国家・東郷 和彦 | トップページ | 映画・47RONIN »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ