« 本・古城の風景〈1〉菅沼の城・奥平の城・松平の城・宮城谷 昌光 | トップページ | 本・インテリジェンス 武器なき戦争・手嶋 龍一・佐藤 優 »

2013年12月26日 (木)

本・名将と名臣の条件・中村 彰彦

人物の器量は、運命の分岐点で明らかになる。真田幸村、保科正之、山本八重、東郷平八郎…。
戦国武将から日露戦争の名将まで、浩瀚な史料の読解と一方に偏しない公正な史観が掘り起こした、選りすぐりの傑物たち。その人物の魅力を堪能させる歴史エッセイ。

20131226_book2

いつもながら沢山のエッセイがある。
著者ほどになれば色々はところからの依頼が多いのだろう!
どうしても同じ題材の事も書くのだろう。
保科正之、会津関連は多い。
直江兼続も多い。
著者のまとめ方の特徴なのか?
戦国時代から明治と順番に整理されている。

直江兼続、真田幸村から始まり、関ヶ原の島津・小早川・宇喜多が描かれる。
そして著者お得意の保科正之がある。
会津、日清日露戦争がある。
知っている話も多いが、やはり面白い!

高遠城がある。
一度信州の小さな城跡に行ってみたいと思っていた。
飯田、飯山、海津・・・・・・・
著者の本を読んでいて是非に高遠城へは行きたくなった。
今度行ってみよう!
仁科五郎信盛!武田勝頼の弟で織田に抵抗して玉砕した。
武田の意地を見せたと言う。
申し訳ないが、一日で落城している。
退勢状態だったとはいえ、もう少し頑張ばれなかったのか?
条件は違うと思うが、もっと籠城している城は多いと思うが・・・・・
筑前岩屋城なんかもある。島津の猛攻に耐え玉砕した。半月は頑張った。
城の縄張りは中世の状態を踏襲していて、

主要な城門は枡形虎口形式の櫓門であり、長大な長塀に囲まれた近世城郭であったと言う。
援軍を期待できた筑前岩屋城、勝頼の援軍を期待できない信盛!
配下の兵も分かるのだろう・・・・・・・
次は保科正直の父正俊の籠城。相手は上杉景勝。
守り抜く!やはり援軍が期待出来たからなのか?
正之が養子として行った先である。

そして保科正之のエピソードが記述される。
浪人対策!由井正雪、別木庄左衛門の襲撃案が出て来る。
「映画 柳生一族の陰謀」では、夏木勲が徳川忠長の家臣として登場する!
女は怖い!正之ほどの人物でも、実の娘を殺す、継室を持つ。
第一次世界大戦のドイツの捕虜の扱い。
捕虜収容所の所長は、旧会津藩士の長男!
賊軍としてえらい目にあったことが、こういう対応になったと言う。
会津藩の名奉行の話。
維新後、松平容保の罪を問わない代わりに、そそのかしたものの処分を要求される。
長州藩が都落ちした時、3人の家老が切腹した。
それに合わせたように3人の責任者を出す。
二番家老、二番家老は会津の戦いの時に切腹している。一番家老は蝦夷に行って戦っている。
切腹している家老も数に入れてくれたようだ。
そして四番家老が切腹する。菅野権兵衛。
断罪ではなく、切腹の形をとらせることにより武士の名誉を守った。
こうしたのが保科家であるのは良い話と思うが・・・・・
会津藩関係の話はもっと普及されてもよいのではないかと思うが!
著者の思い入れが伝わってくる。

12

名将と名臣の条件・中村彰彦

12

« 本・古城の風景〈1〉菅沼の城・奥平の城・松平の城・宮城谷 昌光 | トップページ | 本・インテリジェンス 武器なき戦争・手嶋 龍一・佐藤 優 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・名将と名臣の条件・中村 彰彦:

« 本・古城の風景〈1〉菅沼の城・奥平の城・松平の城・宮城谷 昌光 | トップページ | 本・インテリジェンス 武器なき戦争・手嶋 龍一・佐藤 優 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ