« 人は誰もがリーダーである・平尾誠二 | トップページ | ナルト・三代目火影暗殺 内輪もめなのか?   »

2014年2月26日 (水)

ワールドカップは誰のものか―FIFAの戦略と政略・後藤 健生

全世界の注目を集めるサッカーの祭典・ワールドカップ。しかし、華やかなピッチの舞台裏では、さまざまな利権がうごめき、あまたの軋轢が生じてきた。独裁者の介入、国家の政治的思惑、FIFAの権力闘争…。その歴史を紐解きながら、ワールドカップのあるべき姿を考える。 

20140226_book1

生々しい話が多い。生臭い話と言うべきか?
FIFAの会長は選挙で選ばれる。
サッカーと言うのは、ヨーロッパと南米が盛んである。
選挙は票読みがある。
たいがいヨーロッパと南米は対立する。
お互い有利な会長に票を入れる。
ワールドカップはヨーロッパと南米で開催されていた。
が、メキシコ・アメリカ・日韓と両大陸以外で開催されて、南アフリカでアフリカ初開催になった。
ドイツワールドカップも南アフリカとドイツは1票差で決まった。
ニュージーランドの危険がなければ、南アフリカで開催されていたのかもしれない。
これも裏がありそう・・・・・
「大陸持ち回り開催」
アメリカ・フランス・日韓・ドイツ・・・・
次はアフリカで、その次はブラジル。
これもどうかなと思うが・・・・・
アフリカではモロッコと南アフリカが立候補したが、モロッコは負けた!
裏があるようだ!
会長選挙の票読みに、各国の思惑が絡む。
これが開催地に影響する。
日韓ワールドカップ。
これも韓国が、会長に反対する意見を取り込んだ。
ヨーロッパの票を取り込んだと言う。
韓国はダメもとで上手くやったと言う。
が、ベスト4まで行ったが、審判の問題、ミスジャッジがあったが・・・・・
他の大会でも政治的な誤審は言われているが、韓国の場合は単なるミスだろう。
別に政治的意図はなかったと思う!

著者は日韓ワールドカップは正解だったと言う。
日韓友好に役立ったと言う!
確かにそう言うところはあったが、現在の日韓関係の悪さを見ればなんだったんだと言いたいが・・・・・
発展型の開催!アメリカ・日韓がそうだったと言う。
この開催により国内のサッカーの発展になる。
日韓はそう言う意味では大成功だったと言う!

南アフリカ大会は無事終了した。
南アフリカの歴史も記述されている。
歴史のIFもあり面白かった。終わってから読むのも面白い。
南アフリカ開催が危うくなった時に、ドイツ・日本の代替開催の打診があったそうだ。
それほど危うかったと言う事なのか?
ブラジルも南米で開催されると言う事で、単独になり計画がずさんだったと言う!
大陸持ち回りは無理になったようだ。
どう考えても無理だろう・・・・・・

ムッソリーニがワールドカップを、ヒトラーがオリンピックを政治的に利用した。
ロシア・ドーハも開催されて、政治的に利用されるのか?
これからはどうなるのだろうかと思う・・・・・・   

« 人は誰もがリーダーである・平尾誠二 | トップページ | ナルト・三代目火影暗殺 内輪もめなのか?   »

スポーツ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップは誰のものか―FIFAの戦略と政略・後藤 健生:

« 人は誰もがリーダーである・平尾誠二 | トップページ | ナルト・三代目火影暗殺 内輪もめなのか?   »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ