« ナルト・カカシ暗部編。楽しみだ!サアいつカカシはヤマトを殴るのか!!!! | トップページ | 広峯神社のお守り  神社も官兵衛にかけている。 『姫路は俺が守る!』 »

2014年2月20日 (木)

小国の運命!大国の間の小国の生きる知恵は?織田か?毛利か?

黒田家が仕える小寺家は織田につくのか?毛利を頼るのか?
毛利は律儀と言う!
毛利輝元、吉川元春、小早川隆景が登場する。
そして怪僧、安国寺恵瓊が官兵衛を訊ねて来る。ここはフィクションだ!
毛利の外交僧である。
織田信長の転落(本能寺の変)を予言して、藤吉郎を評価した。
司馬遼太郎の著書では誉め過ぎの感がある!
「もはや神だ!」
わざわざ官兵衛を訊ねて来るのには理由がある。
とりあえず探りを入れに来ている。
播州はほとんど毛利方と言う。
三木城の別所氏は織田方と言うが、内情は割れている。
地方の豪族は近くの大国の方が強く、助けてくれると思う。
ともあれ地方なので血縁関係が複雑である。
光の姉は上月氏に嫁いでいる。毛利方である。
義理の兄とは、ドラマでは官兵衛と仲が悪いようだ。
先の話で、別所氏が織田から離反した時、追随したと言う!

司馬遼太郎が、「播磨灘物語」で記述していたが、日本では純粋に軍事力だけで勝敗が決まらない!
血縁関係があり、敵味方内通している。
まして播州の様に、小領主が一杯いるとこは敵味方に同族がいる。
胡散臭いのは事実と思う。

安国寺恵瓊はその間隙をついてくる。
もっとも官兵衛も同じことをやっている。
後ろ盾にどれだけの信用度があるか?
織田は悪評が多い!
毛利は誠実と言う!どこが?

荒木村重の反乱時、毛利は援軍を出すと言ったが出していない。出せなかったともいうが・・・・・
荒木一族の皆殺しに、何もできなかった!
これが律義と言うのか?

小寺家の評定がある。
どちらにつくか?
小寺政職役の片岡鶴太郎がなりきっている。役者だ!
優柔不断!奥さんが言う!同じことを言っている。
「ここが思案のしどころだ」??????
老臣たちは毛利につきたい。官兵衛に対する反感もある。
官兵衛の弁舌で織田側につくことになった。
その使者に官兵衛自ら行く。
荒木村重を頼って行く!
村重は将来反乱するが、今は織田信長を褒めている。

後藤又兵衛の子供の頃が出て来る。
将来長政と反目し、黒田家を出奔するが今は仲が良い!

20140220_kanbei1 
第7話 「決断のとき」 より

出奔は官兵衛が亡くなってからだが・・・・・
最後の案内は毛利の出身地、安芸吉田城だ!
この辺りは遠いので、まとめていきたい!
今はいけない・・・・・
穴子が楽しみだ・・・・・

« ナルト・カカシ暗部編。楽しみだ!サアいつカカシはヤマトを殴るのか!!!! | トップページ | 広峯神社のお守り  神社も官兵衛にかけている。 『姫路は俺が守る!』 »

 黒田官兵衛 大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小国の運命!大国の間の小国の生きる知恵は?織田か?毛利か?:

« ナルト・カカシ暗部編。楽しみだ!サアいつカカシはヤマトを殴るのか!!!! | トップページ | 広峯神社のお守り  神社も官兵衛にかけている。 『姫路は俺が守る!』 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ