« 軍師 官兵衛 第8回 織田信長と対面。播州攻略へ | トップページ | 人は誰もがリーダーである・平尾誠二 »

2014年2月25日 (火)

野茂英雄―日米の野球をどう変えたか・ロバート ホワイティング

「みなさん、信られますか!日本人投手が、今、アメリカのオールスター戦に先発しているんですよ!信じられますか!」95年のMLBオールスター戦の実況アナウンサーは、立ち上がって興奮気味に叫んだ。この年、野球史が変わった。日本人プロ選手が史上初めて、自らの意志でメジャーリーガーとなったのだ。野茂英雄―彼が日米の野球に与えた影響は計りしれない。パイオニアとして黙々と投げ続けた男の物語を、彼のスタイルにマッチした翻訳の文体で味わう決定版。

20140225_book1

著者の本は面白い。ほとんど読んでいる。
日米野球の比較。
野茂秀雄の大リーグ挑戦。そのいきさつ。
日米のピッチャーの調整方法!投げて肩を造る。
が大リーグはそうではない。肩も消耗品扱いである。
入団時は仰木監督。野茂の意向を尊重してフォームは触らない!
のちのイチローと同じで、本人が納得しているフォームはそのままにしている。
二人とも仰木監督以外であればどうなっていたのか?

近鉄監督の鈴木啓ニ!超大物ピッチャー!
自分に自信がある。それだけの実績はある。鈴木監督との対立。
そに時期にダン野村と出会う!そして大リーグ挑戦に抜け道を探す。
任意引退のなり、復帰する。日本なら元の球団、近鉄だが大リーグなら当てはまらない!
そうしてアメリカに行くが、日本ではメチャメチャ言われる!
「裏切り者」
アメリカもようやくドジャースに入団できる。
それからの活躍は素晴らしい!
それより不死鳥のように復活すのが凄い!もう終りと言われても復活する!
その球団を渡り歩き、復活していくのは読んでいて楽しい。
野茂は救世主だと言われる。
大リーグもスト問題で大変な時期にデビューした。
日本人も観戦に来る。日系人も球団に足を運ぶ!
マイクピアザのように、野茂とバッテイリーを組んだおかげで日本のコマーシャル収入で潤う選手もいる。
凄い経済効果ではないか?

面白い話があった。
野茂はノーヒットノーランを2度やっている。
何処でもそうなんだろうが、その話題に触れない。
チームメイトもそっとしておく。アナウンサーも同じだ。
がこの時はアナウンサーが喋りまくったようだ!
達成できたからよかったものの・・・・・・

先駆者となり後に多くの選手が大リーグに挑戦した。
佐々木、伊良部、長谷川、吉井、井川、川上、・・・・・・
この本の時点では、黒田、上原は今一だったようだ!
これは現時点では書き直して貰わなければならないが・・・・
打者も井口がいる。これは成功している。
が福留はどうなのか?
松井、イチローは成功者である!
リトル松井、松坂の話になる。
リトル松井は期待され過ぎである・・・・・・・
松坂はそこそこの成績はあるが、期待されたほどではない。
四球が多くフルカウントまで行く、守っていてイライラさせたようだ!
そう言う話が沢山ある。
野茂は先駆者である!
但し、ダン野村とは別れたようだ・・・・・

« 軍師 官兵衛 第8回 織田信長と対面。播州攻略へ | トップページ | 人は誰もがリーダーである・平尾誠二 »

スポーツ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 軍師 官兵衛 第8回 織田信長と対面。播州攻略へ | トップページ | 人は誰もがリーダーである・平尾誠二 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ