« 播磨 野口城跡 | トップページ | 摂津 尼崎城 荒木村重の支城 »

2014年3月31日 (月)

軍師官兵衛(第13回) 秀吉の播磨侵攻!舞い上がる官兵衛!

有名な場面が出てきた。
秀吉からの官兵衛への手紙を半兵衛が焼く!
こんな物があれば子孫が増長する。無い方が良いと!
変な書付があり、それに頼って命令に従わなければ取り潰される。
正解だったんだろう・・・・・・・・
が官兵衛は舞い上がっている。水をさされて冷静になる。
知者は知者を知ると言う事なんだろう・・・・・・

ドラマは急速に進む。
官兵衛は、播磨の土豪を織田方にまとめ上げる。
が良く思わないものもいる。
後にほとんど毛利に寝返られる。
これはどうなのか?
毛利の調略が優れていたのか?
織田の信義のなさなのか?
それとも織田がそう仕向けたのか?
秀吉と官兵衛に徳が無いのか?
今は親織田でまとまっているが・・・・・
信長が、播磨の小豪族の存在を認めたくなかったのか?

20140331_kanbei_drama1
半兵衛と官兵衛の父

荒木村重の苦悩がある。
中川清秀が本願寺に米を入れているのがいると!
村重は焦る。信長を知っているだけに不安を持たれたくない。
もっとも清秀の部下がコメを入れたとの話もある。

巧みに村重を煽っている感じ・・・・・・
役者なのか?村重の元気のなさが伝わってくる。

次回は上月城攻めになる。
尼子家再興にかける、山中鹿之助が出てくるはずだ。
上月城には光の姉が嫁いでいる。
複雑になる。

司馬遼太郎が記述していたが、日本の場合純粋に兵の交戦だけで勝負が決まらない。
姻戚関係が複雑で、どちらが勝ってもいいように敵味方に分かれる場合も多い。
そうなれば敵味方が裏でつながっている場合もある。
特に播州はそうなんだろう。
別所長治の叔父は秀吉につく。

堺屋太一記述していたが、日本でないものが3つある。
本格的なろう城!
長期にわたるゲリラ戦!
計画的なジェノサイド!
これの例外があり、一人の人物が絡んでいる。
当然織田信長である!

三木城攻防戦は本格的なろう城になる。
支城も多く、播磨一円が敵になったようだ!
どう言う展開になるのか、楽しみである!

20140331_kanbei_drama2
秀吉と小寺

« 播磨 野口城跡 | トップページ | 摂津 尼崎城 荒木村重の支城 »

 黒田官兵衛 大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛(第13回) 秀吉の播磨侵攻!舞い上がる官兵衛!:

« 播磨 野口城跡 | トップページ | 摂津 尼崎城 荒木村重の支城 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ