« 播州 神吉城 | トップページ | 映画、リディック:ギャラクシー・バトル »

2014年3月25日 (火)

第12回、松寿丸が人質になる

松永弾正の反乱が描かれ、爆死する。
反乱の経緯はどうかわからない?
見込みが外れたのか?
反乱して弾正の子供二人が切られる。
いろんな作品を読めば、息子たちも諦めていたとある。
なんせ弾正である!
信長は非道だったのか?
裏切れば殺されるのは当たり前の時代である。
だから人質を取り戻す苦労がある。
それもせずに反乱した弾正もどうかなと思うが・・・・・

司馬遼太郎は弾正の事を悪くは記述していないと思う。
藤堂高虎に比べればやさしい。
そんなに悪党でもないのではないかと思うが?

信長に人質を出さなければならない。
別所、赤松はすでに出しているが、小寺は出していない。
官兵衛が責められる。
そうして一人息子松寿丸を人質に出す決心をする。
光と言い合いになる。
光は小寺政職が信用できない。
毛利に走るかもしれない。
そうすれば松寿丸が殺される。

20140325_nhk1

官兵衛は決心して安土に連れて行く。
がここで織田信忠に責められる。
『何故小寺は人質を出さないのか?家老の息子で済ますのか?』
秀吉に預けられる。
おねがいる。
そうして秀吉が育てている子供たちがいる。
加藤清正、福島正則・・・・・・
多分おねが大切に育てただろう・・・・・・

弾正が死に、秀吉が播州に兵を進める!
弾正役がミッキーカーチス?
あまり合っていなかったと思うが・・・・・
次回から播州で、毛利と織田の戦いがある。
宇喜多直家、安国寺恵瓊が裏で動くのか?
楽しみになる!

20140325_nhk2

« 播州 神吉城 | トップページ | 映画、リディック:ギャラクシー・バトル »

 黒田官兵衛 大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第12回、松寿丸が人質になる:

« 播州 神吉城 | トップページ | 映画、リディック:ギャラクシー・バトル »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ