« 軍師官兵衛(第13回) 秀吉の播磨侵攻!舞い上がる官兵衛! | トップページ | 本・阪神タイガース暗黒時代再び・野村克也 »

2014年3月31日 (月)

摂津 尼崎城 荒木村重の支城

阪神尼崎駅の南側に城跡がある。
尼崎城である。

20140331_ama5

石垣と城らしい白い壁がある。
新しく造ったんだと思う。
阪神尼崎駅で乗り換える時に駅からいつも見ていた。
いずれ荒木村重の反乱時に登場するはずだ!

20140331_ama2


20140331_ama3

尼崎の立花に住んでいた。高校生の時までだが。
小学生の時、習字を習っていた。
今でも字には自信がある?????????????
お袋に言わせれば、小学生の字だと!

その時習いに行ったのが、「七松会館」。
荒木村重の人質等が切られたのが、「七松」だそうだ。
そんなところとは思わなかった。
知らない人はどう読むのか?
「ななつまつ」と素直に読めるだろうか?

20140331_ama4

城址公園になっている。
そんなに徘徊しなかったので分からないが、案内板は見えなかった。
当然、官兵衛の幟なんかない。
そもそもここが反乱時に、城があったところかも分からない!
大物城がある。戦国時代の初期、管領細川の内紛の舞台とある。
ここら辺がややこしい!
素直にここが尼崎城と思おう!
戸田氏鉄によって築城された4重の天守を誇る近代城郭があったとあるので・・・・・

20140331_ama1_2

話が変わるが、阪神タイガースにマジック144が点灯した!
毎年やっているのが尼崎の商店街のようだ!
『暇なんか!』

20140331_ama6
クリックで拡大します

20140331_ama7_2
クリックで拡大します




« 軍師官兵衛(第13回) 秀吉の播磨侵攻!舞い上がる官兵衛! | トップページ | 本・阪神タイガース暗黒時代再び・野村克也 »

 黒田官兵衛 紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 摂津 尼崎城 荒木村重の支城:

« 軍師官兵衛(第13回) 秀吉の播磨侵攻!舞い上がる官兵衛! | トップページ | 本・阪神タイガース暗黒時代再び・野村克也 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ