« 播州 別府城 (べふじょう) | トップページ | 播州 加古川城 »

2014年3月24日 (月)

播州 高砂城

山陽電車、高砂駅から南へ歩けば30分弱ぐらいか?
高砂神社のなかにある。
珍しい名前がある。
鎌倉時代になる。梶原景時が播磨国の守護として命じられる。

20140324_takasago1

20140324_takasago4
クリックで拡大します

秀吉の三木攻めの時に出てくる。別所長治の有力武将であった高砂城主、梶原平三郎衛景行は、『三木の干殺し』に対して、最後まで兵糧の供給基地として播磨灘の海上を押さえていた。
秀吉はこの高砂からの兵糧の道を絶とうと高砂城攻めを開始。そして落城・・・・・・
ここまでは官兵衛の時代であるが、案内にもそれは記述されていない。

20140324_takasago3

それよりも関ヶ原の後の姫路城主、池田輝政が支城として高砂城を築くが、1615年廃城とある。
石碑のところの像は勘違いする。池田輝政ではない。
池田輝政なら鎧兜の姿と思う!
今は遺構も残っていないのか?
幟も立っていない。
高砂は官兵衛にかけていなのか?
駐車場はある。

20140324_takasago2

« 播州 別府城 (べふじょう) | トップページ | 播州 加古川城 »

 黒田官兵衛 紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 播州 高砂城:

« 播州 別府城 (べふじょう) | トップページ | 播州 加古川城 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ