« 本・歴史ドラマと時代考証・小和田哲男 | トップページ | 播州 高砂城 »

2014年3月24日 (月)

播州 別府城 (べふじょう)

20年ほど別府に住んでいた。
山陽電車に別府駅がある。
家を変わってからであるが、駅前にスターバックスが出来ている。
奥さんは悔しがっている。
スターバックスのファンであるから・・・・・

別府城は、駅の南側にあるらしい。
全面的に破壊されているので何も残っていない。

天正6年(1578年)3月、別所長治が、周辺豪族を引き込んで反旗を翻し、これに毛利氏が呼応する。4月、海から宇喜多直家軍7,000と雑賀衆の兵が、別府(べふ)の阿閉城に攻め込んできた際には孝高が救援し1,000の兵で防ぎ退けたとある。

よく分からい見たい。
観光案内は何もない。
幟もない。
神社があり、この辺りと言う事である。
調べている人も、何度か来ているが分からないとある。
加古川市も播磨町も熱心でないのか?
山陽電車、別府駅から10分ほどのところである。

三木城の支城であり、別所重棟の居城で阿閉城とも言うようだ。

20140323_befu1

20140323_befu2

20140323_befu3


« 本・歴史ドラマと時代考証・小和田哲男 | トップページ | 播州 高砂城 »

 黒田官兵衛 紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 播州 別府城 (べふじょう):

« 本・歴史ドラマと時代考証・小和田哲男 | トップページ | 播州 高砂城 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ