« 戦国の武将たち ひょうご合戦記・黒部亨 『官兵衛登場』 | トップページ | 新史太閤記・司馬遼太郎 『官兵衛とのやり取りが面白い』 »

2014年4月17日 (木)

軍師 黒田官兵衛・野中信二

「毛利に付くか、織田に付くか」播磨小寺家の家老で知力、胆力、眼力を併せ持った官兵衛は、信長の力を見抜き、すぐさま岐阜に向かい、小寺家の帰属を申し出る。その後、対毛利攻め司令官となった秀吉と誠意の人・竹中半兵衛との運命の邂逅を果たす。
風雲急を告げる天正年間。激動する西国戦線と参戦した諸武将の戦いの軌跡を交えて戦国を代表する名軍師・黒田官兵衛の不屈の生き様を描く傑作長編小説。

20140417_book1

著者は姫路の生まれで、姫路城を見て育ったそうだ。
真面目な小説である。
最近伝奇的な官兵衛の小説を読み過ぎと思う・・・・・・・
有岡城に幽閉されて、救出されたところで終わる。
播州を舞台にしたとこで終わっている。
本能寺の変の前で終わる。

一つ疑問点がある。
目薬の事である。
目薬を売ったのかどうかは色々説があるようだが、この目薬はどうやって売ったのか?
現在の目薬の容器なんて戦国時代にない。
液体で売ったのではなさそうと思うが・・・・・・
そうなれば粉で売ったのか?
それを水で溶いて眼に注す?
どうやって注すのか?
工夫が要りそう!
チョッと教えて欲しい・・・・・・・

物語は真面目に進む。
上月城攻防戦。
ドラマは家臣が主君の首を差し出した。
この本は潔く切腹したと言う。
どうなんでしょうかね?
著者は姫路出身なので、悪くは書きたくない?????

有馬の湯治は秀吉が有名にした。
官兵衛が湯治に行ったときは、鄙びた露店風呂があった程度と言う。
ここで体力を回復した。
救出されて信澄の前に連れて行かれる。
ぼろぼろの姿を見て、兵達は感動する。
これが官兵衛の信用に繋がる!

高い代償であったが、自信を持ち過ぎた事による暴走を抑える術を知った。
荒木村重の反乱により殺された村重の一門。
官兵衛も中津で城井城、宇都宮鎮房を謀殺している。
戦国時代なんだろう。
この本にはキリスト教の事は出て来ない。
その方が良い。

有岡城で好意を示した牢番の事もない。
反乱を起こすのには協力者を当てにする。
荒木村重の配下、高山右近・中川清秀は見事に寝返った。
高槻と茨木が味方と敵では全然違う!
明智光秀。
筒井順慶、細川幽斉・忠興親子は光秀につかなかった。
荒木村重も何処までの勝算があり反乱したのか?
毛利と言うのも当てにできない。
当てにできるは幕末まで待たなければならない!
真面目は官兵衛の本です。

« 戦国の武将たち ひょうご合戦記・黒部亨 『官兵衛登場』 | トップページ | 新史太閤記・司馬遼太郎 『官兵衛とのやり取りが面白い』 »

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 黒田官兵衛 本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軍師 黒田官兵衛・野中信二:

« 戦国の武将たち ひょうご合戦記・黒部亨 『官兵衛登場』 | トップページ | 新史太閤記・司馬遼太郎 『官兵衛とのやり取りが面白い』 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ