« 本・読売巨人軍黄金時代再び・野村克也 | トップページ | 播磨 上月城 官兵衛の奮戦! その② »

2014年4月 5日 (土)

播磨 上月城 官兵衛の奮戦!  その①

次回の「軍師 官兵衛」はいよいよ上月城攻防戦になる。
播磨一円を織田方にまとめた官兵衛。
いよいよ織田の、と言うより秀吉の備前侵攻が始まる。
上月城は播磨・美作・備前はの三国の国境に位置する堅牢な山城である。
毛利勢力圏の東方における事実上の最前線だった。
しかし1577年(天正5年)、秀吉の攻撃を受け陥落。
まずは秀吉が取る。
上月城には官兵衛の妻、光の姉が嫁いでいる。


20140404_1_1

ここは佐用町の幟がわりとあった。
地域によって幟のデザインが違う。ちょっと面白かった!
道路にも上月城跡も案内がある。
麓に資料館があるが土日しか開いていない。
この時期、放送される時期だけでも開けて欲しいと思うが・・・・・
駐車場は資料館にあるようだ。勝手に止めた。
金曜日なので観光客もいない。

20140404_1_6

20140404_1_5

 クリックで拡大します

案内板は分かり易い。
マスコットのキャラクターの絵は、『しかのすけ君』
尼子勝久と山中鹿之助が城に入る。
後に落城すが、山中鹿之助が悲運の武将になる。
そう言う意味で、「しかのすけ君」なのか?

20140404_1_7
クリックで拡大します

20140404_1_3


えらい山城である。
登山口はから380mの表示がある。
ここまで来たのだ。悔いを残さないようにしたい。
登り口に、杖が置いてある。沢山あった。
こう言う気遣いは嬉しい。佐用町に感謝です。

20140404_2_1

落ち葉が落ちていて歩きにくい。
若くは無いので、すべったらどうしようか心配になる。
奥さんも心配してくれている。
悪戦苦闘!休み休み何とか登った。

20140404_2_2


20140404_2_4


20140404_2_5

« 本・読売巨人軍黄金時代再び・野村克也 | トップページ | 播磨 上月城 官兵衛の奮戦! その② »

 黒田官兵衛 紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 播磨 上月城 官兵衛の奮戦!  その①:

« 本・読売巨人軍黄金時代再び・野村克也 | トップページ | 播磨 上月城 官兵衛の奮戦! その② »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ