« 300,000回の訪問者に感謝して! | トップページ | 軍師 官兵衛 15回 加古川評定『播磨は自己中なのか?』 »

2014年4月13日 (日)

播磨・御着城跡 『姫路は官兵衛にかけている!』

御着城跡を今日訪れた。
官兵衛とばれば絶対に出て来る城である。
何度か来ているが(前回の記事)、こんな賑わいは 『軍師 官兵衛』のおかげだろう。
隣に駐車場がある。バス観光のコースにもなっている。
幟がはためいている。
役所の出張所を城風に建てている。

20140413_gochaku3

『二兵衛有志会』の幟がある。
「竹中半兵衛、黒田官兵衛」
官兵衛にかけているのか?????

20140413_gochaku7_2

仮設のハウスがあり、ビデオで案内がある。
そして年輩の案内係りが説明してくれる。

20140413_gochaku1

ビックリするほどたくさんの案内の人がいた。
ビデオを見終わると説明してくれる。
後で聞いたが、ボランティアで来ている。
2km離れたところに住んでいるそうだ。
黄色いユニフォームは貰える。手弁当みたいだ!
この時期に駆り出されているみたい。
やり始めて5日目と言う。
丁寧に案内してくれた。

20140413_gochaku5
クリックで拡大します

ここにも目薬の木があった。
ここでは目薬の説明してくれた。
目薬は、木の表面を切り煮出す。
アメ状になった物を貝殻に入れて売る。
それを水で溶かして布に浸し、それを眼に当てる。
納得!

20140413_gochaku8

ここで「目薬の飴」を官兵衛の名産として売っている。
しかし官兵衛は姫路出身である。
姫路で売るべきではないか。
案内の人は目薬も本当の話か分からない。
もっとも小さな声でだが・・・・・・・

20140413_gochaku2

ありがとうございました!

« 300,000回の訪問者に感謝して! | トップページ | 軍師 官兵衛 15回 加古川評定『播磨は自己中なのか?』 »

 黒田官兵衛 紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 播磨・御着城跡 『姫路は官兵衛にかけている!』:

« 300,000回の訪問者に感謝して! | トップページ | 軍師 官兵衛 15回 加古川評定『播磨は自己中なのか?』 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ