« 豪傑組―歴史小説傑作集〈3〉海音寺潮五郎 『一色崩れ』 | トップページ | 本・悪人がつくった日本の歴史 (中経の文庫) 小和田 哲男 »

2014年5月28日 (水)

本・あの戦争と日本人①幕末から・半藤一利

歴史とは、前の事実を踏まえて後の事実が生まれてくる一筋の流れである―明治維新、日露戦争、統帥権、戦艦大和、特攻隊。悲劇への道程に見える一つ一つの事実は、いつ芽吹き、誰の思いで動き出したのか。名著 『昭和史』 に続き、わかりやすく語り下ろした戦争史決定版。日本人の心に今もひそむ「熱狂」への深い危惧が胸に迫る。 

20140528_book1_2

半藤一利、歴史探偵の昭和の集大成か?
80歳になっているようだ。 貴重な証言を集めている。
著者の本はよく読んでいる。 一番印象に残っているのは 『山本五十六の無念』 これは興奮した本だった。
映画 「日本のいちばん長い日」 この原作者と言うのは知っていた。
特に太平洋戦争の生き残った関係者からのインタビューは凄いのでは?
辻政信の話があった」。服を脱いで裸になり銃弾の跡を見せる。
この玉傷は何処の戦場と説明したようだ!迫力はあったようだ!

あの戦争は、幕末から始まる考えなのか?
幕末から明治維新、日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦、太平洋戦争までの経緯、終戦、昭和天皇と記述されている。
著者は酒飲みのようだ。

東大を卒業して編集者になる。坂口安呉の担当になる。
この坂口安呉も相当な人物なんだろう。酒飲みだそうだ。なので選ばれたと言う?
泊まりこんで作品が出来るのを待つ。一緒にいるのだがら何かと、歴史の読み方を教えて貰ったようだ。
そうして自分も歴史を勉強したようだ。
それとも一緒に飲んでいたのか?

著者は越後長岡が故郷と言う。賊軍と言われた。会津もそうだ。
司馬遼太郎がその辺は会津、長岡側に立って小説を書いている。
最近は中村彰彦により会津の事は分かって来ている。
活字になった時から、編集時にそのテーマに都合の良いように編集されると言う。
長岡では教科書と違う言い伝えがある。著者はそれを実感している。
明治維新からは薩長の良いように言われている。
徳川時代は悪かったと!
実際はそうではない!

著者は沢山の著書がある。ほとんど読んでいる。
もっとも衝撃だったのは、「山本五十六の無念」
メチャメチャ面白かった。
よく読んでいるので 半藤史観? が身についている。

日本海海戦の真相!
東郷元帥が神格化されている。勝ったので正しい真相を教えていない。
この辺りは信憑性がある!
正しい歴史を教えていない?????
講和でロシアから賠償金を取れない。民衆が騒ぐ!
仲裁役のアメリカルーズベルト大統領があきれた。
朝鮮半島と満州の権益を確保出来たし南樺太も日本領土になった。
何が不満なのか?日本に不信感を持つようになった・・・・・・・
満州の鉄道を日米でやろうととの提案を蹴った・・・・・
日露戦争の勝利で、日本はアジアの各国に希望を与えた。
違う道もあったが、日本は自国が大国と勘違いして欧米と同じことをした。
やがて失望を与える!
こう言う事を教えなければならないと思うが・・・・・

日露戦争後の日本はどうなったか?
① 出世主義、学歴偏重主義。
② 金権主義の時代。
③ 享楽主義の時代。
④ 以上から外れれば、社会主義になる。

漱石が文明批判をしている。
「日露戦争に勝って、一等国になったと言えども名物は富士山しかない。あれば昔からあったものだ。」
要は欧米からの借り物、独創性があるのは無い!

日本に最も影響を与えた作家、司馬遼太郎!
統帥権!
これを司馬遼太郎は批判する。山本七平も批判しているが司馬遼太郎ほどではない。
これが昭和を振り回したと!
著者は違う意見のようだが・・・・・
面白い例がある。
シナ事変。参謀本部は拡大したくなかった。中国との戦争なんかしたくない。
ところが出先の現地軍がかってに拡大した。
勝っているのだから強気になる。
近衛内閣も強気になる。最初の条件を変える。
蒋介石に日本は信用出来ないと言われる。
著者は使う人間の問題と言っているが、使えると分かれば使うのが人間であるのでは。

12

半藤一利

12
12

« 豪傑組―歴史小説傑作集〈3〉海音寺潮五郎 『一色崩れ』 | トップページ | 本・悪人がつくった日本の歴史 (中経の文庫) 小和田 哲男 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

坂の上の雲」カテゴリの記事

山本五十六」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・あの戦争と日本人①幕末から・半藤一利:

« 豪傑組―歴史小説傑作集〈3〉海音寺潮五郎 『一色崩れ』 | トップページ | 本・悪人がつくった日本の歴史 (中経の文庫) 小和田 哲男 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ