« 山城 小栗栖 明智藪 明智光秀終焉の場 | トップページ | 山崎の合戦  明智光秀本陣跡 »

2014年6月13日 (金)

山城 篠村八幡宮 足利尊氏再起の場!

山城 篠村八幡宮
由緒ある神社である。

20140524_5_01

足利尊氏が、打倒鎌倉幕府の挙兵をした地であることで知られ、1333年、当社に戦勝祈願の願文を奉じ10日間滞在したのち、六波羅探題を滅ぼして建武中興の礎を築いた。
また、後醍醐天皇と決別したのちの1336年に京都攻防戦で敗れた後、2月1日まで当社で敗残の味方の兵を集めるとともに社領を寄進して再起を祈願した。
その後尊氏は九州へ逃れたのち体勢を立て直し京都に戻り室町幕府を開くこととなる。

20140524_5_02

静かなところにある。
本線から外れている。
なので良いのだろう!
土俵があった。整備中と感じた・・・・・
何人か来て整備していた。

20140524_5_03

『足利高氏旗あげの地』の碑があった。新しい!
高氏?尊氏?
尊氏の方が偉く感じる!

20140524_5_07

旗立楊(はたたてやなぎ)

挙兵した高氏が味方武将に所在を知らせるため、4月27日から5月7日までの間
「二引両」の家紋入りの旗を掲げたという楊(やなぎ。柳とは樹種が異なる)。
高氏の時代より6・7代を経て引き継がれているようだ!

20140524_5_08_2

20140524_5_12
クリックで拡大します

矢塚がある。
高氏は当社に願文とともに一本の鏑矢を供えたという。
多くの武将もそれに続けて供え、矢がうず高く積み上げられたという。
これらの矢を埋納した場所が現在も矢塚として残っている。
塚上には椎の木が植えられている(2代目)

20140524_5_11

20140524_5_10

20140524_5_09
クリックで拡大します

高氏はあまり人気が無いのではないか?
静かなものである。
犬の散歩に来ていた人が、神社から出る時、頭を下げていた。

« 山城 小栗栖 明智藪 明智光秀終焉の場 | トップページ | 山崎の合戦  明智光秀本陣跡 »

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 黒田官兵衛 紀行」カテゴリの記事

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山城 篠村八幡宮 足利尊氏再起の場!:

« 山城 小栗栖 明智藪 明智光秀終焉の場 | トップページ | 山崎の合戦  明智光秀本陣跡 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ