« 山陽電車 妻鹿駅 ここも官兵衛にかけているのか? | トップページ | 軍師 官兵衛(第24回)官兵衛大名になる! »

2014年6月15日 (日)

播磨 妻鹿城 国府山城址

妻鹿城 国府山城址
官兵衛が羽柴秀吉が姫路に侵攻してきたとき、姫路城を秀吉に明け渡した。
その時官兵衛は、父・職隆とともに移り住んだのが妻鹿城である。

20140615_5_4

荒神社があり、山麓に、妻鹿城址(国府山城址)の碑がある。
そして案内がある。
城の絵もある。

20140615_5_5

20140615_5_6

20140615_5_9
クリックで拡大します。

20140615_5_10

ここから山登りで国府山城址に行ける。
が、さっき宍粟の篠ノ丸に登ったばかりだ。
城一日に二山城は堪忍して欲しい。
登り口には杖が置いてある。

20140615_5_8

『目薬の木』があった。少しおかしかった・・・・・

20140615_5_11

妻鹿城 国府山城址:姫路市妻鹿町甲山

« 山陽電車 妻鹿駅 ここも官兵衛にかけているのか? | トップページ | 軍師 官兵衛(第24回)官兵衛大名になる! »

 黒田官兵衛 紀行」カテゴリの記事

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 播磨 妻鹿城 国府山城址:

« 山陽電車 妻鹿駅 ここも官兵衛にかけているのか? | トップページ | 軍師 官兵衛(第24回)官兵衛大名になる! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ