« 本・「人望」の研究・小和田哲男 黒田長政の意外な一面? | トップページ | 山城 小栗栖 明智藪 明智光秀終焉の場 »

2014年6月11日 (水)

「天下を狙った軍師」の実像・諏訪勝則

時代の趨勢を読み、織田陣営についた黒田官兵衛は、瞬く間に頭角を現した。秀吉の右腕として中国経略、九州遠征、小田原合戦など各地を転戦。官兵衛の働きなくして秀吉による全国統一もなかった。「稀代の軍師」とも呼ばれる武将の活躍の実態はいかなるものだったのか。関ヶ原合戦に際して天下を目指したとする説の真偽は―。茶の湯や連歌に優れ、キリスト教信仰を貫くなど、名将の知られざる側面にも光を当てる意欲的評伝。

20140611_book2_2

官兵衛の出自が最初にある。
近江佐々木源氏の末?
播磨黒田庄出身?
どちらも決定打に欠けるとある!
備前福岡も関係なさそう・・・・・
これは仕方がないと思うが・・・・

織田か?毛利か?
播磨は辛い。大国の狭間の小小国である。
官兵衛が織田に付くことで小寺をまとめて、播磨一円を織田方に持っていく。
出る杭は打たれる。
議論に勝ったと言え、門閥家老の恨みを買う。
信長に拝謁して、名刀『へし切』を与えられる。

青山の合戦、英賀合戦とあり、秀吉に信頼される。
中国方面の司令官を秀吉が命じられる。
一人息子を人質に出す。
播磨が織田方になれば、備前侵攻は時間の問題である。
上月城、作用城を落とし、尼子勝久を上月城に入れる。
官兵衛は別所長治の従妹と、息子の攻略結婚を図る。
この本には出て来ないが、加古川城の会議で別所は離脱する。
力ずくで播磨を取らなければならない。
そうしたかったのか?『と言う説もありそう』
毛利に攻められている上月城を見捨てる。三木城へ兵を集中する。
そして荒木村重の反乱。説得に行き有岡城に幽閉される。
官兵衛が荒木に付いたと思われ松寿丸の殺害が命じられる。が半兵衛に救われる。
が著者は殺害の指示は無かったのではないかと推測している。
夢が無くなるが・・・・・・
最初に秀吉から与えられた所領は1万石!
最終は長政が52万石だったので、成功者になる。

鳥取城、淡路で動く。
備中高松城!
勝てば官軍!
最初の上月城を攻めた時、必死に戦わないように逃げ道を作った。
同じ話がある。本能寺の変から、明智光秀の勝竜寺城を包囲した時、北口を開けたと言う。
そこから光秀は落ちて行ったと!
真偽は定かでない。

賤ヶ岳の合戦、四国遠征、九州遠征、中津城での豊前六郡12万石の支配、小田原合戦、朝鮮出兵とある。
最後の博打関ヶ原の合戦。
それぞれの分析がある。
宇都宮鎮房の反乱はやはり失点と言う。
肥後の佐々成正より悪いとも言われる。
関ヶ原の合戦後は、味方に誘った武将については誠実に対応したようだ。
読むたびにロマンが、夢が無くなる・・・・・・

敬虔なキリシタン????
茶道、連歌等文化人としても活躍する。
細川藤孝とも交流がある。
息子同志は仲が悪いが・・・・・
葬儀はキリスト教式で行われた?
官兵衛はどう分析されるのか。
華やかで激しい気性の武将??
それより理知的で冷静沈着な武将か?
誠実に対応する。調略の名手ではないか?
最後に官兵衛以降の系図がある。
官兵衛の血は絶えて養子を迎えて家名の存続を図っている。

« 本・「人望」の研究・小和田哲男 黒田長政の意外な一面? | トップページ | 山城 小栗栖 明智藪 明智光秀終焉の場 »

 黒田官兵衛 本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「天下を狙った軍師」の実像・諏訪勝則:

« 本・「人望」の研究・小和田哲男 黒田長政の意外な一面? | トップページ | 山城 小栗栖 明智藪 明智光秀終焉の場 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ