« 本・兵庫頭の反乱『ばてれん兜』・神坂次郎 | トップページ | ヒト間違い???? »

2014年7月30日 (水)

本・バサラ将軍・安部 龍太郎

将軍は心に孤独を抱え、武士は破滅に向かって突き進み、若者は己の未来を信じた──。変動の時代、室町を生きる人々を描いた秀作集

20140730_book2

連作小説集である。
足利義直、高師直、土岐頼遠、新田義興、足利義満に像!
著者の作風なのか?
話が飛ぶ!
次の作品に行った時、時代は進んでいてその主人公が死んでいる感じがする。
特に足利尊氏、義直、高師直の人物像は評判通りと思う。
遊びの場面がある。
すごろく、酒、女・・・・・・・
今の時代より激しいのではないかと思う。

高師直の恋で、歌に思いを託す場面がある。
が高師直なんて無学で戦場だけの働きが取柄である。
意味を取り違える。
この場面は想像通りに進んだ!
天皇、将軍の力関係が面白い。
その例が土岐頼遠!
上皇の御車に矢を射かける。
これは尊氏を奮起させるためにするが、尊氏はのって来ない。
高師直も公家?何するものぞと思っている。
この辺は、尊氏、義直、師直の力関係が面白い。

新田義興、新田義貞の息子である。
罠にはまる。罠をかけたのは竹沢右京亮!
が、かけた方も後味が悪い。
裏切りを悪く言われる。
やりようのない気持ちになる。
先を読んで裏切ったがどう思っていたなのだろうか?
そうして最後は自滅する。

室町時代の本はあまり読まない。
鎌倉、戦国時代が好きだが、室町、幕末はそれほど興味が無い!
著者らしいと思う本である。

« 本・兵庫頭の反乱『ばてれん兜』・神坂次郎 | トップページ | ヒト間違い???? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・バサラ将軍・安部 龍太郎:

« 本・兵庫頭の反乱『ばてれん兜』・神坂次郎 | トップページ | ヒト間違い???? »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ