« 軍師 官兵衛(第三十回)中国大返し~山崎の合戦 | トップページ | 本・戦国の風見鶏「細川幽斉」・神坂次郎 »

2014年7月29日 (火)

本・本能寺の鬼を討て・近衛 龍春

織田信長軍に属し、稲葉一鉄に仕えて勇猛果敢に戦う齋藤利三。だが、一鉄とはそりが合わず対立。利三は出奔して伯父・明智光秀のもとへ。光秀は信長の命に承伏せず、利三を手放さなかったが、丹波を平定した光秀主従に信長の折檻が…。さらに非情なまでの国替え。たまりかねた利三は、信長が催す本能寺の大茶会を、好機到来と見て光秀に決断を迫った。

20140729_book1

斉藤利三のが主人公である。
最近の本能寺の変で名前があがる四国長曽我部問題と斉藤利三!
その関係で首謀者とも称される。
斉藤利三主犯説もある。
実力者であろう。
戦場に出れば無比の働きをする。
爽やかなイメージで描かれている。

戦国時代は主君を変えることが出来る。
藤堂高虎が良い例と思うが・・・・・・
稲葉一鉄が主君である。
それまでもいきさつもある。
一徹者の語源とも言われている人だ。
が、教養もあるようだ。
信長に誅されようとするがあることで救われる。
これは「司馬遼太郎 新史太閤記」に記述してあった。
信長の刺客がいることを察している。
が漢詩がある。新史太閤記には漢詩も紹介されている。
これを一鉄は読める。詠み方にみんなが聞き惚れた????
それで救われたようだが・・・・・・

利三は稲葉家を出奔して光秀に仕える。これは問題になったが光秀が身体を張ってかばった。
光秀旗下では秀満と両翼だったんだろう。
利三の眼を通して光秀と秀吉の関係、織田信長が語られる。
あまりよく記述されていない。
利三は更に稲葉家の那波直治を引き抜く????
一徹者のの語源となるほどの男だから執念深い。
信長は光秀に両者を返すように命じたが、光秀がこれを容れなかった。
なので髷を掴み突き飛ばしたと言う。
直治を戻し、利三に切腹を命じる裁定を出した。
変の4日前となる天正10年5月27日と言う。
この本には無かったが、利三の件についてはとりなす人もいたので切腹は免れた。
どちらにしても利三はいつかは信長に切腹を命じられるかも不安がある。
それならば殺される前に信長を討つ!
斉藤利三主犯説、実行犯説だ。

主に秀吉との関係が記述されている。
本当かどうか?
あまりいい関係ではない。
ライバルを蹴落とそうとしている・・・・・・
上杉宛てに出した変をほのめかす密書。
これが毛利、長曽我部に出されている????
他にあるとすれば北条か?
毛利への密書は秀吉に奪われる。
秀吉は光秀の実行を待つ。
それで秀吉はあらかじめ中国大返しの準備が出来ている???
ホンマかいな?
明智光秀は、優柔不断に描かれている。
決断まででなく、実行後の対策も後手後手に回る。
利三は次第に光秀が信じれなくなる。

山崎の合戦は負けるべくして負けたと言う。
利三はそう思っている?
斉藤利三がこれだけ登場するのは珍しい!
面白かったです!

« 軍師 官兵衛(第三十回)中国大返し~山崎の合戦 | トップページ | 本・戦国の風見鶏「細川幽斉」・神坂次郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 明智光秀 (明智・細川)」カテゴリの記事

 織田信長 (織田関連)」カテゴリの記事

 黒田官兵衛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・本能寺の鬼を討て・近衛 龍春:

« 軍師 官兵衛(第三十回)中国大返し~山崎の合戦 | トップページ | 本・戦国の風見鶏「細川幽斉」・神坂次郎 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ