« 本・戦国の異能人『水軍』・戸部新十郎 | トップページ | 近江・賤ヶ岳②『山上にて』 »

2014年7月12日 (土)

近江・賤ヶ岳①『秀吉VS勝家の決戦』

清須会議の後、北国北の庄に閉じ込められている勝家を挑発するが如く、秀吉が策を巡らす。雪解けを待たずに勝家は出兵する。
流石勝家と言うべきか?
ここで対陣がある。
こういう場合、先に手を出した方が負けと言う!

川中島の謙信と信玄。
先に動こうとした信玄のわずかなすきを謙信が突いたと言う!
後年、小牧長久手の戦いがある。
秀吉VS家康。
これも先に動いた秀吉が苦杯を舐めた!

20140712_shizu_55
クリックで拡大します。


20140712_shizu_53

対陣中秀吉が賤ヶ岳を離れる。大垣城か!
これを見逃さずに、佐久間盛政が攻勢に出る。
勝家は気に入らないが大岩山砦を攻撃させた。
結果を出せば引き上げる条件での許可と言う。
大岩山砦を守っていたのは中川清秀!
村重に謀叛を勧めて裏切った男であり、山崎の合戦では秀吉に付いた。
耐え切れず陥落、中川は討死、さらに岩崎山に陣取っていた高山右近も逃れる。
この成果を得て勝家は盛政に撤退の命令を下したが、再三の命令にもかかわらず盛政はこれを拒否した。
ここで丹羽長秀が参戦する???

20140712_shizu_51

この時、司馬遼太郎 新史太閤記では、
『盛政には秀吉の器量が分かっていない!』
結果その通りとなる。
大垣城にいた秀吉は直ちに賤ヶ岳に戻る。
木ノ本までの丘陵地帯を含む52kmを僅か5時間で移動したと言う!
あらかじめ沿道に松明、食事の補給箇所用意させていたと言う。
秀吉の大軍に驚いた佐久間盛政は同深夜に撤退を開始する。
勝家の応援もあり撤退するが、ここで前田利家の戦線離脱がある!
ここで勝負が決まったようだ!
こんな山の中で良く戦ったと思う。
気候もまだ寒かったと思う!

20140712_shizu_54
クリックで拡大します。



20140712_shizu_56


« 本・戦国の異能人『水軍』・戸部新十郎 | トップページ | 近江・賤ヶ岳②『山上にて』 »

 黒田官兵衛 紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近江・賤ヶ岳①『秀吉VS勝家の決戦』:

« 本・戦国の異能人『水軍』・戸部新十郎 | トップページ | 近江・賤ヶ岳②『山上にて』 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ