« 尾張・總見院 焼け兜 | トップページ | 尾張・熱田神宮 信長の戦勝祈願の神社 »

2014年8月 3日 (日)

軍師官兵衛(第三十一回) 天下人への道

清須会議が始まる。
織田家の跡取りを決める会議である。
それを重臣たちがやるのもどうかなと思うが?
信長の弟もいる。息子も自分が継ぐと言わないのか?
神輿になっている。
『神輿は軽くてパーが良い、と言ったのは実力者小沢一郎』
秀吉はそう思っている。
もっとも勝家もどう思っているのか?

20140803_kanbei4_2

明智光秀を討った山崎の合戦。
秀吉側で参戦した池田恒興、丹羽長秀の重臣。
清須会議のメンバーは、柴田勝家、羽柴秀吉、池田恒興、丹羽長秀と言う。
滝川一益は外されている。
1対3で秀吉が有利である。
信孝・信雄どちらも大した器量では無さそう・・・・・・
がアホに見える演出はやめて欲しいが・・・・・
特に信雄はたいがいの作品でアホに描かれる。

ドラマはあっけない。
会議は数分で終わった。宿老の選定も無かった。
これでは官兵衛の出番が無い。
映画とドラマでは座る位置、席が違っていた。
右と左で何か違うのか?
秀吉・恒興、勝家・長秀は同じであるが。
違うのだろう!
もっとも三法師をあやす場面は同じようだ。猿でございます!

展開が早い!
のちに秀吉に許される、荒木村重、道糞、道薫が登場した。
再登場はあるのかと思っていたが出て来た。
この場面での登場は今一か?
茶人である。千利休のところで官兵衛に会う。
人間として許せるのか?
途中で官兵衛が席を立つ!
この気持ちはよく分かる。
生き残ることが信長に対して勝ったことになる。
一人だけ生き残った事に対する言い訳である。
そう言い聞かせていると感じた。

20140803_kanbei2

信長の葬儀、滝川一益攻め、賤ヶ岳の合戦と続く。
もう少し掘り下げて欲しい。

長政の縁談が決まる。
小六の娘、糸を秀吉の養女にして嫁がせる。
子供が出来なかったので、後に家康の養女を迎える。
その時は秀吉も亡くなり、関ヶ原の合戦前なので旗幟を鮮明にしたのだろう。
当然官兵衛も賛成しているはずである。

20140803_kanbei3

越前北の庄の落城まで一気に進んだ。
官兵衛の出番はそれほどない。
賤ヶ岳の合戦はもう少し時間を取ってもよかったのでは?

来週は家康が出てきそう。
もう小牧長久手の戦いになるのか?
官兵衛の出番があるのか?
四国攻めも簡単に終わりそう。
九州は一揆の事もあるので時間を取ると信じたい!

20140803_kanbei1

紀行記事、近江・賤ヶ岳②『山上にて』


« 尾張・總見院 焼け兜 | トップページ | 尾張・熱田神宮 信長の戦勝祈願の神社 »

 黒田官兵衛 大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛(第三十一回) 天下人への道:

« 尾張・總見院 焼け兜 | トップページ | 尾張・熱田神宮 信長の戦勝祈願の神社 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ