« 軍師官兵衛(第三十一回) 天下人への道 | トップページ | 尾張・津島神社 信長の経済的基盤の地「津島湊」  »

2014年8月 5日 (火)

尾張・熱田神宮 信長の戦勝祈願の神社

熱田神宮、想像していたよりはるかに広い。

20140804_5_1

桶狭間の合戦前に、信長が戦勝祈願したと言う。
負けていればこれほど有名にはならない。
信長は、右筆の武井夕庵に「この戦いは多勢に無勢、苦しい戦いとなる。熱田大神の力を借りて、ぜひ勝利したい」と言う願文を御神前で集結した兵の前で読み上げ戦勝を祈願した。この時本殿の奥から甲冑の触れ合う音が聞こえて、一羽の白鷺が舞い立つと言う吉兆が顕た。信長は「これぞ熱田の大神が我々を護り勝利を導くしるしである!」
と兵を激励したと言う。
賽銭箱に入れた銭がすべて表になった。
神が勝利を祝福していると感動した信長の部下は、意識を高揚させたと言う。
なんとなく、胡散臭い!
信長が仕組んだと言ったほうが可能性は高いと思うが・・・・・
神官が甲冑を合わせたようで、銭は2枚を張り合わせて、ともに表になるように仕組んだと言う。

20140804_5_2

20140804_5_3

第12代景行天皇の時代、日本武尊が東国平定の帰路に尾張へ滞在した際に、尾張国造乎止与命の娘・宮簀媛命と結婚し、草薙剣を妃の手許へ留め置いた。
日本武尊が伊勢で亡くなると、宮簀媛命は熱田に社地を定め、剣を奉斎鎮守したのが始まりと言われる。そのため、三種の神器のうち草薙剣は熱田に置かれているとされ、伊勢神宮に次いで権威ある神社として栄えることとなった。

20140804_5_7

景行天皇43年は西暦113年と言う??????
それで平成25年5月8日に「創祀千九百年大祭」が行われた。
そういう事で1900年の案内が目立った。
熱田神宮の歴史が分かるように表示がある。
時代毎にある。見ていて楽しい。
蓬莱伝説があった????????
楊貴妃まで登場している。『しらけた・・・・・』

20140804_5_8
クリックで拡大します。

20140804_5_9

参拝客も多い。
駐車場も一杯だったが、駐車出来た。

20140804_5_5

20140804_5_6

いつも思う事がある。
奉納の酒である。あれ本当に酒が入っているのか?

20140804_5_4

そう思う事が間違っていそう!
ともあれ立派な神宮である。
機会があればまた来たい!

« 軍師官兵衛(第三十一回) 天下人への道 | トップページ | 尾張・津島神社 信長の経済的基盤の地「津島湊」  »

 織田信長 (織田関連)」カテゴリの記事

 黒田官兵衛 紀行」カテゴリの記事

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尾張・熱田神宮 信長の戦勝祈願の神社:

« 軍師官兵衛(第三十一回) 天下人への道 | トップページ | 尾張・津島神社 信長の経済的基盤の地「津島湊」  »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ