« ヒト間違い???? | トップページ | 本・藤堂高虎・『勝者こそが主君』神坂次郎 »

2014年8月 2日 (土)

本・細川幽斎―栄華をつかんだ文武両道の才・春名徹

主人・信長の横死というきわどい政治状況のなかで、幽斎は連歌という文化的行動によってみごと保身をやってのけた。「なんとかあの男の心を獲ってみたい」秀吉は熱烈にそう思うのだった…。室町将軍、信長、秀吉、家康と、常に歴史の中心人物の側近であり続けた幽斎。その類い稀な教養としたたかな出処進退によって乱世を生き抜き、細川家の栄華を勝ち取った男の生涯。

20140802_book1

幽斎の本は初めて読む。が戦国の本を読めば必ずと言って出て来る名前である。
幽斎の生まれから最後までが記述されている。
将軍の御落胤?
これは当時は名誉な事でもあったようだ。
若かり頃から才人である。
文武両道と言うのか?
剣・弓から書道・太鼓・鼓・包丁・お茶・連歌・和歌にも才能がある。
幅広い教養の持ち主と言う!
夜に学問をしたのか?
油を求める場面がある。
と言う事は、目も悪いのではないか?
おべんちゃらも言えるようだ。
信長と同じ午年の生まれである。

有名な『上様は金覆輪の鞍置き馬、私は小荷駄馬で、いつも背中に物を背負っています』
これは早い時期の話のようだ。
信長上洛前の話のようだ。
これをソツないと言うか?

三好長慶、松永弾正、三好三人衆との抗争。
出しゃばらないので目立たない。
トップの次に位置する。
風当たりも弱いのではないか?
明智光秀の与力として能力を発揮した。
教養が箔を付ける。
皆一目置く!
ゴマもすれる。
即興で歌を作れるし、相手が喜ぶ歌も作れる。
信長、秀吉も一目置く。
光秀の反乱時も冷静に判断した。
が細川親子が光秀に味方すればどうなっていたか?
これも面白いIFと思う。

九州にも行く。
島津義久とも親交がある。
朝鮮侵攻時、面白い薩摩の反乱?がある。
この話は滝口康彦の薩摩軍法で知っているが、本気だったのかと思うが・・・・・・
この処理の使者になり収める。
それなりの立場の人が行かなければ話はまとまらない。
幽斎はそう言う人物だったんだろうと思う。

関ヶ原前の田辺城攻防戦。この時67歳と言う。
500VS15,000の籠城戦。
攻める方も適当であったと思うが・・・・・
15,000の兵を関ヶ原に行かさなかったのは評価されている。

77歳で亡くなったが、官兵衛と同じで穏やかな晩年だったようだ。

« ヒト間違い???? | トップページ | 本・藤堂高虎・『勝者こそが主君』神坂次郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 明智光秀 (明智・細川)」カテゴリの記事

 黒田官兵衛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・細川幽斎―栄華をつかんだ文武両道の才・春名徹:

« ヒト間違い???? | トップページ | 本・藤堂高虎・『勝者こそが主君』神坂次郎 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ