« NHK特集 『山本五十六の真実』 | トップページ | 本・日本海軍400時間の証言―軍令部・参謀たちが語った敗戦・NHKスペシャル »

2014年8月15日 (金)

本・日本の戦争・田原総一郎

日本はなぜ、あえて「負ける戦争」へ突入していったのか?
少年時代に敗戦を体験した著者が、長年にわたって抱き続けてきた疑問日本はなぜ、世界を敵にまわし「負ける戦争」を始めてしまったのか? 
明治維新で国家を建設し、西欧を懸命に追いかけてきた日本の間違いは、一体どこにあったのか。
「富国強兵」「五族協和」など7つのキーワードをもとに、日清・日露戦争、満州事変、そして「大東亜戦争」へと突き進んでいった近代日本の謎を解き明かし、長く曖昧にされてきた戦争の真実に迫る!

20140815_book1

8月15日が近づいて来る。
ので戦争にかかわる特集も多い。
以前読んだが、読み返してみた。
『NHK特集 山本五十六』の影響もある。
戦闘場面は無い。そこに行きつく過程が記述されている。
7つのキーワードは、四語熟語である。
富国強兵、和魂洋才、自由民権、帝国主義、昭和維新、五族協和、八紘一宇。
明治維新から始まる。
妖怪、岩倉具視。盟友大久保利通ととの策謀。
『最善ならずば、次善。次善ならずばその次善』
幕末から征韓論、日清戦争へと話は進む。
韓国との関係。
何故日韓併合に走ったのか。
分かり易い!
要は遅れて来た帝国主義なんだろう。
それが大国への道と思っている。
弱肉強食の時代である。
イギリス・フランス・ドイツ・ロシア等にとっては当たり前の事である。
日本の防衛に為に、朝鮮半島は中立が望ましい。
が中立なんて出来ない。
となれば親日政権が望ましい。最終的には保護国、植民地が望ましい。
混乱時はいろんな考えがある。
朝鮮半島も清・ロシア・日本とまわりにいる。
どこも手を出したい。
朝鮮半島は古来中国と関係が深い。
朝鮮半島内にも清と結ぶ勢力、ロシアと結ぶ勢力、日本と結ぶ勢力がある。
そこに付け入ったのが日本なのか?
古来半島国家は難しい。
どうしても陸と海から影響を受ける。
現状の南と北に分かれているのが正常なのか?

大国の思惑で物事は運ばれる。
朝鮮半島、清の意向なんて無視される。
それが帝国主義なのか???
日清戦争後の3国干渉。
ロシア・フランス・ドイツで日本の権益を取ってしまう。
日露戦争前の満州はロシア、朝鮮半島は日本の支配と言う交渉がある。
『満韓交換説』
これも当事者、清と朝鮮半島の意向は関係ない。
大国の横暴である????
日本は大国の仲間入りをしたい。
なので朝鮮半島を取らなければ損と思う?

明治の政治家と軍人と昭和の政治家と軍人の差!
日露戦争、どこまで戦えるか終戦プランも持っている。
日清戦争の川上操六、最悪負けた時の事まで考えていたと言う。
ドイツ頼みで正確な情報も無く、バスに乗り遅れるなと開戦に走った。
昭和の政治家と軍人!
読んでいて思ったが、あまり有名?でない研究者、学者の意見が多い。
地道に研究しているのだろうと思う。
ちょっと新鮮な感じがした。

石原莞爾が当然登場する。
特異な思想の持ち主か?
世界最終戦争。
アメリカと日本が争う。
その為に準決勝を勝たなければならない。
相手はソ連である。
その為には国力を充実させなければならない。
ソ連は5か年計画で着々と国力を充実させている。
それに比べて日本は?
そこで満州となる。日本の生命線である。
この辺りは読めば読むほどメチャメチャである。
命令違反はする。
それを処分出来ない。
あの広い中国をどうやって占領できると考えたのか?
思いあがりも相当なものである。
日本を持たざる国と言う。
しかし朝鮮半島、台湾、南樺太と支配している。
どこが持たざる国かと言う意見もある。
南京事件が出て来る。
果たしてあったのか?
今となっては調べようもないし、調べない。
何か言えば歴史認識を言われる。

しかし日米開戦に至る日本の政治は機能していたのか?
反対すれば殺される危険性がある。
2・26事件でのターゲットにされた政治家達、何か恨みもあり標的にされたみた。
天皇が自分たちを支持してくれていると勘違いしている。
実際に現状を憂いていたのは分かるが、どうするのか何も考えていない。

暗号解読の話もある。
交渉内容が解読されている。
そう言えば、大島ドイツ大使の情報は、連合軍とって貴重な情報だったようだ。
ドイツがイギリスとソ連に勝利するとの前提で太平洋戦争を起した。
ヨーロッパの情勢の分析も出来ていない。
イギリス上陸は出来ず、ドイツはモスクワを攻略できない。
情報の収集については、今も変わらない感じがするが・・・・・
明治維新以降の沢山の政治家が登場している。
日本の特に昭和の歴史の反省は、軍部と政治家の行動の分析から始めるべきである。
たまたまBSで、「トラ・トラ・トラ」を放映していた。
これにアメリカに渡す最終通告の解読が進まない。
外務省の緊張感も何もない感じが良く表れていた。
この本を教科書にして明治維新以降から教えればよいと思うが・・・・・
朝鮮半島、中国の事はちゃんと教えるべきと思う。
時間切れでほとんど昭和なんて教えていないと言う・・・・・


« NHK特集 『山本五十六の真実』 | トップページ | 本・日本海軍400時間の証言―軍令部・参謀たちが語った敗戦・NHKスペシャル »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

山本五十六」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・日本の戦争・田原総一郎:

« NHK特集 『山本五十六の真実』 | トップページ | 本・日本海軍400時間の証言―軍令部・参謀たちが語った敗戦・NHKスペシャル »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ