« 本・水軍『村上水軍戦記』『海賊大将九鬼嘉隆』・神坂次郎 | トップページ | 本・歴史探索入門-史跡・文書の新発見・小和田哲男 »

2014年8月10日 (日)

本・戦国鉄砲集団、根来・雑賀・神坂次郎

神坂次郎の短編集を読んでいる。
重複しているが面白い。
特に紀州の事なので著者は詳しい。
『戦国、根来鉄砲集団の興亡』『戦国鉄砲無頼』『根嶺燃ゆ』『雑賀孫市は三人いた』
読んでいて面白い。
根来寺!
72万石と言う寺領を持っている。
どう言う寺なのかと思っていた。
新義真言宗とある。新義真言宗総本山一乗山大伝法院根来寺?????
高野山の古義真言宗と対立している。
対立しているなら武力がいると思う。
それで根来にも僧兵がいる。
が漫画、小説では忍法を使うように設定されている。
江戸時代、伊賀、甲賀と並んで根来も隠密である。
漫画ではやはり白戸三平が登場させている。

根来、雑賀共秀吉の支配を嫌う。
戦国時代、鉄砲と言えば織田、雑賀、根来が軍団を持っている。
精巧さでは雑賀と言う!
次いで根来と言う。
織田は信長の天才性で勝負する。
雑賀、根来は個人技で勝負する。
鉄砲なんて当時のハイテク技術である。
制作から運用まで、プロ集団なんだろう・・・・・

秀吉の紀州侵攻がある。
どちらも抵抗する。
がこの時期ではもう戦力に圧倒的な差がある。
根来もなまじ鉄砲に頼るから火薬がいる。
この火薬に火矢が打ち込まれ、たまたまそこへ打ち込んだだけなのか?
爆発し、主城と言うべき千石堀城が瞬時に灰塵した。

雑賀孫市については司馬遼太郎はもっと真剣に記述して欲しかった。
小説は面白かった。
モデルは沢山いたのだろう・・・・・
関ヶ原の合戦の前哨戦、伏見城の戦いで名前が出て来る。
著者が雑賀孫市と思われる名前を沢山記述している。
誰が誰か分からない。

根来、雑賀共戦国の異能集団である。
為政者からすれば排除される対象なのか?
まして素直でないし、おとなしくない。武力もある。
短編なので読み易いし、鉄砲集団の事がよく分かると思う。
面白かったです!

12

神坂次郎 

12

« 本・水軍『村上水軍戦記』『海賊大将九鬼嘉隆』・神坂次郎 | トップページ | 本・歴史探索入門-史跡・文書の新発見・小和田哲男 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 黒田官兵衛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・戦国鉄砲集団、根来・雑賀・神坂次郎:

« 本・水軍『村上水軍戦記』『海賊大将九鬼嘉隆』・神坂次郎 | トップページ | 本・歴史探索入門-史跡・文書の新発見・小和田哲男 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ