« 本・武家盛衰記「小早川隆景」毛利の両川・南條範夫 | トップページ | ドキュメンタリーWAVE「激動スコットランド~イギリスからの独立 投票の行方~」 »

2014年8月26日 (火)

本・兵庫頭の反乱『道糞流伝―荒木村重』・神坂次郎

将軍家光の苛烈な大名統制に憤る紀州頼宣。彼の幕府転覆の謀略が公儀に漏れた。発覚した場合のことまでを用意周到に計算した冷静な処置により、すべての罪を一身に被り、主家滅亡の危機を救った若き家老の知謀の冴えを描く表題作。織田家筆頭六将に任じられながら、あらぬ風評から謀叛人に落魄した荒木村重を描く「道糞流伝」等、歴史の陰の巨魁を描く傑作歴史譚8編。

20140826_book3


短編と言うのは、主人公を表すのに良いものと思っている。
大河ドラマで荒木村重が重要な役割を果たしている。
その荒木村重を主人公にしている。
やはり村重も戦国武将である。
野望がある。
この時代誰に仕えるのが良いのか?
信長である。
羽柴秀吉、明智光秀、滝川一益と得体の知れぬ者が軍団長になり、需要視されている。
他の武将では考えられない。
梟雄である。
主家を追いだして息子も追いだしている。
騙し討ちみたいなことも、いや騙し討ちをしている。
中川清秀が腹心(?)の配下である。

村重が信長の前に出たのは、義昭を追放する為に上京する途中と言う。
刀に刺したまんじゅうを食べさされた。
村重は食べたと言う。
信長に摂津切り取り放題と言われる。
やはり評価されていたと思うが・・・・・・

天正六年の新年の賀の「朝の茶会」に呼ばれる。
12人の中に入る。
が急速な出世は妬心を生む。
信長の知遇を得てから5年でおかしくなる。
中川清秀の兵が本願寺へ兵糧を入れる。
村重逆心の報を信長は信じなかった。
松井友閑、明智光秀、万見仙千代が有岡に来る。
いずれも村重と親しいと言う?????
信長はどう思っていたのか?
討ち果たす準備を安土城でしていた?
結局反乱するが、問題は中川清秀である。
摂津半国を与えるとの事で村重を裏切る。
原因を作った男が良くやると思う!
30年共に戦野を駆け巡った男の裏切りである。
高山右近と言い村重もやるせなかったのではないか?
この二人が味方なので、摂津一国をあげて信長に謀叛する。
成算はあったんだろう・・・・・・

毛利の援軍は来ない。
広島と兵庫では距離があり過ぎる。
これだけ離れた同盟は成功した例がないと言う。

身一つで逃れ尾道でひっそりくらす。
「道の端にころがっている、犬の糞でござるよ」
荒木道糞!
晩年は秀吉の話し相手となり、道薫と名を変える。
茶人としても有名である。利休の高足七人の一人である。
茶器を投げ出して観る。
利休の癖のようだ。
52歳で亡くなる。
官兵衛の説得の話は出て来ない。
少し寂しいが、村重の半生がよく分かる! 

12

神坂次郎 

12

« 本・武家盛衰記「小早川隆景」毛利の両川・南條範夫 | トップページ | ドキュメンタリーWAVE「激動スコットランド~イギリスからの独立 投票の行方~」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 織田信長 (織田関連)」カテゴリの記事

 黒田官兵衛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・兵庫頭の反乱『道糞流伝―荒木村重』・神坂次郎:

« 本・武家盛衰記「小早川隆景」毛利の両川・南條範夫 | トップページ | ドキュメンタリーWAVE「激動スコットランド~イギリスからの独立 投票の行方~」 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ