« 軍師官兵衛 相模 小田原城⑥、大河ドラマへの期待! | トップページ | 本・北条氏滅亡と秀吉の策謀・森田善明 »

2014年10月 5日 (日)

本・箱根の坂・司馬遼太郎

民を愛さぬ守護・地頭など滅びるがいい!徒手空拳、伊豆・相模を手中に収め戦国時代の先駆となった快男児、北条早雲の鮮烈な生涯!

20141005_book1

昔一度読んでいる。
今回の「軍師 官兵衛」により読み返した。
本は前から買っていた。
当然古本屋である。
人間変わるものである。
昔はそれほど面白みを感じなかったが、改めて読むとメチャメチャ面白い。
苦労したせいなのか?
播磨灘物語・覇王の家・空海の風景・城塞・・・・・・
戦国時代が主である。

読んでいて思うのは、今の時代の風景で考えてはいけない。
織田信長の時代とは違う。
早雲の時代は道も狭い。軍の移動も迅速に出来ない。
鉄砲も無い!
兵農分離も進んでいない。
著者の本では良く出て来る。室町幕府の無能さ!
どちらかと言うより民の事等知らない。
そう言う時代に駿河今川家に妹?が嫁入りし早雲が駿河に行く。
妹?妹分?
名門伊勢氏の末流である。
備中にも支流があると言うがが、備中出身とは記述されていない。
歳も不明であるようだ。小田原城を手に入れたのは64歳、88歳で死んだとされる。
応仁の乱!
主役の一人、足利義視の申次衆である。
これに宗教が絡む。
一向宗、時宗、禅・・・・・・・
この辺りは知識が無い。
が恐ろしい感じがする・・・・・・

まともに戦いもせずに、裏切りが多い。
別に高邁な思想があっての戦いではない。
どちらにつけば益になるか?相続、土地・・・・・
欲得勘定の世界のようだ。
双方に兵を送る場合もある。
民のこと等考えてはいない!

妹の夫、今川義忠が死ぬ。
当然家督争いがある。妹の生んだ嫡男は幼い。
一族に実力者がいる。
早雲以下七人が駿河に行く。
この七人も事情がある。早雲の仲間と言えるのか?
ここからまず跡目相続の内輪もめが始まる。
太田道灌が早雲に会う。
駆け引きがあるが、お互い名人である。
太田道灌は主人に殺される。
両上杉に三浦氏!
結局クーデターになり、家督争いに決着が付き、早雲は伊豆から関東侵攻をたくらむ。
三浦道寸!
鎌倉時代の、北条義時VS三浦義村!
時代は変わり、同じ北条VS三浦の戦いになる。
早雲は北条の名前を使わなかった。
が何故北条と言われるようになったのか?
それも記述されている。

早雲は民の事も考える。
『四公六民』
教科書では教えてくれなかったが・・・・・
『五公五民』と教えられた。
早雲は善政をひいた。魂胆がありそうだが・・・・・
他の国の百姓も早雲の元に行きたがる。
善人ではない!謀略も使う。やはり戦国武将である!
主人公は悪く書かれないが、知らなかった早雲の治世がよく分かり面白かった。
これを読んでから思うが、大河ドラマは『北条五代記』をやるべきと思うが・・・・・

« 軍師官兵衛 相模 小田原城⑥、大河ドラマへの期待! | トップページ | 本・北条氏滅亡と秀吉の策謀・森田善明 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 北条氏(小田原・早雲他)」カテゴリの記事

 黒田官兵衛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・箱根の坂・司馬遼太郎:

« 軍師官兵衛 相模 小田原城⑥、大河ドラマへの期待! | トップページ | 本・北条氏滅亡と秀吉の策謀・森田善明 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ