« 福岡の官兵衛⑤ 安国寺 朝早くからの観光!早過ぎたか? | トップページ | 軍師官兵衛(第四十二回) 太閤の野望 »

2014年10月19日 (日)

福岡の官兵衛⑥ 飯田覚兵衛 屋敷跡 大銀杏

飯田覚兵衛 屋敷跡 大銀杏。

20140915_icyo3

飯田覚兵衛は清正の家臣である。
森本義太夫と共に他家にも知られる。
二郎の事である。
司馬遼太郎で名前は知った。
軍事的な才能がある。
これは分からないと言う。
持っていても戦いが無ければ才能も発揮できない。
死ねば終わりである。
なのでその才能は見つけれないと言う。
戦国時代である。戦いは多い!

20140915_icyo1

この3人の悪がき時代の話を小説にしている。
3人で勝負して、負けた者が家来になる。
清正が勝った。
月日が経ち、清正が約束の実行を求めに来た。

森本義太夫は素直に応じた。
が覚兵衛は違う方に進みたかった。
この場面は面白かった。
流石清正は上に立つ武将である。
約束と違うと言う、森本義太夫を抑えて、
「わしが仕える人でなければいつでも辞めて良い」
そう言う風に言った様だ!

20140915_icyo2

それ以来、辞める事を何度も思ったが、その前に清正に褒められ、褒美を与えられてその機会を逸した!
清正亡き後、二代目を頼まれるが出奔した。
長政が抱えたようだ!
そんな話を思い出した。

大銀杏は修復中????
現在再生治療中である!
道路沿いにあり、JTと思うが敷地内にある。
なんか見ていて、大銀杏が可哀想になってきた!

20140915_icyo4_2





« 福岡の官兵衛⑤ 安国寺 朝早くからの観光!早過ぎたか? | トップページ | 軍師官兵衛(第四十二回) 太閤の野望 »

 黒田官兵衛 紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福岡の官兵衛⑥ 飯田覚兵衛 屋敷跡 大銀杏:

« 福岡の官兵衛⑤ 安国寺 朝早くからの観光!早過ぎたか? | トップページ | 軍師官兵衛(第四十二回) 太閤の野望 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ