« 九州の関ヶ原(24) 豊後岡城で思った事! | トップページ | 九州の関ヶ原(26) 豊後臼杵 »

2014年12月15日 (月)

九州の関ヶ原(25) 豊後佐伯城 日本最後の山城???

岡城から佐伯城に行った。
山城である。
紋がある。

20141215_saeki3

黄色い上着を着たボランティアの人達がいた。
植木、草の整備をしていた。

20141215_saeki8

門を見ているとおじさんが声をかけてくれた。
「お城ですか?」
親切にいろいろ説明してくれた。
こう言う熱意ある人と会えるのは嬉しい。
上まではよう行かないと言った。
地元の高校野球の選手は20分で上まで駆け上がるそうだ!
若さが羨ましい!

20141215_saeki4

門のところで、門が階段になっていない。
坂道である。
敵が来た時、ここで油などを流して入って来れないようにすると???

城の模型があると言うので案内してくれた。
良く出来ている!
相当広い城である。
最後の山城と言う!
再建したら面白いと思うが・・・・・・・

20141215_saeki5

1601年、豊後日隈城より、2万石で毛利高政が入封し、八幡山に1602年から1606年にかけて築城される。
天守は江戸時代初期1617年に失火で焼失。
ガイドさんは、落雷と言っていた。

20141215_saeki6

毛利は初め「森」と言っていた。
備中高松で講和後毛利に人質になる。
その時に、毛利輝元に気に入られ、毛利の姓を貰ったと言う!
ガイドさんは、貰わねば殺すと言われたと言っていた。

20141215_saeki7

平成の大合併で、佐伯市・上浦町・弥生町・本匠町・宇目町・直川村・鶴見町・
米水津村・蒲江町が一緒になり、佐伯市になった。

20141215_saeki1_2

楽しく観光出来ました!
ボランティアのおじさん、ありがとうございました!

佐伯城
大分県佐伯市西谷

九州の関ヶ原 紀行 目次に戻る

« 九州の関ヶ原(24) 豊後岡城で思った事! | トップページ | 九州の関ヶ原(26) 豊後臼杵 »

 黒田官兵衛 紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九州の関ヶ原(25) 豊後佐伯城 日本最後の山城???:

« 九州の関ヶ原(24) 豊後岡城で思った事! | トップページ | 九州の関ヶ原(26) 豊後臼杵 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ