« 九州の関ヶ原(25) 豊後佐伯城 日本最後の山城??? | トップページ | 九州の関ヶ原(27)宇佐神宮 »

2014年12月15日 (月)

九州の関ヶ原(26) 豊後臼杵

佐伯から臼杵へ回った。
ここは城下町風に街造りをしている。
武家屋敷も有り、堀に鯉が泳いでいる。
八坂神社がある。
静かな町と感じた!
城下町を演出している。

20141215_usuki1

20141215_usuki2

20141215_usuki3

1595年、福原長堯が城主である。三成の親戚とも言う。
関ヶ原の合戦時は、太田一吉が城主である。
九州の関ヶ原では、病と称して動かなかったが、子が西軍に付いていた。
よって改易され、稲葉貞道が入り、幕末を迎える。5万石と言う。
一鉄と言い、「一徹者」の語源とも言われる。
斉藤利三の元主君で、光秀と利三を争う。
これが本能寺の変につながる?????
との意見もある。

20141215_usuki4

城址は公園となっていてそれなりに整理されている。

20141215_usuki5

20141215_usuki6

公園内に面白い物を見つけた。
ここで徐福伝説に会うとはビックリである。
『不老不死の霊薬天台烏薬』

20141215_usuki7

20141215_usuki8

この地に自生しているのを、徐福一行が発見した?????
伝説としておきたい。
多分案内の横にある木がそうなんだろう・・・・・
誰でも持って帰れる!
本当にそうなのか?

九州の関ヶ原 紀行 目次に戻る


« 九州の関ヶ原(25) 豊後佐伯城 日本最後の山城??? | トップページ | 九州の関ヶ原(27)宇佐神宮 »

 黒田官兵衛 紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九州の関ヶ原(26) 豊後臼杵:

« 九州の関ヶ原(25) 豊後佐伯城 日本最後の山城??? | トップページ | 九州の関ヶ原(27)宇佐神宮 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ