« 関ヶ原の合戦(31) 長宗我部盛親陣跡 | トップページ | 関ヶ原の合戦(33) 美濃垂井城 『平塚為広の城』 »

2014年12月20日 (土)

関ヶ原の合戦(32) 池田輝政陣跡

池田輝政陣跡
ここも案内は無い。
が、別の売り物がある。
その表識が目印になる。
『春王・安王の墓!』

20140923_ikeda_3

1441年、関東管領足利持氏の遺児、春王丸13歳、安王丸11歳が捕えられる。
京都への護送中、垂井町で斬られる。

20140923_ikeda_4

しかし11歳と13歳が辞世の句なんて残せるのか!
案内には辞世の句が記述してある。

20140923_ikeda_5


墓地の一角にある。
春王丸・安王丸の墓と並んで、池田輝政陣跡がある。
石碑と案内がある。

20140923_ikeda_1

20140923_ikeda_2

池田輝政と言えば現姫路城の城主である。
池田恒興の息子である。
池田恒興は小牧長久手の戦いで長男と共に戦死。
輝政は、秀吉には優遇されていると思う。
秀次の妻妾は処刑されたが、正室の輝政の妹は助命された。

早くから旗幟は鮮明だったと思う。
家康の娘を貰っている。
関ヶ原では抑え役でたいした戦功も無いが、播磨を与えられる。
もっとも岐阜城の攻撃では、正則と先陣争いをしている。
美濃と播磨のどちらかと言われ、家臣は美濃を望んだが、東西の接点である美濃より播磨を選んだと言う!
正則は、はっきりと家康の娘を娶ったから出世しているのだと!
わしらは槍働きで国を取ったが、輝政は一物で国を取ったと、からかわれている!

ともあれ西国将軍との名もある。

関ヶ原の合戦 紀行 目次に戻る

« 関ヶ原の合戦(31) 長宗我部盛親陣跡 | トップページ | 関ヶ原の合戦(33) 美濃垂井城 『平塚為広の城』 »

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 徳川家康 (徳川関連)」カテゴリの記事

 石田三成」カテゴリの記事

 黒田官兵衛 紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関ヶ原の合戦(32) 池田輝政陣跡:

« 関ヶ原の合戦(31) 長宗我部盛親陣跡 | トップページ | 関ヶ原の合戦(33) 美濃垂井城 『平塚為広の城』 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ