« 軍師官兵衛(第五十回)乱世ここに終わる | トップページ | 丹後・宮津城 ここはガラシャが売りなのか??? »

2014年12月24日 (水)

丹後・一色稲荷 忠興の謀殺!「長政の宇都宮鎮房の謀殺」

12月にブリしゃぶを食べに丹後宮津まで来ている。
食事後、宮津駅に行った。
駅前は雪が積み上げてある。

20141222_inari1

丹後の元領主は名門一色氏!
なかなか従わなかったようだ。
この辺りは官兵衛の中津に通じる物がある。
当主の名前は色々言われているようで、実名は伝わっていないようだ。
宮津駅からすぐのところに一色稲荷がある。
道路沿いにある小さな稲荷神社である。

20141222_inari2

そこに『一色義清自刃の碑』がある。
名前はよく分かっていないとある。
官兵衛と長政は宇都宮鎮房を謀殺した。
幽斎と忠興も一色義清を謀殺した。

20141222_inari3

20141222_inari4

これは、「松本清張 逃亡者」「海音寺潮五郎 一色崩れ」が面白い!
細川家も後ろめたかったのか?
城郭内のこの地に鎮魂の社を存続させたと言う!
そう言えば中津にも城井神社があった!
長政が丹後から中津に変った時、城井神社を見て何か感じたのか????
一色稲荷も、光秀・幽斎・忠興・ガラシャが大河ドラマになれば観光客でにぎわうだろうと思う!
が当分無理なようだ!
次の戦国時代は真田である!
個人的偏見では、北条5代が見たいと思っている。
各地方自治体も大変である!

20141222_inari5

20141222_inari6

一色稲荷
京都府宮津市字鶴賀


« 軍師官兵衛(第五十回)乱世ここに終わる | トップページ | 丹後・宮津城 ここはガラシャが売りなのか??? »

 明智光秀 (明智・細川)」カテゴリの記事

 黒田官兵衛 紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹後・一色稲荷 忠興の謀殺!「長政の宇都宮鎮房の謀殺」:

« 軍師官兵衛(第五十回)乱世ここに終わる | トップページ | 丹後・宮津城 ここはガラシャが売りなのか??? »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ