« 神戸三宮フラワーロード・三井住友銀行前でのビラ配り(フランス語会話学校の案内) | トップページ | 本・今昔おかね物語・神坂 次郎 »

2015年1月23日 (金)

軍師官兵衛(番外編⑪)天下統一とは???? 天下は尾張・三河・駿河・遠江の物か!

昨年1年は、軍師官兵衛巡りをした。楽しかった!
九州・四国・中国・京・尾張・美濃・伊豆と回っている。
NHKに感謝している。
名所旧跡、特に城址を見るたびに思う事がある。
城址の説明にもある。城主は誰か?
帰って来てから調べて思う事がある。
天下は中京地方の物なのか????
近畿も入るのか?
関ヶ原以降の大名の配置がある。

九州!
豊後中津に官兵衛(播磨)、後に細川忠興(丹後)、その後は奥平氏(三河)か?
豊後の小大名達。
臼杵の太田一吉(美濃)。
岡の中川秀成 (摂津)。
高田の竹中重利(美濃)。
佐伯の毛利高政(尾張)。
安岐の熊谷直陳(近畿地方?)。
富来の垣見一直(近江)。
筑前福岡に小早川隆景(備後三原)、後に黒田長政(播磨)。
肥後は、佐々成政(尾張)で、後に加藤清正(尾張)と小西行長(摂津?)。
関ヶ原後、加藤清正が一国を領し、後に細川忠興(丹後)。
筑後柳河は立花宗茂で、田中吉政(尾張)が入り、立花宗茂が元に戻る。
久留米は毛利秀包(中国)で、後に有馬氏(播磨)が入る。
肥前唐津は寺沢広高(尾張)、後に小笠原、松平、土井、水野が入る。(三河等)

こうなると元からの大名は、薩摩の島津、肥後人吉の相良、筑後柳河の立花、
肥前佐賀の鍋島、肥前平戸の松浦、肥前大村は大村嘉前、後は秋月、筑紫とかになる。
領主はほとんど変わっている???

四国!
土佐は長曽我部で、後に山内一豊(尾張)が入る。
阿波は蜂須賀家正(尾張)が入る。
讃岐は生駒正親(美濃)が入り、後には松平(三河)が入る。
伊予は小早川隆景(備後)が入り、後に加藤嘉明(尾張)、藤堂高虎(近江)は入る。
その後は、蒲生(近江・会津)、伊達(陸奥)、松平(三河)らが入る。
地の大名は残らなかったのか??

中国は毛利氏が支配した。
備前岡山は宇喜多氏で、その後小早川秀秋(尾張)が入る。
播磨、因幡は池田氏(摂津)。
安芸は福島正則(尾張)で次は浅野家(尾張)。
出雲松江は堀尾吉晴(尾張)で、後に松平家(三河)。
津和野は亀井氏、これは尼子の旧臣である。

となると大大名はほとんど、日本の真ん中の中京・近畿の人間なのか?
これで200数十年支配したのだから、影響は残っているだろうと思う!
結局島津・毛利・鍋島と地の大名が倒幕に立つ。
土佐は特殊であり、郷士と言う長宗我部侍が倒幕に立つ。
恨みは果たされたのか?

« 神戸三宮フラワーロード・三井住友銀行前でのビラ配り(フランス語会話学校の案内) | トップページ | 本・今昔おかね物語・神坂 次郎 »

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 黒田官兵衛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 神戸三宮フラワーロード・三井住友銀行前でのビラ配り(フランス語会話学校の案内) | トップページ | 本・今昔おかね物語・神坂 次郎 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ