« 本・『剣豪血風録・津本陽』VS『日本剣豪譚 戦国編・戸部新十郎』 | トップページ | 本・絵画で読むグレコのスペイン・中丸 明 »

2015年1月20日 (火)

本・墨染の鎧 『安国寺恵瓊』・火坂雅志

戦国時代、禅僧にしてただ一人、城持ち大名となった男、安国寺恵瓊。安芸の名家に生まれながら、家が滅亡して出家。西国の雄・毛利家の外交僧として才覚を現し、戦国乱世に飛び込んでいく―。信長の死を予言し、秀吉の行末を読み切った男の生涯を描く。

20150120_book1

安国寺恵瓊の生涯を描く長編小説である。
大長編である。
はっきり言えば生臭坊主だ!
酒は飲む、女は抱く!
それでなければ外交僧など務まらないと思うが・・・・・・・
才能を認められて出世する。
そうして師の後を継いで毛利の外交僧になる。
毛利元就に両親は殺されている。
が恨みより才能を見出してほしい。
瞳の裏にある物を元就は見抜いている。
毛利にとって毒か?薬か?興奮剤か?

時代は恵瓊を要求している。
戦国時代だ。
毛利輝元と尼子の戦い。
元就は九州にも兵を出す。
大友、竜造寺にも使いに行く。
騙し騙される!裏切りもある!
誠心誠意嘘をついたのだろう・・・・・・

そうして最大の敵、織田信長!
情報が重要である。
そに為に配下の者を各地に走らせる。
この配下の者はどう言う立場の人か?
まさか忍びではない。
寺関係で地道に情報を集めるのだろう。
恵瓊も各地を訪れる。
そうして織田と交渉を担当する。
毛利の両川、吉川元春と小早川隆景!
隆景には信頼される。と言うより発想が似ている。
が戦国武将、元春を始めとする武将たちは力で物事を解決しようとする。
この辺りのやり取りはたいがいの本は同じ内容と思う!
毛利と織田の最前線、播磨・但馬・丹波がある。
当然官兵衛が出て来る。
恵瓊VS官兵衛!
調略の勝負になる。
恵瓊が有利である。毛利は信用がある。『どうかなと思うが・・・・』
その点織田は辛い!

三道併進策!
吉川元春が山陰から、小早川隆景は山陽道から、毛利水軍が瀬戸内から。
これはまとめ役が余程しっかりしていなければならない。
「司馬遼太郎 新史太閤記」では元春、隆景は第一級の武将であるが、これをやるにはその上の力がいる。つなり信長か秀吉と言う事だ!
確かに同時に進軍できなければ各個撃破されるだけである。
上月城攻防戦、三木城攻防戦!
荒木村重の反乱!
村重の家臣が本願寺に兵糧を売ったと言う噂を、あたかも真実のように広める。
村重を反乱に追い込む!
こう言う話は信憑性がある。
本能寺の変、光秀の密書が恵瓊に届けられる。
上杉にも届いていたと言うから・・・・・
これをまず官兵衛に見せる。
取引を持ちかける!
恵瓊は自信過剰になっている。
毛利の為と言うより自分の才能を見せる為に策を施す!
毛利からは離れている。
秀吉に優遇される!
それから隆景が健在なうちが花だったのか?
自身大名になり関ヶ原を迎える。
策士策に溺れる!
やはり時代の変りについて行っていない。
織田信長の転びを予測し、秀吉の未来を評価した。
関ヶ原の恵瓊はその頃の恵瓊ではない!
老いたのだろうか・・・・・・

« 本・『剣豪血風録・津本陽』VS『日本剣豪譚 戦国編・戸部新十郎』 | トップページ | 本・絵画で読むグレコのスペイン・中丸 明 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 中国 (毛利・宇喜多他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・墨染の鎧 『安国寺恵瓊』・火坂雅志:

« 本・『剣豪血風録・津本陽』VS『日本剣豪譚 戦国編・戸部新十郎』 | トップページ | 本・絵画で読むグレコのスペイン・中丸 明 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ