« スロヴァキアのガイドさんのテレビ出演を見て!「ご苦労さんです!」 | トップページ | 映画・ローンサバイバー(DVD) »

2015年3月11日 (水)

本・居酒屋力 議論を忘れた日本人・武田 邦彦

アベノミクスによる景気回復もままならず、呑み屋から足が遠ざかったままの日本人。かつて居酒屋では、みなが社会問題に関心を持ち、見知らぬ酔客同士、政治や国際情勢について“ほろ酔い議論”を戦わせていた。この草の根の交流を復活させなければ、ニッポンはこのまま変われないのではないか。その人柄のよさと気持ちいい呑みっぷりで定評のある著者が、居酒屋コミュニケーションの必要性と愉しみを縦横に語る。

20150311_book

久しぶりの武田邦彦である。
よく読んでいる方であると思う。
堺屋太一が記述していたが、井戸端会議・床屋談義が無くなってきている。
おしゃべりはどこでもやっているようだが・・・・・・
居酒屋も最近はチェーンが多い。
個性が無くなってきている感じ。
その中での居酒屋での会話が重要だと言う。
見知らぬ人同士が喋る。
政治論議もある。

安倍政権が庶民を居酒屋から遠ざけたと言う!
再登場なので、世論操作が上手くなっている感じ。
消費税は上げる。
庶民の味方ではない・・・・・・
民主党がだらしなさ過ぎたとはいえ、凄い勢いである。
何をしても無駄と感じさせているのではないか?

昔は、日清戦争も居酒屋で論議されていたようだ。
その頃は兵役もあった。
今は無い!
何をしてよいか分からない時代になっている。
居酒屋論議が無いので、いい加減なマニフェストが出来る。
出来るわけがない事を並べる。
2014年の年末の選挙では、マニフェストとは言わなくなった。
大風呂敷を広げても一緒と言う事が分かって来た????
居酒屋で自由に喋ることが重要と言う。
見知らぬ人ともでも会話する。
その中で自由に意見を述べて、吸収できる物は吸収する!
しかし、たまに飲んだと思えば上司の愚痴や恋愛話ばかりと言うのが現状ではないか?
著者言う!
「見知らぬ酔客同士で政治や国際情勢について“ほろ酔い議論"を戦わせていた。
この草の根の交流を復活させなければ、ニッポンはこのまま変われないのではないか。」
居酒屋も金がかかる。
その為には棲み分けを考える。
安いところ!
少し高級感のあるところ!
自由に喋ることが重要と言っている。
その為の場として、居酒屋が手頃と言っていると思うが・・・・・・
誰しも著者みたいに、ニコニコして喋るわけではないが・・・・・・・

12

武田邦彦

12

« スロヴァキアのガイドさんのテレビ出演を見て!「ご苦労さんです!」 | トップページ | 映画・ローンサバイバー(DVD) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

仕事の悩み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・居酒屋力 議論を忘れた日本人・武田 邦彦:

« スロヴァキアのガイドさんのテレビ出演を見て!「ご苦労さんです!」 | トップページ | 映画・ローンサバイバー(DVD) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ