« 本・航空戦艦「伊勢」「日向」 航空巡洋艦・大内建二 | トップページ | 本・キルリスト・フレデリックフォーサイス »

2015年4月17日 (金)

本・戦国「常識・非常識」大論争!~旧説・奇説を信じる方々への最後通牒・鈴木眞哉

武田騎馬隊、鉄砲三段撃ち、「武功夜話」はウソっぱち!
論争・議論の言いっぱなし、はぐらかしは許さない。

20150417_book1

著者の本もよく読んでいる。
そこまで言っていいんかい?
読んでいて納得できる話は多い!
が良く思わない人も多い!
何冊か読んでいるので内容的にはさわりだけでも知っている話もある。
内容は下記の通りである。
12
第一章      『武功夜話』を偽書と言って悪いんですか?
第二章      司馬遼太郎先生、お言葉ですが・・・・・・
第三章      やはり<武田騎馬隊>はいませんよ!
第四章      信長が「鉄船」を造ったと気楽に主張される方々へ
第五章      「鉄砲は、やっぱり信長よね」と口癖のように言う方へ
第六章      本能寺の変にどうしても「黒幕」を登場させたい方へ
第七章      信長。秀吉の成功は「兵農分離」のお陰ですか?
12
特に印象に残るのは、司馬遼太郎である。
著者は関係者の様だが、『尻啖え孫市』がある。
完全に本当の話と思った。
長ずるにしたがっていろいろ分かって来た。
雑賀孫市は秀吉との戦いの後死んだと思っていたが、違うみたい!
司馬遼太郎が言うのであれば、真実だろうと言う観念がある。
著者の批判的な事実は辛い!
本能寺の変以外は全部司馬遼太郎が肯定している。
12
①   桶狭間の迂回奇襲説。
②   長篠の鉄砲3千丁の3段撃ち。
③   鉄船による毛利水軍への勝利。
④   革新的に鉄砲を揃えた。
⑤   兵農分離を図った。
信長の正室扱いされている、吉乃。
これも正確な名前は分かっていない様だ。
桶狭間の合戦で、今川義元の情報を届けた簗田政綱が功績第一とされた。
これも眉唾の様だが・・・・・・・
鉄船も本当に全面に鉄をはったのか?
どうもそうでは無さそう。
太平洋戦争時、軍馬を扱った経験のある山本七平が記述していた。
物資の輸送に使っていると。
馬から降りて戦っていると!
そもそも数万の馬がいたとすれば、食料・馬糞の量だけでも大変である。
チンギスハーンの軍隊は騎兵である。
草原を駆ける。
馬も予備を連れている。
大平原である。
日本とは違う!
武田の騎馬軍団の突撃も、織田軍の鉄砲3千丁の3段撃ちも無さそうである!
実に分かり易い本である!
ロマンが無くなるが・・・・・
偽書とは?
自分で書いたのであれば偽書ではない!
単にウソを書いているだけである。
人の名前をかたって書けば、偽書である。
なにか偽書と言うのが多そう・・・・・
12
徳川家康の遺訓!
「人の一生は重き荷を負うて 遠き道を行くが如し 急ぐべからず」
これも家康ではない様だ。
家臣の様だ?
現在常識とされている事を覆すのは難しい。
それで恩恵を被っている地方自治団体もある。
そう言うところは、否定的に言われると困る。
嘘を本当のように言うのはもっと困ると思うが・・・・・
本能寺の変については、読み過ぎるぐらい読んでいる。
若かりし頃は、黒幕説が大好きだった。
特に朝廷黒幕説が好きである。
今は何も信じない!
特に伝達をどうしたかかと言う事である。
現在のように瞬時に情報は伝わらない。
書状など残れば後々問題になる。(もっとも直ぐに焼き捨てられていると思うが・・・・)
誰が運ぶのか?
例えば鞆にいる義昭にどうやって連絡するのか?
本物かどうか分かるのか?
暗号でもあるのか?
ましてや海外とどうやって連絡が取れるのか?
出先の機関が勝手にやるのか?
マア、陰謀説は成り立たないと思った方が賢い!
著者言う・・・・・・
12
①   動機には触れても、黒幕が光秀と接触した説明が無い。(証拠もない)
②   機密漏えいの対策は?
③   重臣たちへの説得は?兵には?
④   黒幕は実際、変の前後に光秀を支援していない。
⑤   裏付け証拠が無い。
良く言われる上杉への決意の書状!
著者にけんもほろろに否定されている。
ここら辺は、悪い頭の二郎でも分かる!
兵農分離についても、やはり信長がやったと思っていた。
良く言う、銭で雇った兵!
がどうもそうでも無さそう。
何でも革新的な事は信長がやった???
信長主義者、信長中毒、信長教徒!
そう言う人が沢山いる!
著者が面白い事を記述している。
著者が批判されているが、相手は大先生もいる。
要は、相手にしたくない様だ!
著者を格下と見て!
面白い本でした!
12
鈴木眞哉
12
12

« 本・航空戦艦「伊勢」「日向」 航空巡洋艦・大内建二 | トップページ | 本・キルリスト・フレデリックフォーサイス »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 本・航空戦艦「伊勢」「日向」 航空巡洋艦・大内建二 | トップページ | 本・キルリスト・フレデリックフォーサイス »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ