« 宴は終わった、ベイシティローラーズ、レスリー来日(2015年4月)・・・・・・・ | トップページ | 維新 上西小百合の疑惑について!民主に自民、まだまだ出そうである・・・・・・・ »

2015年4月 5日 (日)

本・吹けば飛ぶよな日本経済 破綻後の新しい国をつくる・藤巻健史

日銀が国債購入をやめたら大暴落ハイパーインフレは避けられない!国の借金1030兆円、私たちは歴史的な経済敗戦を迎える―日本大復活に、あの手この手の施策あり。

20150405_book1

先に「日銀失墜、円暴落の危機」を読んでいる。
内容的は同じものである。
が読めば読むほど情けなくなる。
著者は国会議員である。
官・民と分ければ民出身である。
それだけに生き馬の目を抜く世界に身を置いていた。
どっぷりと保護されている、官僚・学者とは違う。
伝説のディーラーと呼ばれたのは、勝ち続けたからである。
負ければただのおっさんである。

著者の持論。
円安!!
ドルは基軸通貨である!!
日本は社会主義国家である!!

追加緩和の激論、賛成5で反対4.
賛成は日銀総裁と副総裁と学者と言う。
反対は民間出身という!
著者言う、素人が国を運営する怖さと言う!

円安のメリットを分かり易く解説してくれる。
分かり易い!
バランスを考えて、1ドル200円と言う数字を出している。
日本のAV機器が韓国に負けたのも、尽きるところは円高であると言う。
中国は日本を見ているのでアメリカの人民元切り上げの要求に従わない。
適当にお茶を濁しているようだ!
今は1ドル120円だが、200円になればもっと日本に回帰すると言う!
そうあって欲しい!
円安になれば観光産業も栄える。
ユーロ前は、観光客が安いギリシャに来てくれたようだ。
地方再生も円安になれば出来ると、具体的に記述されている。
細かい事まで国が口を出す必要はなさそうである。

農業問題も、セーフガードではなく、円安を誘導すべきと言う。
その適度な円安を誘導するのが政治なのか???

著者はよく言っているが、日本の企業は儲けていない。
社長の給料ももっと貰っても良いと言う。
変に格差社会と言われている。
日本は格差が無いとも言われる。
厚く保護されている。
社会主義国家と言う!
社会主義政策でいくら働いても同じでは、適当にしか働かない。
ソ連等失敗している。
レーニンかマルクスが今の日本を見れば、社会主義が根付いていると言うだろう、とは何かで読んだ!

読んでいて救いがない感じがした!
平気で1千兆円を超える借金
景気回復がすべてを解決するというウソ
円高を放置した責任は?
円高とは「デフレそのもの」である。
著者は「異次元の量的緩和」を「明日は野となれ山となれ」政策と言う。
ハイパーインフレ一直線である。
いずれ破綻する。
責任は誰にあるのか?
政治家が言う!
「我々皆である」絶対に言いそうである。
ハードランディング後をどうするか?
真の資本主義になる事と言う。
財産を失うのは、中高年と言う。
若者は貯蓄もない。
皆が平等に貧乏になる愚は避けたい。
やはり競争である

青色LED中村教授の話もある。
極端であるが、報酬が最初2万円とは会社も舐めている!
著者は、稼いだ時は会長並のボーナスを貰っていたようだ。
見返りのある社会は必要である。
何でも大企業儲け過ぎと言うのは間違いではないか?
やはりトヨタは儲けるだけあって努力している!!!!!
知り合いに若い女性がいる。
豊田市に出稼ぎに行ったようだ。当然水商売である。
豊田市は面白みがない。夜も早い。と言う話を聞いた。
そこで思い出したのは、夜遅くまで飲まれると次の日の仕事に差し支えるので、夜は早い話だ。
これも飲み屋街は従っているようだ。
それだけ努力している???

年金支給開始「80歳」と言うのは暴論か?
少子化が避けれないなら、少子化にあわせた社会をつくる。
相続税の話がある。
日本は取ろうとするが、中国・オーストラリア・カナダ・スイスは無い。
オーストラリアの話。
「親が死んで悲しい時は一番悲しい時である。その時に相続税の追い打ちをかけるのは、非人道的である」
面白い!
著者言う、相続税は減らすべきだと。結果平等税と言う。
たしかに働く意欲を失いかねない!

著者の皮肉がある。
日本人は、大したメリットがなくても非課税に飛び付く!
吾輩にも当てはまる(泣きたい・・・・・・・)
最後に、個人的な話であるが、著者がハイパーインフレに備える金融商品を勧めている。
この中に、「日本国債ブルファンド」があった。
実はお勧めのブルベアファンドでは無いが、少し儲けさせて貰った!
サア、銀行と証券会社を呼びつけて、この本の話をしようと思う!
迷惑かも知れないが、著者のファンである。
ついでに言うと、橋下徹も応援している!
関係無いか?

12

吹けば飛ぶよな日本経済 破綻後の新しい国をつくる・藤巻健史

12

« 宴は終わった、ベイシティローラーズ、レスリー来日(2015年4月)・・・・・・・ | トップページ | 維新 上西小百合の疑惑について!民主に自民、まだまだ出そうである・・・・・・・ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

金融」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 宴は終わった、ベイシティローラーズ、レスリー来日(2015年4月)・・・・・・・ | トップページ | 維新 上西小百合の疑惑について!民主に自民、まだまだ出そうである・・・・・・・ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ