« 2015年ベルギー六日目④ ブリューゲル街道 ガースベーク城 ① | トップページ | 2015年ベルギー六日目⑥ ブリューゲル街道 ガースベーク城入口で昼食 »

2015年6月27日 (土)

2015年ベルギー六日目⑤ ブリューゲル街道 ガースベーク城の中

ガースベーク城の中を見学した。

20150621_chatau2_10

時代で城主のカラーが違う。いろいろと変わっていったそうだ。
もとはブリュッセルを治めていたブラバン公の館として建てられた。
15世紀から16世紀にはオルヌ伯、エグモン伯城主時代、19世紀後半、最後の城主となったマルキース・アルコナティ・ヴィスコンティが代表的な城主とされている。

20150621_chatau2_11

エグモント、ゲーテの戯曲にベートヴェンが曲をつけた。城主のエグモント伯がモデルになっている。

20150621_chatau2_12

エグモント伯はグランプラスで斬首刑になる。
エグモント伯爵夫人はこの部屋で夫の遺体を待っていたそうだ。

20150621_chatau2_14

場内は現代アートの展示もあって、楽しめる。

20150621_chatau2_15

子供が遊べる部屋もある。

20150621_chatau2_13

最後は女性領主だったので、女性らしいの展示も多い。
華やか時代の面影がある。

20150621_chatau2_21

マルキース・アルコナティ・ヴィスコンティはフランス人。
夫が亡くなってから城を自分好みに改装していったそうだ。

20150621_chatau2_16

男装が好きだった。
衣裳部屋には男性用の服もあった。

20150621_chatau2_17

ナポレオンの帽子、自由にかぶれる。

2015年 ベルギー旅行の目次に戻る

« 2015年ベルギー六日目④ ブリューゲル街道 ガースベーク城 ① | トップページ | 2015年ベルギー六日目⑥ ブリューゲル街道 ガースベーク城入口で昼食 »

旅行・地域」カテゴリの記事

ベルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2015年ベルギー六日目④ ブリューゲル街道 ガースベーク城 ① | トップページ | 2015年ベルギー六日目⑥ ブリューゲル街道 ガースベーク城入口で昼食 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ