« 本・新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方③(中国・朝鮮半島)・池上彰  佐藤優 | トップページ | 本・中国の歴史・岡田英弘 »

2015年8月19日 (水)

本・新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方④(アメリカ)・池上彰  佐藤優

オバマ大統領に言及している。
頭が良すぎて、いろいろ考えるので決断に時間がかかる。
ブッシュは単純で即決できた。
人種問題が浮上してきている。
黒人の射殺事件がある。
アメリカの現状を知らないので何とも言えないが、撃つ方も撃たれる方も考えないのか?
『李下に冠を正さず』 と言うことわざがある。
たとえ君主といえども、李の木の下で冠を直したりするな!
疑われることをするな!
双方に問題があると思うが・・・・・・

相続がある。
平等な相続は、フランスのパリ盆地と地中海沿岸のヨーロッパと言う。
アングロサクソン・アメリカは遺言書、日本は長子相続である。
要は平等でない。
人種差別も同じようだ。誰かが差異の役割を引き受ける。
黒人差別は最後まで残ると!
アメリカは100万世帯が公立の学校で教育を受けない。
進化論があるからと言う。
ヒスパニック系が増えている。
カトリックである。
それよりイスラムが増えている。
アメリカで生まれ育った黒人が、本当に神の下で平等なのはイスラム教だと考えて、改宗する動きがあると言う。
世界各地であると思うが・・・・・

モスクに行けば食べるものはある。
イスラム教は神と直結している。
最後に「インシャラー」と挨拶されたら、約束を守ってもらえるかどうか分からないと言う。
意味は、「アッラーが望むなら」と言う意味のようだ!
かなりいい加減と思うが・・・・・・・
約束を守って貰えなければ、アッラーが望まないから・・・・・・

そうなると次期大統領は誰がなるのか?
ヒスパニック?女性?
副大統領候補は?

両著者の情報収集が記述されている。
それぐらい新聞も本も読まなければあれだけの知識、時事は習得できない。

最後に恐ろしいことを言っている。
ウクライナ問題も殺し足りないと!
殺しすぎれば止めようと思う。
その人数が何人なのか?
一人で済む場合もある・・・・・・
国際情勢が良く分かる本である・・・・・

12

新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方④(アメリカ)・池上彰  佐藤優

12

« 本・新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方③(中国・朝鮮半島)・池上彰  佐藤優 | トップページ | 本・中国の歴史・岡田英弘 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 本・新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方③(中国・朝鮮半島)・池上彰  佐藤優 | トップページ | 本・中国の歴史・岡田英弘 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ