« 第17回司馬遼太郎メモリアル・デー 姫路キャスパホール | トップページ | 映画・『BORUTO-NARUTO THE MOVIE-』 »

2015年8月 9日 (日)

映画・日本の一番長い日

日本の一番長い日
この映画、旧作は映画館で観ている。カラーでは無く白黒だった。
凄い迫力があった。
三船敏郎が好演している。
今回リメイクされている。戦後70周年である。

20150808_film1

これは観なくてはならない!
日本映画界は、役所広司しかいないのか?
昔の東宝映画で、山本五十六を演じていたのが三船敏郎。
役所広司も山本五十六を演じている。
役所広司ももはや大俳優である!!
阿南惟幾陸軍大臣も三船敏郎と役所広司である。
昭和天皇を本木雅弘が演じている。
長い出演である。
本人は天皇を演じることにためらいもあったようだが・・・・・・・

阿南惟幾陸軍大臣  三船敏郎、 役所広司
鈴木貫太郎首相   笠智衆、  山崎勉
畑中少尉      黒沢利男、 松坂桃李
米内光政海軍大臣  山村聡、  中村育二
昭和天皇      松本幸四郎、本木雅弘

日本の一番長い日の決定版とある。
半藤一利も忙しい。

中国で大使館に逃げ込んで来た北朝鮮家族を追い返せと指示したのは阿南惟茂!
阿南惟幾の息子である。
親父は切らなくても良い腹を切って、責任を取った??
息子は切らなければならない腹も切らずに居直っている??
この映画で家族の場面があった。
一番小さい子供がそうなんだろう・・・・・・・

旧作は東宝オールスターである。
黒沢利男・佐藤允・中丸忠雄らが出演していた。
特に黒沢利男が熱演だった!
今回は軍師官兵衛の長政役の松坂桃李が演じる。

20150808_film3

映画は4月から始まる。
鈴木貫太郎首相に組閣の命が下る。
固辞するが、他に人がいないと天皇に頼まれる???
問題は陸軍である。
はっきり言えば戦争遂行を考えない内閣には大臣を出さないと!
天皇の信頼の厚い阿南惟幾に大命が下る。
陸軍はまだ600万の兵がいると豪語している!
本土決戦を望む。
この当時は海軍は壊滅状態である。
陸海一体化!
陸軍が主導権を握ろうとするが、海軍は納得しない。
海軍が主体なら考える。
これで良く戦争をやっていると思うが・・・・・・

面白い話があった。
兵を無駄に死なせて問題ないのは、乃木希典と阿南惟幾と言う。
1万5千の兵を投入して全滅みたいな話をしていた。
2000万特攻に出せば勝てると!
もう狂っているとしか思えない。
陸軍も600万の軍隊が残っている。これに2000万特攻に出す。
だいたい当時の日本の人口は7260万と言う。
えらい軍人が多い!!
何人殺したら気が済むのかと言いたくなる!
何を考えているのか!

20150808_film4

ポツダム宣言をどうするのか??
旧作では黙殺となっている。
この黙殺の意味が問題になった。
今回はそう言う問題は無かった。

が、陸軍は国体保護と日本による武装解除にこだわる!
本土決戦をやってから講和だと!
勝てるつもりでいる・・・・・
今までは島の奪い合いである。
陸軍が大兵力を投入できる関東平野なら勝てると??

中国大陸での戦争も長引いている。
ここは大兵力を投入できるが、どこにその兵力があったのか?

聖断である。
ポツダム宣言を受ける。
ここで阿南陸軍大臣が踏ん張る。
戦局好転せず!
それを入れようとする。
負けを認める米内海軍大臣と対立する。
米内大臣は一時海軍省に戻る。
戻ってから戦局好転せずに変わる。
海軍も色々な意見がある。そうしなければ納まらなかったんだろう・・・・・
(この場面は山村聡が良かった。海軍省から帰って来た時疲れきっている!)

20150808_film5

陸軍の若手将校たちがクーデターを起そうとする。
戦争遂行である。国体の保護の為には何人死んでも構わない。
そこまで思ったのかどうかは分からないが、天皇を変えても良いとも思っている!
近衛軍団、東部方面軍等騙して決起に走る。命令書を偽造する。
移動は自転車で行く。暑いだろう・・・・・
今みたいに携帯なんかない。
電話も不通になる場合が多いのだろう・・・・・

軍師官兵衛の出演者がこの映画にも登場している。
榊原康正  米内光政 中村育二
安国寺恵瓊 安井藤治 山路和弘
黒田長政  畑中少佐 松坂桃李 
安井藤治は阿南陸軍大臣に言う。
『聖断』しかないと!

陸軍の若手将校が動き、緊迫した状況になる。
命令があれば動こうとする軍人もいる。
あくまで命令書がある事が前提である・・・・・・
騙していることが分かり、目的の為には上官をも射殺する。
退路は断っている。
が、命令がおかしい事に気付き始める。
録音放送のテープの奪い合いになる!
奪えず畑中少佐は放送局で自らのマイクの前で喋る。
放送されていないが・・・・・

終戦の日に阿南陸軍大臣は腹を切る!
介錯無しで切ったと言う。
自らが腹を切る事で終戦の混乱を収める!
井田陸軍中佐がお供を申し出るが断られる。

20150808_film2

(後で本を読んだので知っているが、妻に切腹するので次の日死体を引きとに来い!
実際は止められ死ねなかった。妻が父と死体を引き取りに来て生きているのを見て
泣いたと言う!)
クーデターの首謀者たちは自決する!
阿南陸軍大臣の奥さんが自決した大臣のところに来ている。
次男戦死の状況が分かったので報告に来ている。
予感がしたのだろう。
夜を徹して歩いて来た。
(これは本当の話なのか???)

日本の一番長い日が終わった・・・・・・

« 第17回司馬遼太郎メモリアル・デー 姫路キャスパホール | トップページ | 映画・『BORUTO-NARUTO THE MOVIE-』 »

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

山本五十六」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画・日本の一番長い日:

« 第17回司馬遼太郎メモリアル・デー 姫路キャスパホール | トップページ | 映画・『BORUTO-NARUTO THE MOVIE-』 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ