« ゲーム・オブ・スローンズ5を観終わって!(シーズン6に向けて!) | トップページ | 映画・ヒトラー 〜最期の12日間〜(2004年)DVD »

2015年11月 8日 (日)

本・悪韓論 (2013/4)室谷 克実

勤勉で高学歴な国民、急成長する経済力、世界に冠たる技術力―すべては、貧しき内実を華やかな外見で糊塗する隣国の悪しきまやかしだった。
李王朝時代から続く凄まじい差別意識、異様なまでの学歴崇拝、熟練工も育たない歪んだ技術蔑視。それが彼らの真の姿である。
冷厳な眼で韓国を捉えてきた論客が、韓国メディア自身が図らずも報じていた「外華内貧」の実態を見ながら、その底流にある思考、行動、風習に迫る。

20151108_book1

著者はブラックリストに載っているだろう。
韓国の空港で、入国を拒否されるのでないと思うが・・・・・・・・
自分で見たことを記述している。
韓流ドラマがある。
はまっている日本のおばさん達がいる。
韓国にまで行っている。
チョッとおかしんちゃうかと思っていた!!
韓流ブームが、韓国政府の補助金によりドラマを安価で輸出するシステムに基づく、
国営の対外PRの一手段であると!
自慢ではないが、韓流ドラマは見たことが無い。
はまっている知り合いもいるが・・・・・・・
ますます見たくなくなる!

韓国は反日では国民はまとまるようだ。
しかし大統領が、任期後逮捕される国である。
サムスンには、判決が下ったその日に恩赦が与えられる国である。
賄賂は当たり前と言う記事だらけである。
一つ分からないことがあった。(頭が悪いのか!)
日本人で韓国で歯科に行った。
通訳で韓国の人を連れて行ったが、健康保険をその韓国人のを使って欲しい。
本人は得した気になる。何かからくりがあるのだろう!

韓国は儒教の国と言う。
それは怪しそうである。
上手く利用している。
儒教について調べてみた。
(儒教は、古くは春秋戦国時代にいた、孔子が理想とする、中国古代王国「周」の理想天子の政治(為政者は仁、礼、徳を持って治め、伝統を守り秩序ある暮らしを行う)に戻すことを目的に、そのための思想と方策を説いたもののようだ。
基本は過去をお手本に人格を完成し、倫理観に優れた社会を形成しようという考え方。
為政者や上位者に対しても、心構え(仁:他者への親愛の情)、礼儀作法、修めるべき徳があり、特に最上位の者は、先人を見習い、先人の徳を積むと言う、尊王的な思想のようだ)
 

日本の韓流ファンのおばさん達は、韓国が儒教の国と言って誉める。
この本を読めば何のことかと思ってしまう!
賄賂は当たり前!
歪なのか、正常なのかは分からないが、韓国の財閥の支配がある。
これが異常と言われているが、読んでいて改めて驚いた。
学歴偏重。
ゴマすりに、悪口はあるのだろう。
他人を蹴落としても出世しなければならない。
かってはサムソン1社の利益に、日本メーカー8社が束になってもかなわない。
そういう時期があった。
この当時は、韓国を見習えと言われていた・・・・・・・・
現在はそうでもなさそうである。
アベノミクスは韓国潰しなのか??
そのサムスンにしても陰りがみられる。
事故を並べてみる。この本が出版されてからの事故である。
韓国フェリー転覆事故・地下鉄衝突事故・仁川中央病院火災・7階建てビル倒壊・
バスターミナル火災・高齢者病院火災とかが並ぶ!
道路の陥没もあった。

これらの事故も人為的なミスが多い。
ミスと言うより最初からエエ加減にやっている。
日本も人の事は言えない。
旭化成建材の傾斜の問題がある。
我が身を振り返れと言われても仕方がないが・・・・・・

韓国の戦闘機がある。
整備出来ずに、部品の使いまわしをしている記事がある。
アメリカが不信感を持っている。
(時期購入戦闘機のメンテを日本でやるのが嫌で、アメリカ本土まで行く)
この本を読んでいると同じような例がある。
高速鉄道の事故。
原発問題。
技術軽視で熟練工が育たないようだ。
原発も、日本もエエ加減なところがあったが、韓国の方が問題では??
日本の反原発の話もある。
韓国中国は原発を商売にしている。
日本は中東で負けたが、謙虚に負けを認めなければならない。
が内情は相当無理している。
日本が反原発に進めば、間違いなく技術者が中韓に引き抜かれる。
それは中西輝政も言っていたと思う。
テレビ程度では良いが、原発となると問題である。
なんせ韓国は、大国・強国である。
「貿易大国」「製造業強国」「世界五大化学強国」「二次電池強国」「幹細胞強国」
「キリスト教宣教大国」「帝王切開大国」「堕胎天国」「喫煙大国」・・・・・・・・

「デザイン大国」「貯蓄大国」「自動車大国」とあるが実情は下記の通りである。
「パクリ大国」「借金大国」「自動車組み立て大国」になる。
「グリーン強国」?????????
環境に考慮している????
「電気自動車四大強国」「3D強国」「産業強国」「太陽光強国」「海外ボランティア強国」
「宇宙大国」「児童輸出大国」

言う方も言う方であると思うが・・・・・・
「就職浪人大国」「詐欺大国に訴訟大国」「恩赦大国」「売買春天国」・・・・・・・

読んでいると、どんな国かと思うが・・・・・・
記述されている事は事実であろう。
まとめ過ぎている??
売春の話がある。
もっとも新羅の時代から、献女している???
世界に出かけている。
言い訳は同じようだ。
こう言う売春婦が集まれば、ホストクラブが出来る。同国人である。
記事は事実であると思うが、これだけ並べられると笑ってしまう。
訴訟大国でありながら、竹島帰属については裁判に乗らない。
負ける勝負はしない!!
我が家は韓国製の製品は無い。
韓流ドラマも見ない。
別に反韓ではないが・・・・・・・
海外に行けは、パネル・テレビ・自動車・エアコンが何処製かは気になる。
テレビ・パネル・スマートフォンのショップを見ると、サムスン恐るべしである!

著者の本は2冊目である。
まだ続きを買っているので読みたい。
色々圧力もあるだろう・・・・・・・
変な親朝鮮半島議員が多い国である。
国賊と言う人も多いようだ。
頑張れと言いたい!!

« ゲーム・オブ・スローンズ5を観終わって!(シーズン6に向けて!) | トップページ | 映画・ヒトラー 〜最期の12日間〜(2004年)DVD »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朝鮮半島」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・悪韓論 (2013/4)室谷 克実:

« ゲーム・オブ・スローンズ5を観終わって!(シーズン6に向けて!) | トップページ | 映画・ヒトラー 〜最期の12日間〜(2004年)DVD »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ