« 本・インテリジェンスの最強テキスト(2015/9)手嶋 龍一・佐藤 優 | トップページ | 本・この国を動かす者へ(2010/3) ・佐藤優 »

2016年1月16日 (土)

本・わが「軍師」論―後藤田正晴から鳩山由紀夫ブレーンまで(2010/5)・佐々 淳行

古今東西、国家を率いるトップリーダーには、必ず「軍師」が控えていた。日本でも、安岡正篤師や後藤田正晴氏などが歴代首相を支えてきた。しかし、「軍師」なき今、1年前後で「首相交代」になる軽量内閣ばかり。元「軍師」でもある著者が、憂国の情をもって「軍師なき日本に明日はない」と強く訴える

20160115_book2

著者の本はよく読む。
参考にしているところがある。と言っても実践で来ているかどうかは分からない!
「軍師」
と言うよりいかに能力のあるブレーンが必要かと言う事と思う。
最初が鳩山由紀夫である。
これほど期待させて何もしなくて、混乱だけ招いた首相もいない。
身体をはってかばってくれる人が必要である。
ルーズベルト大統領、ハリーホプキンスを重要視した。
何故かと言われて答えたようだ。
大統領室に入ってくる人間は、誰もが何か持って帰ろうとする。
その中で何も求めずに忠実に仕えるホプキンスは何物にも代えがたいと!
病気で生と死の間をさまよった。
それ以降欲と言うものに無縁になったようだ。
こう言う部下がいれば強い!!

そう言う中で鳩山由紀夫である。
お坊ちゃまんだろう………
日本は血に対する信仰がある。
だから変に期待する!!
鳩山内閣は「鵺のような異形の内閣」
優先順位を決めるのは、リーダーの決断と言う。
言葉の軽さ!無神経さ!
「いのちを守りたい」
いのちを24回絶叫した!!
軍師を三顧の礼を持って迎えるべきだった。
思えばまともな補佐官はいなかったのではないか………
管直人、仙石由人、福島瑞穂、亀井静香、輿石東、湯浅誠、平田オリザ………
よく分からない!
誰も鳩山を守ろうとしない!
宇宙人、ルーピー!!!

石原慎太郎の都知事選がある。
著者は選挙参謀を務めた。
面白い話が一杯ある。
石原都知事の人間性も分かる。
尖閣の映像の流出。愛国者と言ったのは石原慎太郎!
これは石原慎太郎しか言えない。
殉職した警官の弔問にも行っている。
狭い家にも構わず行ったようだ。

著者は後藤田正晴を崇拝している??
これもいろんな例が記述されている。
貴重な軍師的存在だったんだろう。
危機管理の問題がある。
著者は専門と言うより、危機管理に詳しい。
その本もある。
実際に担当した事例も多い。浅間山荘もそうである。
民主党政権になってからお呼びが無い。
東北の震災も管直人でなければ思うが………
阪神は村山富市である。最悪だったと思うが………

ミサイル迎撃システムの予算を削った主婦感覚の大臣!
中国に対しては、強硬論である!
負けてはいない。
朝貢国では無い。
自虐的になる必要はない。
日中は「同文同種」では無い。
①   神功皇后の三韓征伐
②   元寇
③   秀吉の朝鮮侵攻
④   日清戦争
⑤   満州事変
⑥   蒋介石軍の日本軍事占領
⑦   国交正常化までの20年

日本は中国・韓国・ロシアと同盟国であった事は無い。
現在の状態が異常であるようだ。

普通の国にならなければならないと言う。
差別用語がある。タブーが多い。禁止放送用語も多い。
行き過ぎた人権!!!
片手落ちと言ってはいけないようだ!片手が差別になる。
同和の話もある。田中康夫長野県知事は同和対策費を止めた。
みんな触れたくない!
日教組と言うか教師の話もある。メチャメチャじゃないかと思うが………
裁判の弁護団!
弁護士にはなりたくないと思った。
光の母子殺害の弁護団。ドラえもんまで登場した。
考えただけでおかしいと思う。
それに対して何も言えない、避けて通る方がおかしい世の中にしていると!

自衛隊、警察も権力の手先と思っている人が多い。
国の為に死んだ英霊を弔うのは当たり前!
どっかの国とは違うのである。
いつまでも舐められてはいけない。
これについては小沢一郎の中国大訪問団がある。
天皇との会見の問題もある。
現在も日韓の首脳会談が出来ない。
その中で嬉しそうに出かける社会党党首。暇なんだろう・・・・・・・
国内でする事が無い。
議席は何議席あるのか???
岡田民主党党首、二階自民党フィクサー?
権限も無いのに何をしに行ったのか?
俺だったら会見できる事を自慢したいのか??
江沢民の銅像を建てようとしていたが、本気なのか??

第一次安倍内閣は軍師がいない。
お友達内閣と言う!
今の内閣はどう思っているのか??
櫻井よしこ、佐藤優といい、同じような内容の本は多い。
久しぶりの著者の本だったが、面白い本である!!

12

わが「軍師」論―後藤田正晴から鳩山由紀夫ブレーンまで・佐々淳行

12

« 本・インテリジェンスの最強テキスト(2015/9)手嶋 龍一・佐藤 優 | トップページ | 本・この国を動かす者へ(2010/3) ・佐藤優 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 本・インテリジェンスの最強テキスト(2015/9)手嶋 龍一・佐藤 優 | トップページ | 本・この国を動かす者へ(2010/3) ・佐藤優 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ