« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月30日 (月)

「ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風」5月30日 エピソード6

ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風 エピソード6
面白い展開である。
今回はジョン・スノウは出て来ない。
サンサもだ。ヴァリスとティリスの凸凹もだ!
アリア、サム、ブランもである。
珍しくと言うか、とうとうウォルダー・フレイが出て来た。
しばらくぶりである。
ロブが殺されてから初めてではないか?
そう言えば裏切った部下がいたが、どうなっているのか?
虐殺に生き残ったエドミュアがいるが、可哀想である。

20160530_game_of_th_1

ドラマはまるまる前作からの続きである。
ブロンが逃げる。
助けが現れる。一人だが………
サァ誰でしょう??
ここは何となく想像した人間が当たった!
叔父ベンジェンである。
これでジョン・スノウ、サンサ、ブロンがまとまる可能性が出て来た!
希望が出て来た!

サムは故郷に帰る。
野人の女を自分の妻とし、子供も自分の子供とする。
母に妹はやさしく迎えてくれる。
父と弟が問題である。
激しく攻められる!
自分は知識の城でメイスターになり、スノウを助けに戻る気である。
ジルと子を故郷に預けようとするが、父の敵意にさらされて思いとどまり、500年物の家に伝わる宝剣を盗んで逃げだす。
こんなところにジルと子供を置いていけない。

七神正教とラニスター家との争いは宗教と王権の争いである。
ラニスター家VS七神正教は今回は、七神正教が勝った。
幼い王は七神正教に丸め込まれている。
本人は自覚していないが………
ジェレミーも我が息子ながら情けないと思っている!
ラニスター家はタイウィン・ラニスターが息子に殺されている。
これが弱体化になるとリトル・フィンガーは読んで離れてい行っている。
となればジェレミーも指導力は無いと思われている。
宗教と王が結びついている。
この戦いは凄惨なものになる!
期待しているが………

20160530_game_of_th_2

ジェレミーが面白い事を言っていた。
ブロンに高額の金を支払い傭兵を集めると!
ブロンが出てきそうである!

アリアは暗殺者の道を歩む。
劇団が来て、ジェフリー王暗殺の場面を演じている。
これをアリアは見ている。
髪型が可愛らしい!主演女優を殺そうとする。
が出来なそうである。
暗殺をしようとして、酒ビンに毒を入れている。
飲む前に、アリア自身がグラスを叩き壊す。
これを見てアリアの教育係りの女性が喜ぶ。
暗殺命令に背いた事を目撃し、アリアを殺す許可をジャクェン・フ=ガーから得る。
この二人の争いは、次回に決着がつく。
と信じよう!
アリアを殺したくてうずうずしている。
アリアも待ち構えている感じがするが………

20160530_game_of_th_5

このドラマの主役はやはりデナーリス・ターガリエンなのか?
ドスラク人10万の兵を掴んでいる。
炎の中からドラゴンと蘇り、はたまた神殿で族長たちを焼き殺し炎の中から姿を現す!
そして今また、ドラゴンの背中に乗りドスラク人の前に現われる。
ドスラク人は興奮のるつぼである!
この王に付いて行けば大丈夫である!
デナーリス・ターガリエンは海を隔てた東の大陸エッソスにいる。
内乱が続くウェスタロス大陸に馬に乗るドスラク人が、攻め込むには船が1000隻いる。
誰も持っていない!
シオン・グレイジョイの出番か??
前回で鉄諸島の王になった叔父が、デナーリス・ターガリエンを物にすると!
デナーリス・ターガリエンにも選ぶ権利はある??
とりあえず船は盗んだとは言え持っている。

20160530_game_of_th_4

デナーリス・ターガリエンは忠実な家臣はいるのか??
穢れ無き軍団!
通訳の女性!
凸凹コンビはどう動くか分からない!
ジョラー・モーモントに、ダーリオ・ナハーリスがいる。
ダーリオ・ナハーリスには忠実な部下はいるのか?
ジョラー・モーモントも個人でデナーリスに仕えている。
デナーリスは、一挙に攻め込むのか?
その時、凸凹コンビはどう動くか?
いよいよ、ホワイトウオーカーとドスラク人の戦いか???
デナーリス・ターガリエンとジョン・スノウの同盟なるか?
ますます楽しみになっています!!

20160530_game_of_th_3

2016年5月29日 (日)

映画・エンド・オブ・キングダム

エンド・オブ・キングダムを観た。
エンド・オブ・ホワイトハウスの続編である。
どちらもやたらと人が死ぬ。
敵味方に関係なく死ぬ。殺しすぎと思うが………
映画の冒頭の場面がある。
前作ではボクシングをしている。
この作品はジョギングである。
どちらにしても大統領は身体を鍛えている。
日本の首相はどうなんだろうかと思ってしまったが………

20160529_film1

武器商人、テロリストの家族がいる。
父がトップである。
娘の結婚式がある。
息子が情報提供者と思うが、もう役に立たないので始末している。
父にその家族の事を言われる。
強烈な皮肉である。
これをアメリカは、ドローン?、無人機で攻撃する!
一挙に建物が爆発する。
全員死んだのかと思ったが、違った!

2年後、イギリス首相が手術の経過が悪く死ぬ!
麻酔が原因と言うが解剖までやっていない!
ここで何となくおかしいと思う!罠ではないかと?
その中での国葬である!
各国首脳が来る。
ロシア大統領は来ない!
多分中国もか?
しかしこの間の中国の訪英では大判ふるまいをしている!

20160529_film4

前作から同じ出演者がいる。
ホワイトハウス関係者は引き続きである。
ジェラルド・バトラー   マイク・バニング  シークレット・サービス
アーロン・エッカート   ベンジャミン・アッシャー アメリカ大統領
モーガン・フリーマン   トランブル アメリカ副大統領
アンジェラ・バセット   リン・ジェイコブス 長官

モーガン・フリーマンは下院議長から副大統領に出世である。
大統領は6年目と言う。
と言う事は、2年前の選挙で副大統領候補になった?
ジェラルド・バトラーは退職を考えている。
子供も出来る予定の中での出来事である。
行かない訳にはいかない!

各国首脳が集まる。
厳重な警戒のロンドンである!
テロリストは2年をかけて計画している。
あらゆるところにテロリストをもぐりこませている。

アメリカ大統領は時間通りに行かない。
それが大統領を助けている。
各国首脳が殺される。
ドイツ首相は、赤い近衛兵の銃撃により殺される。
カナダ首相は、車の中で殺される。
日本の首相は、橋を爆破されて車ごと川に落とされて殺される。
フランス大統領は、船にいたが、近づいて来た船が爆破され船ごと爆殺される。
イタリア首相は、多分夫人と思うが建物ごと爆破される。
ロンドンの街と、歴史的建造物は破壊される。
エンド・オブ・ロンドンである!

20160529_film2

イギリス首相と大統領は助かる。
警官も入れ替わっていると言うか、テロリストである。
オートバイ・車で襲撃してくる。敵味方が分からない!
大統領はヘリに向かう!それでエアホースワンまで行く。
ワシントンに避難出来る!
ヘリは3台ある。どれに大統領が乗っているか分からないようにしている
それも屋上のテロリストにステンガーで攻撃される。
そこら中にテロリストがいる。
フレア、囮を撒くが無くなり、1台はかばって撃墜される。
大統領のヘリコプターも撃墜されるが二人は助かる。
リン長官は死ぬ。

テロリストの父が副大統領に連絡してくる。
これだけの計画である。
何かミスしているはずだと!
実際していたようだ………
ITと言うかなんでも入り込めて操作出来る感じである。

信頼出来る隠れ場、MI6の隠れ場に行く。
やっと落ち着く。
裏切り者がいる!
誰かは分からない!
この隠れ場に応援が来るが、敵か味方か分からない。
敵と見破り銃撃戦が始まる。
何人死んでいるのかと思う!
車で逃げるが結局大統領は捕まる。
公開処刑する気でいる!
時間との戦いでもある。
SASが協力する。
軍は間に合わない。
攻撃するが、ハチャメチャである!
処刑を全世界に放映しようとしている。
半月刀がある?
マァ観ていてドキドキである!
展開が速い!
テロリストも全勢力を継ぎ込んでいる!
息子たちもロンドンに来ている!

20160529_film5

これだけの撮影を良くしたものだと思う!
ロンドン壊滅である。
ジェラルド・バトラーが、いい演技をしている。
大統領、副大統領と3人がピッタリである。
続編を制作しないかな?
エンド・オフ・東京?????

裏切り者は最後に分かる。
始末するのは誰か?
最後に副大統領がテロリストに連絡する。
面白い映画でした!

エンド・オブ・キングダムの公式サイト

ゲーム・オブ・スローンズ リトルフィンガーはエイダン・ギレンが演じる(メイズランナー2にも出演!)

リトル・フィンガーはエイダン・ギレンが演じる
先日メイズランナー2を観た。
これにもゲーム・オブ・スローンズに登場する役者が何人かいる。

リトル・フィンガー役のエイダン・ギレンである。
アイルランド出身である。
メイズランナー2は、DVDで日本語で見たが、同じ声優である。
声優も苦労が絶えないのではないか?
しかし声と役柄が合っている。ピッタリである!
どちらも絶対に殺されると思う!

20160529_acter

ゲーム・オブ・スローンズは銃器が出て来ていない。
弓と剣である!
攻城砲はあるのか??
銃器が出て来ないと言う事は、剣を使えなければ直ぐに殺される。
リトル・フィンガーが剣を使えるとは思わない!
テリオンに対するブロン。
アリアの護衛とかの強い補佐役が必要である。
サンサにはブラニエーが付いている。
今まで見ていると、護衛と言うか腹心の配下も居ない様である。
それで情報をつかんでいるのだろう………
最初は娼館を経営していた。
この女たちから情報を入手していたのか??
ヴァリスの小鳥と同じである。

メイズランナー2ではヒロイン役の女性が裏切っている。
裏切っているとは思っていない。
主人公を殺さないと言う言葉を信じている。信じようとしている!
浅はかな女である。
ドラマにはこいう筋書きが多い!
エイダン・ギレンはいきなり銃で反乱軍の女性を殺す。
そんな男を信じれるのか?

ゲーム・オブ・スローンズでは、これからサンサに接触していくのだろう………
ヴァリス&テリィオンVSリトル・フィンガー&ラムジー・スノウか???
はたまたリトル・フィンガーVSラムジー・スノウか??
今は北部の争いである!
ヴァリス&テリィオンは隣の大陸にいる。
当分はジョン・スノウにサンサが中心か?
月曜日が早く来ないのか??

2016年度 NHK大河ドラマ 真田丸 21回 戦端

茶々が男子を出産する。
北条対策になる。
北条をどうするのか?
上洛せぬのでどうするか?
一刻も早く天下を収めたい!
家康、三成との話し合いであっと言う間に北条攻めが決まる!

子供を前にして、茶々、寧、阿茶の局が話している。
織田に浅井の血が入っている。
子供を産んでいない寧は話に付いていけないことがある。
阿茶の局が言葉を選んでいる。
子供が出来たので、秀次の苦悩がある。

20160529_sanadamaru1

信濃に舞台が移る。
信幸の妻が食事を食べない。
信濃と三河の違いなのか?
味が濃いと言う!
生意気な女である!

平和な情景が続く!
が本多正信が北条氏政に会いに来る。
氏政は、なんで家来に合わなければならないのか?
北条のプライドがある。
が家康が来ている。
北条に上洛を勧めに来ている!
上洛せぬなら手切れとなる。
氏直に嫁がせている娘を返してほしい!
北条は考える。

20160529_sanadamaru2

北条は上洛に条件を付ける。
沼田を返してほしいと!
秀吉はふざけるなと言うが、三成は好都合ではないかと!
それで上洛するなら安いものだと!
しかし真田が納得するのか?
昌幸が秀吉に呼ばれて上洛する。
沼田を渡す事は出来ないと怒り狂う!
氏政は上洛せぬと言う。
プライドがある。
当主氏直も行かない。板部岡江雪斎が行く!
徳川からは本多正信がくる。
家康が言う、沼田はのどに刺さった棘である。
昌幸は当然出ない!
陪臣相手に出れるか??
三成、吉継に勧められ信繫が出る!
板部岡江雪斎、信繁、正信が席に着く。
椅子である!
家康の爪を噛む癖が出ている。
この場面で、若造の信繁が対抗出来るのか?
それは来週分かる!
昌幸の田舎大名に、狸オヤジぶりが出ている!

20160529_sanadamaru3

展開を楽しみしておこう!
久しぶりに文枝を見た。
切腹シーンが見ものである。

名所案内は沼田だった!
早く行きたい!!!

2016年5月28日 (土)

真田丸21回を前にして、一人想像して自己満足にふける??

真田丸21回を想像する。
北条攻めが始まりそうである。
このドラマ、真田が中心なので西国がおろそかになっている??
賤ヶ岳も、小牧長久手もあったのかと思う?
四国に九州がある。
四国は長曽我部を土佐1国で残している。
九州の島津は薩摩・大隅を残されている。
どちらも抵抗している。戦いになっている。
中国の毛利も残されている。
北陸の上杉も残されている。
こちらも戦っている。信長が生きていたらどうなっていたか分からない?
秀吉の方針が滅ぼす事まで考えていない!
武田勝頼は信長である。
本能寺の変が無ければ、上杉・長曽我部は危なかった??
毛利もどうなっていたのか??
備中高松城が落城した日に、越中魚津城も落城している!
上杉、毛利も危なかった?

20160528_sanadamaru

対武田と言う事で織田と北条は敵対していなかった?
武田は滅んでいる。緩衝地帯が無くなっている。
北条は大国である。織田政権にそんな大国は不用である。
が本能寺の変で事情が変わった。
秀吉の天下になる。
これまで秀吉は徹底的に滅ぼさない。
ある時点で妥協する。
武田勝頼も北条攻めの先鋒に使おうと考えていたと聞く!

が秀吉も北条には遠慮がない。
最初から滅ぼす気である。
開戦の理由は真田と北条の領土争いである。
北条氏の家臣・猪俣邦憲が真田昌幸家臣・鈴木重則が守る上野国名胡桃城を奪取したことをきっかけになる。
秀吉は天正18年(1590年)に関東へ遠征、北条氏の本拠小田原城を包囲した。
ドラマでは家康がどう動くのかが気になる。
このもめ事自体が秀吉の策なのか?
家康は北条とは縁続きになっている。
家康の苦悩が見たい!
謀臣、本多正信がいる。
三成VS正信か??
策士が多い!
策士策に溺れるのか??

北条攻めに三成に吉継はどう動くのか?
三成の策謀があるのか?
真田・北条・徳川の争いを最初から仕組むのか?
はたまた昌幸は秀吉に踊らされるのか?

北条は各地の秀吉の扱いを観て、激しい処置はないと考えている??
1585年 四国攻め。
1587年 九州攻め。
1590年 小田原攻め
1591年 秀長死す、千利休切腹。
1592年 朝鮮出兵。
秀吉の処分を見ている。北条もそれなりの扱いがあると!
籠城が、決戦かで迷う!
小田原城は難攻不落と言う!が実際はそうではない。
武田・上杉の猛攻をしのいだ。
が秀吉の兵は軍事専門の兵である。農民の兵ではない!!
北条もこれだけの領土を保てると考えたなら、やはり甘い!
毛利も秀吉だから領土を保てた??
信長は滅ぼす気であったようだが………
北条も信長とは同盟関係にあった??
が四国問題でも変更になった。
北条も変更になるだろう………!
天下人、秀吉から見ればしょせん北条は田舎大名である!

更科六兵衛が出て来ないかナ??

2016年5月27日 (金)

映画の出演俳優は監督の好みか??「エンド・オブ・ホワイトハウス」「サバイバー」を観て!

映画・エンド・オブ・ホワイトハウスの続編が出来る。
エンド・オブ・キングダムである。
もう公開なのでこれを観に行こうかと思っている。
なのでDVDで観直した。
この時、DVDでだが「サバイバー」を観た。
ミラ・ジョヴォヴィッチが主演である。
ファンである!
向こうは迷惑か??
何か出演俳優がダブっている。
面白くなって調べてみた。

「サバイバー」
アンジェラ・バセット(クレイン駐英大使 )
ディラン・マクダーモット(サム・パーカー)
ロバート・フォスター(ビル)

20160527_film1

「エンド・オブ・ホワイトハウス」
アンジェラ・バセット(リン・ジェイコブス長官)
ディラン・マクダーモット(デイヴ・フォーブス)
ロバート・フォスター(エドワード・クレッグ陸軍参謀総長)

20160527_film2

監督の好みの俳優かと思ったら、同じ監督では無い!
制作総指揮に同じ名前があった。
アヴィ・ラーナー!
沢山の映画の製作にかかわっている
何の意味の無いのかもしれないが、製作者の好みが入っていると思いたい………

映画はどちらも面白かった。
アンジェラ・バセットリンが、政府高官の役だったが正反対の役柄である。
サバイバーでは憎々しげに思える演技である。
サバイバーはミラの魅力満載の映画である。
ハラハラドキドキ、大変面白かった。
現実にテロリストの脅迫はこんなものなんだろう………
それにしても今やITと言うか何でも分かってしまう。
そう言う意味では怖い映画である!

2016年5月26日 (木)

本・歴史探偵 近代史をゆく(2013/5)・半藤 一利

良いことも悪いこともしながら、人間がつみ重ねてきた時間の跡である歴史は、底がしれなくて、知れば知るほど面白い。本書では、明治から昭和を賑わせた事件の「その後」や秘話を探索。「山本五十六の恋文の行方」「松岡洋右宛・チャーチルの手紙」「東京初空襲の真相」「ロシア皇太子襲撃事件の顛末」など、大胆な推理と新発見で近代史の裏事情を探り出す。

20160526_book1_2

内容は下記の通りである。大変面白い!!
第一章    遺書と恋文と極秘書簡
第二章    言葉の裏に歴史あり
第三章    戦時期の作家たち
第四章    口が過ぎた人びと
第五章    戦時外交の決断と誤断
第六章    戦時と戦う庶民たち
第七章    事件、事件、また事件
第八章    原爆と敗戦下

著者の持論がある!!
開戦に突っ走ったのは、薩摩・長州・土佐であると!
反対したのは、米内盛岡、井上仙台、山本長岡!
終戦も鈴木首相は関宿。
皆賊軍の藩出身であると!!
折に触れて出て来る!!

◎遺書と恋文と極秘書簡
秋山真之の二百三高地への執着心!
ドラマ坂の上の雲でも描かれていた。
実際は、湾内を碁盤の目のように区切り、計画的に砲撃して旅順艦隊は壊滅していたようだ。
着弾点も見えないので分からなかったようだ!
艦隊を沈めたい海軍に対して、占領を考えた陸軍の考えの差がある!!

山本五十六の愛人!
英雄色を好むのか??
こう言う話は読んでいて楽しいが………

◎言葉の裏に歴史あり
著者の本はよく読む。
読めば日露戦争は不都合な事実は消されているようだ。
乃木の話もそうである。
もう愚将説がまかり通っている??

ドイツUボートでもイギリスの息の根は止められなかった。
建造する以上に撃沈しなければならない。
あわやと言うところまで追いつめてはいるが………
開戦前の議論にもあったようだが、撃沈数と建造数は等しいと!
この商船は民間人である。
何人死んだのか??
どんな計算をしていたのか??
もっとも正確な推測を計算で出している部署もあったようだが………

陸軍の解体!
最後の陸軍大臣に鈴木内閣の後継内閣、東久邇宮首相は下村正を指名する。
本人は満州にいて生粋の軍人である。
つまらない陰謀に加担していない。
著者は東久邇宮首相を評価していないが、この人事は評価している!
自らやんちゃ皇族と言っている!
誠実に実行したようだ!
議会でも陸軍の責任を認めている。
最後を締めたようである!!
ホッとする話である!

◎戦時期の作家たち
著者は永井荷風の坂口安吾が好きなのか??
良く名前が出て来る。
著者のあら探しがある。矛盾が出て来る!
作家も人間である。
保身も必要であろう………

◎口が過ぎた人びと
この章では近衛文麿である。
日本人は血に対する信望がある。
そんなもの当てにならないが………
責任と言う物を感じていない!
細川護煕もそうであるが、執着心が無い。
直ぐに諦める!!
だいたい日本は防共協定を結んでいる。
であるのなら敵は共産主義である。
蒋介石と毛沢東の両巨人を相手にしている。
アホと言うしかない!
蒋介石と組んでまず毛沢東を滅ぼす!
そうやってから考えればよいのに、一撃論ばかりで何の戦略も無い!
「国民政府を相手にせず!!」
両面作戦をする力も無いのに良くやる!!
こうなれば石原莞爾が失脚していなければと思うが………

◎戦時外交の決断と誤断
この章は面白い!!
石原莞爾が登場する。
異能の天才なのか???
現状認識だ出来ていると感じる??
出る釘は打たれるのだろう………

野村吉三郎駐米大使。海軍大将である!
映画、トラトラトラでは島田正吾が演じえていた。
あまり良くは言われない!
外相に抜擢され荒療治をふるうが、若手官僚、革新派、つまり対米強硬論者にそっぽを向かれて、辞表を出されてどうにも出来なくなる!
官僚なんてそんなものなんだろう………
杉原千畝が干されのも分かる!!!

バネー号撃沈事件がある。
誤爆では無い!
確信犯である!
アメリカは非難轟々である。
日本は非をただちに認めて謝罪した!
駐米大使、斎藤博も独断で謝罪している。
グルー駐日大使にも広田外相が言い訳をせずに謝る!
日本国民が義捐金を送る。びっくりするほどの額だったようだが………
『詫びて済む問題でな無いが、本がいについては、金で解決できる部分ではいかなる補償にも応じる。』
山本五十六は責任者を追放している。
著者の自慢が始まる!
山本・斎藤とも越後長岡出身である!
河井継之助である………
そう言う事もあったんだろう。

松岡洋右がいる。能力はあるのだろう………
独断が過ぎるのか??
ヒトラーともスターリンとも会う!
ヒトラーに炊きつけられる!
ドイツと日本は利害関係が無い。遠交近攻である!
ドイツはヨーロッパで、日本はアジアで盟主となれと!!
これに酔ったようだが………
松岡宛のチャーチルの手紙がある。
これは知っているが、メチャメチャまともな事が書かれている。
イタリアはドイツにとって力になるのか?それとも重荷になるのか?
世界情勢を見れば、ドイツの劇的な勝利に眼を奪われているが、ちゃんと見い!!
と言っているのだろう………
松岡は見えなかったようだ……

◎事件、事件、また事件
著者も軍事教練を受けている。恨みに思っている??
いざと言う時の予備へ兵的な思惑があったようだが………
この章では東京空襲の捕虜の処遇の話がある。
全員死刑である。それは止めたようだが、本気で考えていたようだ。
大戦末期のドレスデン大空襲!
必要無かったとされるが、これに対してゲッペルスは連合軍捕虜の処刑を主張したと言う。
報復を招き、殺し合いになるので辞めたようだが………
しかし日本も良くやると思うが!!

中学校の社会の授業で先生が話してくれた。
陸運と警察の揉めた話である。
今その話を読んで良く分かった。
その時は分からなかったが………
しかし意地の張り合いである!
最終的には天皇のどうなっているとの質問で、どちらも早期収拾を図ったようだ!!

◎原爆と敗戦下
原爆投下は最初から日本と決まっていた?
これはよく言われている。
アメリカにも例えば北海道でも落として、その威力を知らしめるだけでよいと言う意見はあったようだ。
前もって投下を知らせる事も必要ではないかと!
投下に反対して辞任した軍人陣もいる。
がこのエノラ・ゲイの乗組員たちは投下に対して何の疑問も無かったようだ。
その発言記録がある。
が、対日戦勝50周年を記念してこれを公開するのは反対したようだ。
アメリカにとって何の益も無い。
単に原爆投下したアメリカが非難されるだけであると!
そう言う意味での反対のようだ。
ましてその効果まで展示するとすれば何を言われるか???

マッカーサーの日本での生活と仕事が記述されている。
真面目だったようだ!
時間がある時、40分だが東京見物に行っている。
この時同行した案内人は、見物後質問攻めにあう。
マッカーサーはどんな人間なのか??
軍人と言うより、政治家であると!
当たっていたようだ………

12

半藤一利

12

2016年5月24日 (火)

『手のひらを返す!!』 浮世の風は冷たいか?因果応報か??

会社の有志のOB会がある。幹事がしっかりしている。

メンバーに入っているので呼んで貰える。

会員資格があるので、資格から外れれば呼んで貰えない。

この辺りは徹底している。

 

ひさしぶりにあった先輩もいる。

ここで「手のひらを返す」と言う言葉が出て来た。

定年になると実権が無くなる例が多い。

実際にそうなる。

 

先輩自身の例を言っている。

今までの付き合いある関係者はそれなりに付き合っている。

こちらの立場も分かっているので無理は言わない。

ただやはり初めての関係者がいる。

この場合が難しい。

「なんや嘱託のアルバイトみたいやナ!」

そう言うのが露骨に態度に表れると感じるようだ。

思い過ごしではないようだ!!

20160524beer_kanpai

他の一人は支店長で定年を迎えて、それから出張所所長をやっていた。

それなりに実権はある。

そして無事に65歳を迎えて定年になった。

それからもいて欲しいとの事で所長を外れているが働いている。

それまで何事も自分で決めていたが、関係者が態度が変わり今の所長に確認するようになったようだ。

その今の所長も無視したような態度で自分で決めているようだ!

あまり気分は良くない!!

これについては感じるところは多い!!

 

実情はそんなものなんだろうと思っているが、何か割り切れないものがある!

聞いていてわが身の事かと思ってしまった???

『因果応報』と言う事の意味を考えるようになった!!

 

2016年5月23日 (月)

「ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風」5月23日 エピソード5

今回はスターク家が登場である。

サンサ、アリサ、ブラン、スノウと登場する。

皆、過去にこだわっている感じがする。

ブランが主役である。

20160522_game_of_thrones1

サンサとピーター・ベイリッシュが会う。

目的の為には手段を選ばない。

父を裏切った時、「私を信じない方が良い!」

と自分で言っていた。

タイウィン亡きあとラニスター家の弱体化を見通している。

下手に出る時は徹底的に下手に出る!サンサは信用していない。

サンサが兄と二人でボルトンを倒すと言う。

スノウが落し子であると言い、分断を図る??

やりかねない!

ラムジー・スノウVSジョン・スノウである。

落し子同士の戦いである。

味方に付く兵を集めなければならない。

北部は信義に篤いと言う!

が、ダヴォス・シーワースが言う。

誰も自分の家族が負けて殺されたくない!

勝つと思わせなければならない!

アリアは相変わらずである。

腕を上げている。

暗殺者への道を歩むのか??

将来、スノウを殺すのか??

(止めて欲しい!!)

 

ブランが悩んでいるように思える。

「三つ目の鴉」と修行している。

色々教えられている!

過去を見ている。

この時にホワイト・ウオーカーを見る。

そしてホワイト・ウオーカーに襲撃される!

20160522_game_of_thrones4

 

この物語は、『ウェスタロス大陸』と、海を隔てた『エッソス大陸』が舞台である。

古代には、ウェスタロスには「森の子ら」と呼ばれる小柄な種族が住んでいたが、

ここに〈最初の人々〉と呼ばれる民族が侵入して「森の子ら」との戦争の後に講和し、

「ホワイト・ウォーカー」と呼ばれる北からの超自然的脅威に備えるために、

協力して「壁」と呼ばれる魔法的防壁を築いたとある。

 

この森の子らがブランを守るが次々に倒れる。

この洞窟への襲撃を見ていると、ブレイドのヴァンパイヤの襲撃の場面を思い出す。

ともあれブランは逃げる。

ホーダーが必死で守っている。

このホーダーが死んだらブランの移動はどうなるのか?

死んでほしくないが………

この襲撃場所は何処なのか??

壁の向こう側ではない。

ならばもう壁の内側に、ホワイト・ウォーカーが入ってきている??

20160522_game_of_thrones5

デナーリス・ターガリエンが最後の勝利者になるのか??

ヴァリスがバラシオン家を捨ててデナーリスに仕えている。

ティリオン・ラニスターも仕えている。

この凸凹コンビが良い!!

この二人が支持するには何かあるのだろう………

美しいだけでは無い!(美しいと思うが………)

凸凹コンビは現実的な対応をする。

留守のデナーリスを女王だと認めさせようと策する。

もろい平和であるが、デナーリスの力と思わせたい!

女司祭がいる。

初め、あの魔女かと思ったが………

このドラマは宗教ドラマか??

女司祭は女を派遣すると言う!

福島リラか??

期待して待っていよう………

20160522_game_of_thrones3

シオン・グレイジョイは、鉄諸島のパイクに戻り、ヤーラに選王民会での支持を約束する。

父を殺したのは叔父である。それを堂々と言う!

それでも裁かれない。実力主義なのか?

叔父が王に選ばれる。「塩の玉座」である。

王になれば、デナーリスを妻にして「鉄の玉座」を掴む。

自分の一物に自身がある??

デナーリスを直ぐに物にできると考えている!

アホの極みである!直ぐに殺されそうである!

王になるが、鉄諸島は分かれる。

姉弟は船を奪い反逆する。

この船の行先は??

ラムジー・スノウでは絶対にない!

ではジョン・スノウか??

やはりデナーリスだと思うが………

ここの場面の撮影箇所は、アイルランドと思ったが………

 

20160522_game_of_thrones2

デナーリスを勝ち取った者が「鉄の玉座」を掴む!

そう言う展開になりつつあるのでは………

ジョラー・モーモントは自分が病気であることを、デナーリスに告げて去ろうとしている。

が女王は必要な人材と認め、治療に専念せよと言う!

ホッとする場面である!

戻って来ると信じよう………

今回は、北と南が中心で、サーセイ、ジェレミー、ラムジンは登場しなかった。

サーセイはタイレル家の没落を謀り、「七神正教」に軍事組織の復活を許し手を結んだ。

マージェリーとロラスだけでなく自分もまた逮捕される羽目となり、恥辱を受ける。

この「七神正教」との戦いはどうなるのか??

狂信者である。娘の墓参りも許さない。

又クーデターのあった、ドーンの動きも気になる。

エピソード5である。

シーズン6も半分終わってしまった。

見終わったら、シーズン1~6をもう一度見ようと思う!!

頑張るぞ!!

20160522_game_of_thrones6


2016年5月22日 (日)

2016年度 NHK大河ドラマ 真田丸 20回 前兆

NHK大河ドラマ 真田丸 20回 前兆

今回、信幸の妻がどうなるのかが気になる。

冒頭に昌幸の娘と、祖母、母との再会がある。

そのあと信幸が妻に謝る!

離縁になる。

真田の為には逆らえない!

本多忠勝の娘である。

妻はおとなしく出ていく………

信幸の心中は如何に??

 

本多忠勝の娘が来る。

この時、家康の養女と言うナレーションは入る。

輿入れに駕籠に乗ってくる。

大層な輿入れである!!

娘の表情が固い!!

本多忠勝が従者に化けて来ている。

昌幸は分かっているが、黙っている!

駿河・三河・遠江と信濃では気候が違う。

「寒いと!!」

信幸のかっての妻が、そのまま真田家に仕えている!

側室との関係と言い、武将も大変である!


20160522_sanadamaru1

 

家康と秀吉の差は何か?

子供の数である!

家康の子供は多い!

長男:  松平信康

次男:  結城秀康

三男:  徳川秀忠

四男:  松平忠吉

五男:  武田信吉

六男:  松平忠輝

七・八男:早世

九男: 徳川義直

十男:  徳川頼宣

十一男: 徳川頼房

信康型と秀忠型に分かれると言うのが、南條範夫説である。

信康型は自立できる武将である。家康の意のままにならない!

秀忠型は親父の威光により生きれる!!

 

茶々が懐妊する!

秀吉は喜ぶが………

今まで子供が出来ていないので、まさかと思われる?

寧も信じないが、事実である。

落書きがある!

誰の子供なのか??

秀吉自身疑っている!

言えば茶々の不義密通を疑わなければならなくなる!

言わなくても良いのに、片桐且元が秀吉に言う!

犯人探しが始まる。

真田信繫事件簿である。

信繫は犯人を捜す!推理が冴える!

信繫の伏見時代の生活はこんな事をしていたのか??


20160522_sanadamaru2

 

秀吉の怒りが凄まじい!

門番全て処刑せよと言う!

まず秀次に依頼する。その選択が間違っている!

結局門番全員が処刑される!

 

最初に疑われた門番は本願寺にかくまわれている。

字が書けないので犯人ではない。病死する。

これを犯人としてこの事件を終わらせようとする!

三成、吉継、信繫は腹をくくる!

秀吉はその門番の一族をはじめ隣家の人まで殺せと命令する。

三成と秀吉の対立がある。

死を覚悟して秀吉を諌める!!

この場面、三成は迫力がある。

三成は民衆が離れることを恐れている。

司馬遼太郎によれば、領国が治まっているのは近江と肥後と言う。

三成と清正である!

領国経営に力を入れている三成にしてみれば暴挙である。

切腹を申し付けられる!

がここは寧がかばう!

尾張弁である!

寧は大物女優が演じる!

軍師官兵衛では黒木瞳。

他は、大竹しのぶ、富司純子、浅野ゆう子………

「誰の子か、茶々に聞けと言う!」

「こわくて聞けるか!!」

「自分の子と信じろと!!」

何とか話が収まる!

三成と北の政所の仲は良くないとも言うが、逆の資料もある!

石田三成の三女は、豊臣秀吉の死後に秀吉の正室・高台院の養女となっている。

この場面はそう言う事を暗示している??

信繫が三成に聞く!「誰が書いたのか?」

三成が「民が書かせたと!」

こうなれば嶋左近は誰が演じるのか??

気になる!

20160522_sanadamaru3

 

来週は北条攻めになる?

豊臣、北条、徳川、真田が絡んで来る。

昌幸の出番である!

ここは楽しみの場面である。

文枝も登場しそうである。

秀長・千利休VS三成である。

秀長が死して千利休も切腹になる。

この場面も近いうちに出て来るだろうと思う!

 

関係ない話であるが、霧の服装が黄色から変わっている。

 

「はてなの茶碗」 応用編がある!!

馬鹿にされるような話がある。

奥さんが実家の墓参りに行ってくれた。

感謝しています!

墓のところに花立がある。

水を入れたが、気が付くと減っている。
割れている気配もないのに漏れている???

『はてな????』

20160522_hanatate_1

 

最近は落語に良くいく!

面白いと思っている物の一つがある。

桂南光だったと思う!

京では有名な茶道具屋、通称「茶金」が、ヒビも割れもないのに、

どこからともなく水が漏れるので、「はてな」と首をかしげた。

奥さんもこのオチは聞いている。

はてなの茶碗も満足するだろう………

「はてな?????」では無い!

「漏るな!!!!!」である!

 

大変ウケた話です!!


20160522chawan

本・機略縦横! 真田戦記(2008/7)・井上 靖・池波 正太郎・細谷 正充

武田信玄に仕え、没落した家を見事に再興した謀将・真田幸隆。信州上田城に二度、徳川軍を迎え、さんざんに打ち負かした智将・真田昌幸。天下分け目の関ヶ原に際して、父と袂を分かち、家を存続させた賢将・真田信之。大坂の陣で鮮やかな戦いを展開し、家康の心胆を寒からしめた名将・真田幸村。戦国武将のなかでもひときわ輝きを放つ「真田」の活躍を描いた短篇小説七篇を収録。

20160522_book1

真田幸隆   謀略の譜        広瀬仁紀

真田昌幸   徳川を二度破った智将  南條範夫

真田信幸の妻 龍吟の剣        宮本昌孝

真田幸村   旗は六連銭       滝口康彦

真田幸綱   真田影武者       井上靖 

真田の忍び  安南の六連銭      新宮正春

真田信之   獅子の眠り       池波正太郎

 

作家の特徴が出ている。

「謀略の譜」広瀬仁紀は真田幸隆を扱っている。

落ちぶれている。

信玄に仕え勢力を伸ばす。

真田忍群。

浮寝ノ小太郎が仕える。

人使いの巧みさが記述されている。

昌幸が、幸隆の謀略の才能を継げる!

 

「徳川を二度破った智将」南條範夫は、当然昌幸である。

大阪城に入城すればどうなっていたのか?

昌幸の作戦案もどうなのか?

相手は家康になる。

それも野戦である。

やはり籠城になるだろう………

幸村の事も書いているが、辛辣である!

 

「龍吟の剣」宮本昌孝は、珍しく真田信幸の妻を扱っている。

真田に嫁げと言われて、最初昌幸と思い喜ぶ。

がせがれ信幸である。

この作品、兄嫁と幸村は仲が良くない!

関ヶ原の合戦での第二次上田城の戦いは、激しいものでは無かった??

物資を待っていて時間を過ごしたと言う??

昌幸・幸村の助命嘆願に信幸の妻は本多忠勝の娘だけに効き目はあったようだ。

 

「旗は六連銭」は滝口康彦らしい作品である。

幸村の意地がある。

昌幸に対してである。

この作品に、幸村は、又兵衛の救援に間に合わなかった。

それに対して、霧と言い訳したが、又兵衛は時間通りに来ている。

又兵衛に手のものに、恨みを言われる場面がある。

やはり死に場所を選んだのか??

真田丸ではどう扱われるか??

楽しみである!

 

良く分からないのが、「真田影武者」井上靖である。

正体も分からない。

ファンタジーなのか??

 

「安南の六連銭」は、新宮正春らしい内容である。

真田の残党、猿飛と思われる忍びが日本を離れる!

著者の大好きな、陳元贇も登場する。

何か悲しくなる物語である!

 

「獅子の眠り」池波正太郎は真田が得意である。

真田信之を扱っている。

もう死ぬ前の話になる。

昌幸・幸村が亡くなり、信幸の戦いが始まる。

信幸を信之に変える。

昌幸の幸の字を避けたようだ!

この頃になると、取り潰しに大名は恐れる。

下馬将軍、酒井忠清との戦いになる。

この作品は、信之の狸ぶりが描かれて楽しい作品である!

 

2016年5月21日 (土)

東京都知事 舛添要一は辞任するのか!!

猪瀬直樹もアホな事をした。

そのまま東京都知事を務めていたらこんな騒ぎにはなっていない。

権力頂点に立つと何でも出来ると、許されると勘違いする!

今東京都知事の公金の使用内容が問題になっている。

舛添要一である。

最近は、朴槿恵大統領と下品な笑い顔での写真が印象深い。

気持ちが悪くなる笑いである!!

 

20160522_masu

 

調べると面白い記事があった。

7月の韓国訪問で、朴槿恵大統領から首都圏での韓国学校増設への協力を求められ、快諾した。

交通の便が良い都心に校地に適した公有地はほとんどない。

あったとしても都は保育所や介護施設など福祉目的施設に優先的に振り向ける方針であるためだ。

都担当者は「いきなり『韓国のためだけに』と便宜を図るのは難しい」と頭を悩ませている。

90%以上の東京都民は韓国が好き』と韓国メディアも報道している。

絶対にないと思うが!!!!

 

韓国ソウル市の道路の陥没事故で、進んでいる東京都が協力すると言っていたと思う!

朝日新聞の詳しい記事によると、東京都側は【道路の陥没場所を速やかに把握するソウルの情報システムの技術を学ぶ】とのこと。

陥没場所を速やかに把握する?????

そんなシステムが必要なのか??

それほど東京の施設はだらしがないのか??

 

「東京オリンピックを実質的に、財政的に日中韓の3カ国共同開催にしかねない」

青山氏によると、舛添氏には、チャイニーズマネーやコリアンマネーを入れることにより、中国と韓国に友好を持ちかけ、日中韓の友好を安倍晋三首相よりも自分が作ったという手柄を立てたいという思惑があると!

ここまで言われるかと思うが………

在日・帰化人とも言う噂が立っていた。

あまりにも親韓過ぎるので言われるのか??

 

かっては首相に一番近いとまで言われていた。

目立ちがり屋である??

自民党を離党した。

その政党でも金の使い方が問題になっている?

総理に近いと言っても、付いてくる来る人間がいたわけでもない。

それでも、どちらかと言うと、人気があった。

良くテレビには出ていた。

サンディープロジェクトで、右翼の大物が出演していた時、国家の事を考えていると、

見栄を張っていたと思うが………

 

舛添知事のお金の使い方は、「庶民性」を感じさせない。

「政治によって蓄財し、それを私利私欲のために使うとすれば、貴族的精神など生まれるはずはない。カネにまつわるスキャンダルが民主政治の質を低下させる所以である」

と主張しているようだ。

 

要は嬉しいのだろうと思う!

自分がこれだけの事が出来ると!

良く分からないが、側近に止める人間はいなかったのか?

(鳩山・菅元首相も同じに感じる!)

結婚は3回、離婚は2回。2人の愛人が産んで認知した子3人と、

現夫人との間の子2人で、舛添氏には計5人の子供がいる???

 

各地の知事が批判している!

石原慎太郎も参戦である!

慎太郎曰く、「そりゃ金も要る!」

西宮の号泣県議と変らないと言えば、舛添要一にもプライドがある!

もうもたないと思うが………

辞任は良いが、退職金はやめて欲しいと思うが………

 

2016年5月19日 (木)

本・歴史探偵 昭和史をゆく (1995/12)・半藤 一利

「すべての大事件の前には、必ず小事件がある」と、文豪・夏目漱石は言った。本書では、激動の昭和史の“年表の行間”に、自称、歴史探偵の著者が潜入。「芥川龍之介が支那紀行文に書き留めながらも見落していた日中関係の本質」「開戦の詔書の中の大いなる欠落点」「A級戦犯七人のお骨のゆくえ」など、著者のジャーナリステックなセンスでなされる推理に、歴史探偵の真骨頂が発揮される。

20160519_book1

著者の本はよく読む。
従ってダブっている知識も多い??
歴史探偵である。この後「近代史をゆく」を読む予定である!!
時代の節目のエピソードがある。
内容は下記の通りである。

第一話  心変わりした理由   張作霖爆殺事件
第二話  鉛筆を使わない国   満州事変
第三話  つくられた栄光    国際連盟脱退
第四話  完璧なる人      天皇機関説
第五話  銃声の消えたあと   二・二六事件以後
第六話  「点と線」の悲劇   日中戦争
第七話  握手の向こう側    日独伊三国同盟
第八話  転がる石       昭和十六年
第九話  大いなる欠陥     十二月八日の開戦
第十話  溺れるものの手    戦勢非にして
第十一話 二つの日記      永井荷風と伊藤整
第十二話 気骨ある人々     戦争をめぐる五つの生き方
第十三話 放送が終わった後   戦争終結
第十四話 九段坂の上の雲    二百六十万の死者
第十五話 英雄総退場      主役たちの死にざま
第十六話 皇居前の行列     天皇の御発病
第十七話 なごり雪       昭和の終焉

中国問題!!
満州事変から泥沼に入る。
撤退を考えない!
一撃で撃破出来る???
大陸に入りこんではいけない!!
なんせ隣国2国とは仲が良かった時代は無い………
日中戦争、国際連盟脱退!!
世界の一国も日本に同情してくれる国はなっかったようだ。
国際連盟に入っているから自由に行動出来ないと!!
マスコミも煽っている!!
そう言う事例が沢山ある。
今も煽っていると思うが………
なんせ陸軍の横暴がある。
そう思うのは、何かしでかした実行犯をかばおうとするからである!

梅津美治郎がいる。
良く分からない。派手さは無いが実力者だったようだ。鵺のような感じがする!
内閣に陸軍大臣は現役しか出さない。
内閣を陸軍が自在に操る事が出来る。
影の首相とも言えるのだろう………
又何かで紹介されるだろうと思う人物である。

東陽村がある。
ここで日中親和連携の美談として伝えられた事件がある。
村の自警団が中京軍と揉めて日本に援軍を依頼してきた。
撃退して、その後日本軍が留まり警護した。
上手く行っていたが、小隊が変わった時、崩れてしまった。
軍機正しかったのがメチャメチャになったようだ………
日本の中国での軍規は緩み切っていた???
広大な中国大陸である。
大ハーン並で無ければ治まらない?????????

日本はドイツの技術に対しての信望がある。
日英同盟を結んでいる時、日露戦争時はありがたみがあったが、だんだん薄れて来たようだ。
それより邪魔されていると感じている。
アメリカと組んでいる??
同じ感情のドイツに近づく。
元ホンダのF1桜井総監督が記述していた。
F1で一緒に仕事して、ドイツと同盟を結んだ理由が分かったと!!
お互い国民性が良く似ているようだ!
しかし親独派の軍人がいかに多いか??
海軍軍人にも沢山いる。
岡敬純、石川信吾、神重徳、近藤信竹、柴勝男、横井忠雄、山本裕二、阿部勝雄、富岡定俊、大野竹二、高田利種………
どうしても三国同盟に突き進むには餌がいる。
資材の優先的な配給を海軍は勝ち取った???
海軍も戦争出来ないとは言えない!
天皇が三国同盟にためらいを感じていたのは、救いである!
三国同盟結んでアメリカをけん制する。
ソ連を巻き込み四国同盟にする???
なんと甘い考えなのか??
「バスに乗り遅れるな!」
あまりに露骨な考えである。
イタリアもだが………
アメリカ人記者の分析がある。
その通りであるが、日本は本当に何を考えていたのか???
話は変わるが、アジアインフラ投資銀行の参加がある。
これもバスに乗り遅れるな!と言う識者も多い!
歴史に学んでいるのかと思うが???

開戦通告がある。
開戦の何時間前にと言う規定は無さそうである。
山本五十六は開戦前に通告だけは済ませたかったようだ。
外務省の怠慢で遅れたようだが………
それでも首になっていない。
杉原知畝の例があるが………
山本五十六の無念である。
自衛戦争では無通告開戦が許される??
東郷外相も迷ったようだ。
だいたい開戦日を知らされていなかったようだ!
12月1日が開戦日と思っていた?
が天皇は宣戦布告後に海戦の指示であったようだ。
しかし1時間前に通告出来たとしても、結果は同じではないのか??
アメリカは最大限に利用するはずであるし、感情的に許せないと思うが………
日露戦争に自ら参戦し、日本国民の本質を見ている山本五十六である。
それが真珠湾攻撃に繋がっている………

風船爆弾と細菌戦がある。
風船爆弾については、吉田一彦、三野正洋が詳しい!
評価できると言うか?
愚の骨頂と思うか?
評価は分かれる!
これに細菌を載せる。
石井細菌部隊である。
陶器の容器にペスト菌に感染させた蚤を入れて飛行機から落とす!
アメリカはこれを恐れていたようだ。
例えば風船爆弾で落とせばどうなるか??
「溺れるものの手」とは良く言ったものである!
これを密かに計画していたのは、小沢冶三郎提督と言う。
その為の潜水空母も日本は造っている!
その担当者は、今となってなしなくて良かったと思っているようだ………
大元帥の一言が効いたようである。

気骨ある人。
とてもなれない!
この中に「コロネル・ネヌ・ヤスエ」の名前がある。
ユダヤ人を救った人として、ユダヤのゴールデンブックに名前が記載されている。
樋口季一郎と安江仙弘。士官学校の同期と言う!
樋口季一郎は知っている。樺太・千島に侵攻してきたソ連軍を撃退した。
腹を立てたスターリンが戦犯に指名しようとしたが、ユダヤ系の圧力でそうはならなかった。
満州でユダヤ人を助けている。
1937年、ハルビンのユダヤ協会の会長であったカウフマン博士が樋口に面会を求め、ナチスドイツの暴挙を世界に訴えるため、ハルピンで極東ユダヤ人大会の開催を許可して欲しいと!
樋口は即決し許可する
1938年、ナチスの迫害を逃れるためにドイツを脱出したユダヤ人難民が、ソ連と満州国の国境沿いにあるシベリア鉄道・オトポール駅まで辿りついたものの、満州国の外交部が入国の許可を渋ったために足止めにされていた。
これを解決してユダヤ人を救った。
東條参謀長に、「ヒットラーのお先棒を担いで弱い者いじめすることを正しいと思われますか」
そうしてユダヤ人を救い、終戦時にソ連軍を撃退した。
この撃退のおかげで北海道が占領されなかったと言う!
安江仙弘は知らなかったが、凄い人である。
満州でロシア系ユダヤ人を救っている。
ユダヤ人だけでなく、民族を差別せずに接した。
がドイツの抗議によりくびになる!
日本の識者はこう言う人は評価しないようだが………

川柳作家鶴彬がいる。
結局は獄中で29歳で死ぬが、妥協しなかった??

キリスト教徒がいる。
明石順三。
5人転向しない!虐待と拷問に耐えたようだ!!
息子も転向したが………
こう言う話は素晴らしいと思う!!

終戦時の話になる。
瀬島龍三が登場する。
本当の事を話していない??
インタビュー時も手が震えている………
日清・日露戦争はどの部隊にも国際法の専門家を付けていた。
終戦時、日本から特使を派遣してソ連との交渉に当たらなければならないのに現地に任せたようだ。
アメリカだけを相手にしておけば良いと勘違いしている!
天皇陛下の放送後、戦闘停止命令を出したのが気に入らない軍人もいる。
天皇と大元帥は同格と思っていたようだ。
そうなので統帥命令は戦闘停止を出していない!
そう言う解釈だったようだ!
ヒトラーも日本もアメリカも軍事的勝利が政治に優先すると考える。
ヒトラーはレーニンとスターリンの名前の都市をせん滅したかった??
やはりモスクワを攻めるべきであった………

東京裁判で処刑された七人は焼かれて灰を全て連合軍が持ち帰った。
しかし残っていた灰をかき集め七人一緒にしかまとめれなかったが、まとめて愛知県に祀られているようだ………
靖国神社も日本固有のものである。
いちいち隣国には言われたくないと思うが………

天皇陛下も退位を考えていた。
自らの責任を感じている。
沖縄へも行きたかったようだが………
独裁者では無い!!

歴史探偵であるが、ひいきが強い????
面白い本でした!!

12

半藤一利

12

2016年5月18日 (水)

映画・The Seventh Son・KLM機内で観る・ジョン・スノウ、キット・ハリントンが出演している!

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン6が始まった。
これほど嬉しい事はない!
今はエピソード4である。
ジョン・スノウが蘇る!
が舞台が簡単すぎる。
松明を燃やし、生贄の動物がいて、なんか分けのわからない植物も持っている。
そう言う雰囲気を想像したが………
簡単に目が開いた。
一安心である!
それにしてもホッとしているファンは多いと思うが………
出演者や製作者に生き返るのか聞いても返事出来ない。
なのに聞くアホが多い。

20160518_film

ジョンス・ノウ役はキット・ハリントンである。
人気がある。

昨年ヨーロッパに行っている。
KLMの機内で観た映画がある。
Seventh Son
魔女と魔女狩りのの物語である。

キット・ハリントンが出演していた。
最初で死ぬが………
この映画も魔女の話である!
ドラゴンも出て来る。
何か因縁深さを感じるが………

主人公の魔法使いは、魔女マザー・マルキンを封印する。
チョッと封印の仕方に、場所が簡単すぎる感じがする。
魔女は、ジュリアン・ムーア!!
大物女優が魔女を演じている。
封印を逃れ、逃れる方法も簡単すぎるが、師匠を襲う!
師匠役はジェフ・ブリッジス。
歳を取った??
光の旅人ではまだ若かったと思うが………
単にメイキングのせいなのか??
この時、弟子役のキット・ハリントンが死ぬ。いや殺される!
エライ早い!
師匠は一人では戦えない。
弟子を探す!
7番目の息子が要る。
7番目しかダメなようである。
母親は嫌がるが、息子は行く!
時間が無い中で修業(?)する。
才能がある。
なんせ母親は魔女である。
行く時にペンダントを貰う!
これが重要になる。
母親役はオリヴィア・ウィリアムズ。
ゴーストライターに出ていたが………

魔女は仲間を集める。
不気味である!
獣に変身する。

女の浅はかさがある。
魔女の腹心の魔女の娘がいる。
娘は、7番目の息子に恋する。
マザー・マルキンは息子がペンダントを持っていることを知る。
母親はマザー・マルキンに殺される。
魔女の息子と娘である。
このペンダント盗んで来るように言われる。
そうすれば恋人だけは助けると!!
その言葉を信じる??
女の性と言うか、
信じて盗むが、魔女は助ける気なんかサラサラ無い!
ここから戦いが始まる。
ドラゴンが空を飛ぶ!
娘は恋人の側に立つ!!
本当に魔女は死んだのか??
いくらでも続編が出来そう………

キット・ハリントンが直ぐに死ぬのは残念だったが、面白い映画でした!!


   

2016年5月17日 (火)

「ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風」  エピソード4

ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風 エピソード4。
サンサが〈黒の城〉に来る。
もっとそこまでの道中があるかと思ったが………
あっけない再会である。
サンサはやっと家族に会える。
スノウにしても同じである。
サンサも強くなっている!
身体も大きくなっている。
ダヴォス・シーワースと魔女、ブラニエーの関係はどうなるのか??
協力し合うのだろう………
えらくあっさり、スタニスを殺したことを言う。
スタニスが、レンニーを殺させたことをブラニエーが言う。
真実は知っていると言う事なのか??

ともあれスノウは南に行こうとする。
身体を温めるために??
全身全霊をあげて尽くしてきたが、裏切られてやけになりかけている?
スノウが髪の毛を切っている。
若く見える!
今は自信喪失なんだろう………
リコンより下の男の子を絞首刑にしている。
友人エディソン・トレットに後を託そうとする。

20160516_game_of_th4

キングズランディングでは戦いの時が迫っている。
サーセイとジェレミーは戦いを始めるだろう!
七神正教と戦いは凄惨なものになるはずである。
又裏切りが多くなるのだろう………
「敵の敵は味方」
タイレル家の婆さん、オレナ・レッドワインがいる。
行きがかり上、マージェリー・タイレルが七神正教につかまっているので何とかしたい!
となれば、サーセイとジェレミーと組むしかなくなる。
タイレル家の兵力は大きい!
今、ロラスが耐えれない!
どうでもよくなっている。
こうなれば男より女が強い!!
ジェレミーが、ハイ・スパロウ(雀聖下)を殺す!
あの修道女はサーセイが殺す!
そう信じている!
ここにブロンが出て来ても良いと思うのだが………

20160516_game_of_th1

ピーター・ベイリッシュが出て来た。
いやらしい感じが良く出ている!
いずれ「策士策に溺れる」で殺されると思うが………
幼稚なロビン・アリンを手なずけている。義理の父である!
この男を殺すのはサンサか??
父を裏切っている!

デナーリス・ターガリエンが捕えられ、ヴァエス・ドスラクに連れて行かれる。
どう扱われるのかは分からない。
ジョラー・モーモントとダーリオは、デナーリスの囚われるヴァエス・ドスラクに忍び込む。
助けようとするが、デナーリスは考えがあると言う!
不死鳥、鳳凰、フェニックスである。
炎の中から蘇る!
かってドラゴンの卵を炎の中でふ化させた!!
今また、ドスラク人の首脳たちを炎の中で焼き殺す!
デナーリスと馬1万頭はどちらが値打ちがあるか??
ヴァエス・ドスラクは燃えている。
その炎の中からデナーリスが出て来る。
それを見ていたドスラク人は、デナーリスにひれ伏す!!
ジョラー・モーモントとダーリオもひれ伏す!
女王の誕生である!!
10万の兵を掴んだことになる!!
炎の中から出て来たデナーリスは当然裸である!
思わず見惚れてしまったが………

20160516_game_of_th2

ラムジー・スノウは、ラムジー・ボルトンとなっている。
相変わらずのいやらしさと残虐な性格がドラマを面白くしている??
リコンを手に入れたので、ジョン・スノウと対決する気十分である。
野人の女、オシャがリコンに付いていた。
ラムジン・スノウに簡単に殺される!
リコン救出の立役者になると思ったが………
ジョン・スノウは、いずれジョン・スタークになるのだろう!
サンサ達が食事している。
ブラニエーが食べない。
どうもまずいようだ!
エディソン・トレットが、料理が下手で申し訳ないと謝る。
そこへジョン・スノウに手紙が来る。
ラムジン・スノウである。
リコンが捕えられている。
サンサはジョンにラムジンを討つことを勧めている!
恨みがある!
手紙を見てスノウは決断したと思う!!
野人は2000の兵である。
ボルトンは5000の兵なのか??
ホワイト・ウォーカーはどうなっているのか?
ジョン・スノウはホワイト・ウォーカーに、ラムジンを相手にしなければならない!

シオン・グレイジョイは姉のところに帰る。
この男も自信喪失である。

ヴァリスとテリオンは現実的な対策を講じる。
これから忙しくなる。
デナーリスが、ドスラク人の女王になって帰って来る。
これからはやりたい放題である!

20160516_game_of_th3

来週で半分である。
又一年待つのか??
楽しい反面、早くしろと言いたくなる!

真田丸 19回 恋路を観てから………俳優も大変である。

真田丸 19回 恋路を観て
俳優も良い役が欲しいと思う。
信長、秀吉、家康は大物俳優が演じる??

光秀、勝家はどうなのか?
秀長、官兵衛、半兵衛、小六、三成、直江兼読、吉継、徳川四天王………
これは演じがいがあると思う。
備中高松城の清水宗治。播磨三木城の別所長治。因幡鳥取城の吉川経家もそうだろう………
毛利の両川、小早川隆景に吉川吉春、それに嶋左近もいる。

逆にあまり演じたくないのは??
大野修理がいる。大阪の陣で信繁と対立する。
軍師官兵衛での宇都宮鎮房はどうなのか??
地元では俳優が決まったと、地元の役所にポスターが出ていたが………
朝倉義景、小早川秀秋なんかもそうなんだろう。
真田丸では穴山梅雪がいる。小山田信茂も裏切る。
勝頼の家臣と言うより佞臣と言われる、跡部勝資、長坂釣閑斎はどうなのか??

真田丸では後に重要な役になる武将がいる。
大阪の陣では片桐且元がいる。
今秀吉の近くに仕えている。
徳川から出奔した石川数正は信繁に愚痴っている。重要なので最初によく登場した。
大阪の陣では息子が信繁の配下になる。
そう言えば吉継の息子も大阪城に入場する。

予算がある!俳優も選ばなければならない。
真田丸では、昌幸に大敗した鳥居元忠がいる。
以前のドラマ 関ヶ原と比較するのは可哀そうである。
が芦田伸介が演じていた。重厚な感じで迫力があった。
片桐且元も今は軽い!
いずれ家康と交渉する役である。
この調子で演じるのだろう………
家康と言うか、正信に良いように扱われるのだろう………

藤岡弘が面白い!
関ヶ原では加藤清正を演じていた。真田丸では本多忠勝である。
役は違っても同じ演技である!

そう思うと「ドラマ 関ヶ原」は適役の俳優がいた。
三国連太郎の本多正信なんかそのものズバリであったと思う。
石田三成は加藤剛、嶋左近は三船敏郎、前田利家は辰巳柳太郎………

個人的好みであるが、家康役の内野聖陽が良い!
そして真田親子3人が良い!
草刈正雄、大泉洋、堺雅人の親子がうまく回っている。
3様の性格を表わしている。
狸か狐の草刈正雄、くそ真面目な大泉洋。

いずれ北条攻めになるはずである。
徳川と同盟関係にある北条である。
紛争の原因を昌幸が造る??
家康がらみなるのだろう………
昌幸のザマ見ろと言う芝居が見れるか??
楽しみである!!

20160517_sanadamaru

2016年5月16日 (月)

2016年度 NHK大河ドラマ 真田丸 19回 恋路

真田丸 19回 恋路
茶々がおかしい???
が可愛らしい………
魔性の女である!
竹内裕子も実際そうではないかと思うが………
実際36歳と言うが、見えない!
城内を二人で散策する??
武器庫で二人になる。
妖しい関係になりそうである。
信繫は迷惑である。
秀吉の視線が気になる。

20160515_sanadamaru1

昌幸は駿府城を攻めるにはどうするのか??
そんな事を考えている。
家康は昌幸が信じられない。
婚姻を利用する。
本多忠勝の娘を信幸に嫁がせる。
妻がいると断るが、これほどの良縁を断わるはずがない!
家康は恫喝する。
忠勝は行かせたくない。

題名の恋路とは、兄弟の恋路であるのか??
信繫は茶々との間が噂になっている。
片桐且元が秀吉にそれを言うが逆に怒られる。
大阪の陣までこの頼りない演技が続くのだろう………

20160515_sanadamaru2

信幸は本多忠勝の娘との縁談になる。
家康が勧める。
娘は嫌がるが、徳川と真田の懸け橋になると!
家康は喜ぶ!
この場面、省いてはいないか??
昌幸は本多忠勝の娘との縁談を断わるのでは??
勇将と言えども忠勝は陪臣である。
昌幸は小なりとは言え大名である。
対等ではないと!
家康は養女にして嫁がしたのではないか???
エライ簡単にまとまる。
信幸の妻はどうなるのか??

茶々が武器庫に行ったと口を滑らす!
秀吉が咎めるが、言っていないと言い張る!!
ここで秀吉は茶々を口説く!
信繫の前である!
北の政所に茶々が側室になってくれると報告する。

20160515_sanadamaru3

恋路とは茶々の事でもある。
信繫はどうなるのか??
まだまだ先のようである………
大阪に陣では、信繁の入城時茶々に会う場面が楽しみである。

三成は秀吉に尽くしている!
今は緊張感の無い場面である。
加藤清正が九州に行く。
小西行長は???
いずれ北条攻めが始まる。
原因を造るのは、真田と北条である。
徳川も絡んでくる………
秀吉の悪意がある!
この場面を早く観たいが………

大阪市天王寺、茶臼山② 和気橋

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る

復元された橋がある
和気の清麻呂が出て来る。
こんなところにと思ってしまう。

20160505_wake_21_2

調べると面白い。
延暦7年和気清麻呂が旧大和川を改修した時、できた河底池に架かっている橋とされている。

20160505_wake_22

延暦7年に、のべ23万人を投じて上町台地を開削して大和川を直接大阪湾に流して、水害を防ごうと工事を行ったが費用がかさんで失敗している。
実務官僚と言う。
道鏡の事件で左遷されているが、土木工事の官僚とは思えない??
岡山の和気神社には行った事があるが………

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る


2016年5月12日 (木)

大阪市天王寺区、茶臼山①  家康の本陣

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る

茶臼山、家康の本陣。
ここに本陣を構えた。

20160512_chausuyama4

信繁に切り込まれて逃げた??
逃げたと言うのは問題発言である。
単に撤退しただけである。
信長も逃げる時はあっと言う間に一人ででも逃げた。
あまりにも信繁を美化している

20160512_chausuyama5

が、確かにここで信繁は後世に名前を残した。
島津が、「日本一の兵」と褒めた戦いである。
別に譜代の兵では無い。
浪人をまとめている。
やはり統率力はあったんだろう………
人望も将才もだろう………

20160512_chausuyama3

信繁が討ち取られた安居神社から直ぐである。
信繁は家康本陣に迫っている。
相当な激戦だったんだろう………」
感慨深い場所であるが………

20160512_chausuyama8


目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る



大阪市天王寺 一心寺 酒封じの神??

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る

一心寺。
安居神社前にある。

20160505_ichshinji1

人は多い。
一心寺は、大阪府大阪市天王寺区にある浄土宗の寺であり、正式名称は坂松山高岳院一心寺。骨仏の寺としてよく知られているようだ。
宗旨に関係なく参詣や納骨を受け入れる寺でもあったため、全国から多くの納骨が集まった。

20160505_ichshinji3

20160505_ichshinji2

徳川四天王の一人、本多忠勝。
真田丸では藤岡弘である。桑名に槍を持った像がある。
息子がいる。本多忠朝である。ここに墓所がある。
冬の陣で、酒を飲んでいたため敗退し家康に叱責さた。
親の子とも思えぬ!!
このため夏の陣では討ち死にを覚悟した様だ。
これは家康の策略とも言う。
死にもの狂いにさせる為に………
この頃は家康創業以来の武将がいなくなっている。
戦上手と言われる武将も少ない。
なので挑発したとも言う!
「司馬遼太郎 城塞」にこの話が出ている。
老練な武将が少なくなって来ている。

20160505_ichshinji4

20160505_ichshinji5

藤堂高虎に井伊直孝がいる。
井伊直孝は徳川四天王井伊直政の息子である。
有機秀康の毒殺に関係している??
死兵が欲しい。
死にもの狂いで戦う武将が欲しい。
この時、蝋燭の蝋が流れた。
家康はこの蝋燭は誰が献上した?
出雲守か!
蝋まで流れて役に立たない!
これを控えの間にいる本多忠朝に聞こえるように言った。
それで忠朝は死を覚悟して戦う事になる。
もう一人は松平忠直である。
これにも家康は挑発している。
忠直も抜け駆けで陣を進める。
家康の思ったと通りになる。
ここに来てそんな話も思い出した!
忠朝が、死の間際に 「酒のために身をあやまる者を救おう」 と遺言したといわれることから 「酒封じの神」 とされるようになった。
今でも墓所には禁酒を誓う人がよく詣でている。
そう言う話も面白い!
名所巡りに行くといろんな事に出会う! 

20160505_ichshinji6

寺の外の石垣。ねずみが居る!

20160505_ichshinji7

一心寺
大阪市 天王寺区逢阪2−8−69

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る


2016年5月11日 (水)

大阪市天王寺、安居神社 安居天満宮 真田信繁の最後

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る

目的の安居神社に着いた。

20160505_yasuishu1

大きな神社では無い。

20160505_yasuishu2

見物客は多い。

20160505_yasuishu3

外国人もいる。

20160505_yasuishu4

ここにも信繁の像がある。
ここで疲れて休んでいる時に討ち取られる。
終焉の地である。

20160505_yasuishu7

松平忠直隊鉄砲組頭の西尾宗次に発見され、「わしの首を手柄にされよ」と最後の言葉を残して討ち取られた。

20160505_yasuishu9

20160505_yasuishu13

ここでも歴女を見た。
三光神社、心眼寺に次いでである。
又何処かで会うかもしれない………

20160505_yasuishu8

16時閉門のようだが、今日は特別に開けてくれていたようだ。

20160505_yasuishu5

異体字の説明があった。

Img_2909

さなだ松がある。

20160505_yasuishu11

20160505_yasuishu14

20160505_yasuishu10


安居神社
大阪市天王寺区逢阪1丁目3−24

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る

大阪市天王寺、天神坂

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る

天神坂

20160505_tenjinsaka1

案内と坂の写真を載せる。水飲み場の写真も。
安居神社に通じる坂なので、天神坂と呼ばれる。
良質の水がわいていたようだ!
急な坂である………

20160505_tenjinsaka3

20160505_tenjinsaka2

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る

2016年5月10日 (火)

大阪、四天王寺② 色々ある寺である

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る

四天王寺。
境内を歩いていると色々ある。
親鸞聖人の像がある。
どこの像も変らない。

親鸞聖人の像

20160505_shitennnou21

引導石
引導とは、釈尊が 「生者必滅、会者定離」の人生無常の迷いの世界より、人々を究極の悟りの世界へと導かれた事をさす。
転法輪石、伊勢神宮遙拝石、熊野権現礼拝石と合わせて四天王寺四石の一つに数えられている。

20160505_shitennnou210

20160505_shitennnou211

布袋堂
聖徳太子の乳母を祀っていたようだ。
四天王寺の布袋尊は乳布袋と呼ばれて信仰を集めている。

20160505_shitennnou22

20160505_shitennnou24

20160505_shitennnou25

転法輪
転法輪は、お釈迦様の教えが他に転じて伝わるのを、輪に例えているもので、仏教の象徴である。
合掌し、「自浄其意(心が清浄になりますように)」と唱えて回す。

20160505_shitennnou26

20160505_shitennnou27

弘法大師の像がある。

20160505_shitennnou28

親鸞聖人と言い忙しい事である。
ここで面白物を見つけた。
別に面白くも無いが………
「一日一誦」
一日一誦とは一回まわすと、般若心経を一巻となえたことになります。
少しずぼらが過ぎないかと思うが………

20160505_shitennnou29


四天王寺

大阪市天王寺区四天王寺1−11−18

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る



大阪、四天王寺① 工事中であるが、人は多い!

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る

四天王寺に来た!
予定は安居神社であるが、先に目に入った四天王寺に行くことにした。

20160505_shitennnou1

20160505_shitennnou2

心眼寺からここまで歩こうと思ったが、奥さんが二郎の足を心配した。
本音は自分も歩きたくない。
39分かかると言う!
便利である。
またアイフォンを持てと言われた………

お茶を飲んでからバスに乗る。
ここのカフェのケーキが美味しかった。
が写真はダメなので写してはいない。
それからバスに乗る。
210円。値打ちはあった!
降りると工事中の神社があった。
四天王寺!

20160505_shitennnou3

20160505_shitennnou4

古書の市が開催されている。
ここで買えば又奥さんと揉めそう………

20160505_shitennnou5

工事の施工会社の宣伝がある。
良く知っている会社名である。

20160505_shitennnou6

広い境内だ。

20160505_shitennnou7

四天王寺
大阪市天王寺区四天王寺1−11−18

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る


2016年5月 9日 (月)

「ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風」5月9日 エピソード3

「ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風」 エピソード3
ジョン・スノウが生き返る。
想像するに、オオカミが生き返ったのを見て吠える。
それを聞いたダヴォス・シーワースが部屋に来る。
ものの見事に外れた………
ダヴォス・シーワースが来る。
魔女も来る。
魔女は炎の中に見たのはスタニス・バラシオンではない!
ジョン・スノウと思う!!
元の人間のようである。
野人に親友が祝福する!

20160509_gameofthr1

展開が目まぐるしい。
今回はサンサが出て来ないが、リコンが登場する。
アリアは相変わらず目が見えない。が棒術の腕は上がっている。
ブラン・スタークが過去を見ている。
父の若き日の戦いを見ている。
城の中に何があるのか??
見れなくて現在に戻る。
いずれ出て行く。三つ目の鴉に、それまでに教えることは教えると言われる。
父の戦いで、二刀流の戦いがあった。
日本では宮本武蔵である。
二刀流には欠点がある??
戦いの途中で握りを変えれない??
西洋の刀剣は重い。
重さで切る??
日本刀とは違う。
が、どちらも力、腕力がいる。
ドラマでは軽々と刀を放り上げていた??

デナーリス・ターガリエンが捕えられたままである。
族長の未亡人として、ヴァエス・ドスラクに連れて行かれる。
服をはがされる………
裸のシーンは無かった………(寂しい…)

アリアは大変である。
棒で打たれている。
が、徐々に上達している。
相手の女がいらっとする場面もある。
それよりこのジャクェン・フ=ガー何物なのか??
アリアに助けられたと言え、たかが場所の火事である。
それまでに脱出できたと思うが………
この顔が本当の顔なのか??
何か裏がありそう。
アリアも大きくなっている。これから大女優の道を歩むのか??
綺麗すぎるのが問題である。
アリアにサンサの裸のシーンは無いのか??

20160509_gameofthr2

サーセイとジェレミーは戦いを始める。
七神正教である。
指導者は貧しい身なりである。そうすると贅沢三昧の生活をおくっている貴族は何も言えない。
クァイバーンが存在感を増している。
小鳥を引き継いでいる。
サーセイに忠実な巨漢は不気味である。
修道女はどうやって殺されるのか??
興味津々である。
娘を殺されたサーセイとジェレミーのドーンに対する復讐もある。
まずはハイ・スパロウ(雀聖下)をジェレミーが殺す!!

このドラマ、主人公はラムジン・スノウか??
恐怖で支配する。
ジョン・スノウが野人を引き連れて攻めて来る心配がある。
ラムジン・スノウは何とも思っていな。
がここにリコンとオシャが捕まえられて連れて来られる。
ラムジン・スノウの嬉しそうな顔!!
脚本家の腕の見せ所なのか??

ピーター・ベイリッシュが出て来ていない。
寂しい………
あのいやらしい策謀家の顔が無ければさみしい。
ヴァリスとティリオン・ラニスターVSピーター・ベイリッシュである。
いずれ始まるだろう………

20160509_gameofthr3

気になるが、ウォルダー・フレイはどうなっているのか?
もう出て来ないのか??
スターク家を皆殺しにした張本人である!
復讐はあるはずである。

サンサが出て来ないので、ブラニエーも出て来ない。
ゲーム・オブ・スローンズの登場人物がある。
ここにブライエニーも紹介されている。演じるはグェンドリン・クリスティー。
写真入りだが、勘違いかも知れないが写真が違っていて、綺麗になっている???
怒られそうである!

真面目なサムが登場している。船で実家に帰る。船酔いで耐えられないのがサムらしい。
ジョン・スノウとジリのために知識を得ようとする。
〈知識の城〉は女人禁制のため、サムの故郷のに預けられる。

ジョン・スノウを刺した4人の絞首刑がある。
ためらうがロープを切る。
4人は死ぬ。手足をバタバタさせて死ぬ。
ここでスノウは上着を渡して出て行く!
本当に出て行くのかは来週である!
16日が待ち遠しい!!

2016年5月 8日 (日)

5月8日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール上方新鋭落語会2016

上方新鋭落語会2016、兵庫県立芸術文化センター。
西宮だ。
奥さんがチケットを購入している。12時からである。
少し遅れて入った。係りの女性が案内してくれた。
一番後ろである。
携帯の電源はお切りですか?
と聞かれて面白かった。
先日のサンケイホールの落語の最中に携帯が鳴った。
その落語の南天が今日も出る。

20160508_rakugo2

ここの出し物はその時にならなければ分からない。
桂 そうば  普請ほめ
桂 佐ん吉  稽古屋
桂 米 紫  秘伝書
桂 南 天  阿弥陀池

中入り
桂 雀 喜  終活のススメ
大 喜 利

そうばは何回か見ている。
桂 米紫は初めてである。
前名は桂 都んぼ(とんぼ)
本人が言っていたが、名前は自分の意志にかかわらずに師匠が付けるようだ。
桂都丸(現4代目桂塩鯛)に一番弟子として入門。桂とんぼの高座名で初舞台。
2010年8月に師匠都丸の4代目桂塩鯛襲名に伴い、自身も4代目「桂米紫」を襲名。
20年都んぼで、6年米紫であると自分で言っていた。
都丸の都を貰っている??
出し物は秘伝書。
名前の通りである。
天皇になるには?   皇太子になれ!
寝て食べられるには? 北海道で寝て居れ、熊に食べられる。

南天は動物園が得意と言う。
今回もゾウを出してきて、上手い!

桂雀喜はジャッキである。
物を持ち上げるジャッキ??
米朝はすでに弟子をとらない方針だったために断られる。
再び米朝宅に訪れたら孫弟子の桂雀三郎を紹介され、1番弟子として入門。
雀は当然なので、喜ぶは師匠が付けた。
桂 米紫の説明ではそうなる。
もっとも本人は、渡哲也ですと言っていたが………
就活ではなく、終活のススメである。
人生の終わりをどうするか?
末期を見届けてくれる人の名前を書く欄がある。
吉永小百合??
檀密???
この名前により女性のタイプが分かる???

「大喜利」になる。
笑点である。
最も笑点にもスジ書きがある??
桂米紫が司会をする。

何々とかけて、何々ととく!
何々をお客さんから貰う!
マイナス金利が出て来た。これは南天が答えた。
南天も大き過ぎる声でしゃべる!!
スタッフ細胞???

川柳がある。
最後を先に書く。そして頭をお客さんから貰う。
間をどうするか??
桂 そうば  大統領  鐘が鳴るなり  法隆寺
桂 南 天  大統領  阪神電車で   西宮
桂 雀 喜  大統領  トランプして  遊んでいる
これはトランプしてが良かったと思う………

楽しい落語でした!
考えてみれば西宮まで直ぐである。
又来てみたい!

20160508_rakugo1

2016年度 NHK大河ドラマ 真田丸 18回 上洛

2016年度 NHK大河ドラマ。
先週の題名は再会だった。
誰と誰の再会なのか??
信繫と記憶を失っている姉との再会がある。
秀吉と家康との再会がある。
多分、浅井長政に告げずに、朝倉攻めを行った時に、浅井が朝倉に付いた為、浅井長政が離反して近江海津に進出し挟撃戦になったため、信長は木下藤吉郎らに、しんがりを任せ、近江朽木越えで京に撤退する。
「金ヶ崎の戦い」である。
撤退と言うより逃げ出している。
この時は松永弾正も信長のために動いている。
木下藤吉郎が命をかけた戦いである。
この時には明智光秀、徳川家康も協力したようだ。池田もいる。
そのご姉川の合戦で会っているかも知れない。
どちらにせよそれ以来の再会である。
見終わってから、どちらの再会かを考えた………

20160508_sanadamaru1

上洛は昌幸に対してである。
本人は上洛する気はない。
秀吉何するものぞ!!!
大名は自分の力で勝ち取る!
が天下の帰すうは定まりつつある。
九州と関東東北が残っているが………
直江兼続も説得に来る。
いよいよ上洛する決心をするが、反対も多い!!

秀吉は太政大臣になる。
あまり喜んでいないようだ………
記憶を失っている姉を、信繫が引き取る。

昌幸が上洛する。
信幸も同行している。
久しぶりの親子対面である。
大阪城を観た感想を聞く。
昌幸は、どう攻めると聞く!
信繫は、難攻不落と言う!
が昌幸は将来の事は分からないと思っている!
信繫は大阪城入場時、この事を思い出すのだろうか………

秀吉との対面がある。
行く先不安である。
三成が仕切っている。
献上品も先に点検している。
田舎者と見ている。
体面の場に秀吉が出て来ず、秀次が出て来る。
信幸が怒る。馬鹿にしているのか??
大谷吉継が昌幸に会いに来る。
信繫の気持ちを思っている。
三成とは人情味が違う!

20160508_sanadamaru2

信繫は茶々にとりなしを頼む。
昌幸は秀吉会う事が出来る!
人たらしの秀吉の本領発揮である。
臣下になるが、徳川の与力になるように命令される。
家来ではない!
昌幸が元気がない………
家康に会って帰れと言われる!

帰る前に記憶を失った姉との親子の再会がある。
記憶が戻るのが速すぎると思うが………

家康と昌幸の対面がある。
家康の高笑いがある。この笑いは演技物である!
ますます昌幸、信幸は元気がない………

次回は本多忠勝の娘と信幸の婚儀の話が出てきそうである。
その時病弱の信幸の妻は??

20160508_sanadamaru3


大阪市天王寺、鎌八幡 悪縁を断つ寺

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る

鎌八幡 悪縁を断つ寺

20160505_hachiman2

境内は撮影禁止である。

20160505_hachiman1

参拝も一時中止とあった。
不届き者がいた様だ。
厳しい!

20160505_hachiman3

一本の榎が信仰の対象になっていた。
信繫が榎の霊木に鎌を打ちつけ「鎌八幡大菩薩」と必勝祈願したと言う。
それ以来祈願する時は鎌を打ちこむようになった。
言う意味で、真田の史跡になっている!
霊木は第2次世界大戦で焼けたが、根が残っていて蘇生したようだ。

20160505_hachiman4

20160505_hachiman5


鎌八幡 
大阪市天王寺区空清町4-2

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る


大阪市天王寺、真田丸顕彰碑 

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る

真田丸顕彰碑。 

20160505_sekihi1

心眼寺の道路を挟んである。
平成二十八年である。
真田丸に刺激されたのか??
足元に六文銭がある。
片方は何なのか?
「五七の桐」である。
三枚の葉と茎に複数の花がついたこの紋章は、豊臣家である。

20160505_sekihi2

20160505_sekihi4

20160505_sekihi5

20160505_sekihi3

真田丸顕彰碑の裏の校庭が、真田丸の跡地のようだ。

20160505_sekihi6

20160505_sekihi7

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る


大阪市天王寺、心眼寺③ 歴女?

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る

20160505_shingenji31

三光神社で若い女性の二人連れを見かけた。
赤と黒で統一されている。
赤のシャツには六文銭がある。
黒でである。
奥さんが、歴女?
聞いてみたかったが、変なおっさんと思われたくなかったので止めた。

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る


大阪市天王寺、心眼寺② 京都見廻組 桂早之介・渡辺 吉太郎

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る

心眼寺。

20160505_shingenj22

渡辺 吉太郎!
何処かで聞いたことがある名前である。
見廻り組とある。
それで直ぐに思い出した。
坂本竜馬暗殺を告白した。
やはり司馬遼太郎で知った。

渡辺 吉太郎は京都見廻組隊士。慶応3年の京都近江屋での土佐藩の坂本龍馬・中岡慎太郎を暗殺したとされる人物の1人。
大正4年、今際の際に「坂本氏を暗殺したのは自分である。生涯隠し続けようと思っていたが、これを打ち明けてこの世を去りたい」と言ったと言う。
ここに墓があるとは………

20160505_shingenj21

半藤一利は薩摩黒幕説である。
まだ分かっていないと思うが………
あちこち出歩くと知らないことが分かる。
歴男(?)
そんな良い物ではない………

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る


2016年5月 7日 (土)

大阪市天王寺、心眼時① 真田幸村出丸城跡

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る

心眼時。

20160505_shingenji1

真田の出丸城跡であり、墓がある。

20160505_shingenji2

ここも人が多い。

20160505_shingenji3

20160505_shingenji4


「従五位下 真田左衛門佐豊臣信繫之墓」

20160505_shingenji5


20160505_shingenj6


20160505_shingenji7

それに墓の下には、銭がちりばらねれている。
沢山の小銭がある。

20160505_shingenji6

旗竿も立っている。
信繫は豊臣の姓を貰っている。
ここで熱心なのは良いが、説明の前に立って動かない人がいる。
他の人が遠慮している。
おもむろにカメラを出して写すが。早くして欲しい!

20160505_shingenji8

ここもコースになっているので沢山の観光客がいる。
これからもっと増えるのだろう………

心眼時
大阪市天王寺区餌差町

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る


大阪市天王寺、三光神社③ 六文銭の旗竿

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る

三光神社、境内でお守りでも買おうかと思った。

20160505_sanko0

旗竿がある。

20160505_sanko1

出始めという。
つまりまだそんなに売れていない??
何かの記念である。
買いました!

20160505_sanko2

2014年に買った、石田三成の旗竿と一緒に。

 

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る


2016年5月 6日 (金)

大阪市天王寺、三光神社② 抜け穴??

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る

高野山へ真田巡りに行った時にも抜け穴があった。
実際は違うが………
ここ三光神社にもある。
真田の向け穴が………

20160505_sanko7

「映画・大脱走」がある。
これはトンネルを掘り脱走する。
立って歩ける穴は掘れない。
補強の為に板が使われる。
途中何度も地盤崩れる。
掘った土は上手く散らしている。
最後は距離の目測を誤って、目標より手前で地上に出てしまう。
実にこの辺りはリアリティーである。

大坂城から当地までの抜け穴を掘ったといわれ、社殿の下に残っている。
何の為に??
地下何mまで掘るのか??
一方から掘ったのか??
両方から掘ったのであれば測量は??
抜け穴の明かりは松明か??
水は出なかったのか??
這って進むのか??
通風はどうしているのか??
途中に換気の為の塔でもあるのか??
長雨が降ったら抜け穴に水が入る。それは入口を高くして入らないようにしている??
掘った人足達は殺したのか??
抜け穴は無い!
声を大にして言いたい!!!!!!!!

が、真田丸を攻めた前田軍の塹壕の痕跡の可能性が高いとの説があるようだ。
これなら分かる!!
黑鍬者達を連れて来ている。

子供の頃は、猿飛佐助に憧れた!
白土三平の影響がある。
真田忍群!!
猿飛とは術の名前で、使える忍びは皆猿飛である。
大猿・小猿、黒猿、白猿、木猿、石猿………
あの頃は純粋だった。
仲間内でも、猿飛と霧隠はどちらが強いか?
今は夢のかけらもないが………

三光神社
大阪市天王寺区玉造本町

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る


大阪市天王寺、三光神社① 到着

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る

まずは三光神社である。
人通りは多くない。
案内も目立たない。
軍師官兵衛ではそこら中に旗竿が立っていたが………

20160505_sanko4

近づいて来ると、人がちらほらと!
だいたい服装は見物用である。
年輩の人が、やはり多い!
標識は見つけたが地味である。
ここにも六文銭の旗竿が欲しいが………

境内に行くまでに、「眞田幸村公之像」がある。
眞田である。真田ではない!
何か意味があるのだろうと思うが………

20160505_sanko5

横には抜け穴がある。

20160505_sanko8

20160505_sanko6

境内は広くない。
売店もある。
今しかないこの一年で稼がなければならない??
大阪の陣の放送日にはもっと増えるだろう………

20160505_sanko11

20160505_sanko12

三光神社は、天照大神・月読尊・素戔嗚尊を祀る。
反正天皇の時代の創建と伝えられる。
創建以来、武内宿禰の末裔の武川氏が神職として奉職し、現在は86代目と伝える。
中風封じの神として有名な陸前国宮城郡青麻の三光宮(現 青麻神社)を勧請し、そちらの方が有名になった。
明治41年(1908年)、姫山神社に境内社・三光宮を合祀し、社名を「三光神社」とした。3柱の神を祀ることから「三柱神社」とも、「日月山神社」ともいう。
大阪七福神の一つのようだ!
寿老神の像がある。

20160505_sanko9

20160505_sanko10

三光神社
大阪市天王寺区玉造本町

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る


真田巡りに出発。近鉄鶴橋駅から………

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る

5月5日(木) 連休最後の日である。
久しぶりに真田巡りに出かけた。
きょうは大阪と決めていた。
6月に行ける処へ行きたい。
上野沼田、信濃松代・川中島、下野佐野、尾張三河の小牧長久手、長篠………
そのまわりに行きたい。
大体計画は出来ている!!
今日は茶臼山まで行く予定である。
はじまりは鶴橋駅からである。
初めて降りた駅である。
噂には聞いていたが凄いところである!
ここは再開発は出来ないだろう………
これだけ小さな店が沢山ある。
通路も狭い。
狭いと言うよりお客が多い!
この人達の生活はどうするのか?
とても無理である!!
出来るのは大阪都構想なのか??

ここのJR鶴橋駅の2階から、ブックオフに抜ける改札があった。
奥さんが喜んでいた!
このブックオフがもっと大型店ならば面白いのだが………

20160506_turuhashi

もし再開発に計画が立ったら、火事になる????
怒られそう!
ここで昼食を取ってから真田巡りに出発である!!
気候も良いので嬉しい!!

目次(2016年 真田幸村史跡めぐり 大阪編)に戻る

2016年5月 5日 (木)

おおさか維新の会 街頭演説 5月4日 三宮センター街 片山虎之助

知らなかったがたまたま事務所に行こうとしたら、大阪維新の会の街宣車が停まっている。
3年前にも来ていた。
その時も聞いていた。
片山虎之助が来ると言う。
これは待ってなければならない!
もうすぐ来ますと言ってからの時間が長い。
兵庫維新の会である。
兵庫選出の参議院議員清水貴之が喋っている。

20160504_ishin1

しがらみのない政党!!
たしかに業界団体の幟は無い。
これが自民党、民主党(民進党)ならば、ここぞとばかりに忠誠心を発揮する為に並んでいる。
大阪の議員削減。
財源をどうするのか?
教育等使うところには使う。
橋下徹の主張が生きている。

ようやく片山虎之助が登場である。
岡山の選挙で、激戦区と言われて、「何が激戦区なのか?注目区ではあるが!」
見事に分けの分からない、姫に負けた!
今から思えば良くあんな女に投票したと思っている人は多いのではないか!

20160504_ishin2

維新が分裂した時、大阪を「おおさか」とひらがなにするように進言した。
おおさか維新の会の共同代表である。
にこやかに喋る。
言葉もはっきりしている。
7月の参議院選では比例で出る。
息子、大介が兵庫から出る。
元NHKの記者である。
親父の影響を受けている。

親父が、出来ないと思ったら投票しなくても良い!
その時は比例区で片山虎之助を入れてくれと、笑わせた!
息子は真面目そうである。
親父とは違いそうである。

聞いている人は少ない。
それに前で服の宣伝をしている女がいる。
コスプレみたいである。
大きな声を出している。
場所を考えないのかと思った。
少しの間である。
遠慮すれば良いのにと思ったが………
ここはキリスト教のパンフレットを配っている。
こちらは物静かである。
途中で引き揚げていた!

友人(X)に言わせると、又維新かと言われそう!

2016年5月 3日 (火)

神戸南京町でスパイダーマン発見!!

仕事の関係で神戸元町・南京町に行った。
そこで面白い物を見つけた。
今まで何回も見ているのに、急に気になった。
肉料理の店である。
ここにスパーダーマンと牛のモデルがある。
どういう組み合わせか知らないが………

20160503_sup1

気になったのは、スロヴァキアの邦子さんの一番下の息子がはまっている!!
スパイダーマンのマスクを被って悦に行っている!!
なかなか可愛らしい!

20160503_sup2

神戸のこの系統の店には、スパイダーマンがいるようだ。
ファンなのか?
単に面白がっているだけなのか?
目立つ事は目立ちます!!

と思っていたら東門でスパイダーマンを見た。
同じ系列の店である。

20160503_sup3

ここは店の人が外に出ていた。
なので聞いてみた。
やはりオーナーが大好きみたいである。
金のあるところは違う!!

5月3日(火) 神戸三宮駅のフラワーロードの北側での事故!!

昼前にサイレンが鳴る。
何事かと思う??
ヘリコプターが上空でホバリリングしている。
ベランダから見える!
後で4台になったが………

20160503_ac4

20160503_ac5

とりあえず行けるかどうかわからないが見に行った。
但馬銀行の前での事故のようだ。
ニュースでは車の暴走と言っていた。
人だかりである。
交通規制もやっている。
沢山の警官と消防署員が出ている。
報道関係も多い。
撮影器具を持って走り回っている。

20160503_ac0

加納町の交差点、歩道橋

20160503_ac1

歩道橋から

20160503_ac2

面白いと言うか、現場で得意先に会った。
気になって見に来たんだろう………

20160503_ac9

20160503_ac6

20160503_ac7

20160503_ac8

三連休の初日である!
沢山の警官と消防署員の皆さま、ご苦労さまです!

「ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風」5月2日 第エピソード2

ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風。
まだまだ安心は出来ない!
第2作である。
ダヴォス・シーワースらが守っているが味方は3人。
その内の一人が野人に救援を求めに行く。
野人の群れが救援に来る。
ジョン・スノウを殺した、〈冥夜の守人〉達と対立する。
野人の方が勢力がある。
捕えられて牢にぶち込まれる。
がジョン・スノウは死んだままである。
大蛇丸か長門をトレードしたい????

展開は早い。
ラムジン・スノウの残虐さがにじみ出て来る。
恐怖で支配している。
シオン・グレイジョイのチンチンを切り落とし人格を破壊している。
前回サンサ達に突き落とされて死んだ愛人を犬に食べさせていた。
今回はボルトン公を殺す。
世継ぎが生まれたために焦って殺す!
世継ぎと母親を犬に食べさせる。
今やボルトン公である。
ルース・ボルトン公は、北部をまとめようとする。
そに為にはスターク家が必要との認識がある。
ラムジン・スノウにはその認識がない!
直ぐに殺し過ぎの感じがしないでもない!

20160502_game_of_th2

やっとブラン・スタークが登場した。
三つ目の鴉といる。
いずれ出て行かなければならない!
スターク家はジョン・スノウを入れれば男の子3人、女の子2人が残っている。
いずれ末子のリコンも出て来ると思うが………

サンサはジョン・スノウを目指している。
アリアは相変わらず目が見えない。
この暗殺者の男。
最初馬車牢に入れられて運ばれていた。
アリアに火事の時助けられる。
しかし今の力を見ると簡単に脱獄出来たのではないかと思うが………

サーセイとジェレミーの復讐は?
七神正教との戦いが始まるだろう………
指導者は貧しい身なりである。
これを利用している!
サーセイに忠実な巨漢がいる。
いつ戦いの鐘が鳴るのか??

南は大変である。
ヴァリスとティリオン・ラニスターが策を練る。
ヴァリスがここに居ると言う事は、何か成算がある??
凸凹コンビ??
なかなか面白い。
ティリオンはドラゴンに会う。
この場面面白い。
鎖を外すがこれからのドラゴンの行動は???
母なる女王を探しに行くと思うが………

20160502_game_of_th3

鉄諸島のグレイジョイ家も問題である。
シオンの父が殺される。
姉は女王になる気満々であるが、選挙のようだ。
ここもどうなるか??
ラムジン・スノウにやられないと信じたい!!

魔女は自信を失っている。
大勝利を炎の中に見たが、結果は負けである。
死者を蘇らした事はない。
が、甦った人間は見たことがある。
ダヴォス・シーワースは頼みに行く。
出来ないと断るが、ダヴォスの頼みなのでとりあえず行く!
身体の血をふき取り綺麗にする。
髪の毛を切り、炎の中に入れるて燃やす。
もっと大げさな小道具があるのかと思ったがなかった!
傷口に手を当てて呪文を唱えるが何も起こらない。
魔女が部屋から出て行く。
見守っていた人たちが部屋から出て行く!
サアどうなる!
突然目がばっちり開く!

20160502_game_of_th1

COMEBACK!!!!!!
復活か??
目が開いたところで来週である。
人格が変わっていなければ良いのだが………
来週は楽しみである!

2016年5月 1日 (日)

2016年度 NHK大河ドラマ 真田丸 17回 再会

NHK大河ドラマ 真田丸 17回 再会 。
家康と昌幸の戦いが始まる。
家康も意地になっている。
信繫は秀吉に、うるさい!
と一喝される!

家康は秀吉の許可を求めている。
秀吉の名代で真田を討つ。
使者の前では従っているが、実際は許可などいらない!
家康はやる気満々である!
本多忠勝が任せてくれと!!

20160501_sanadamaru1

出雲阿国が踊る!
その踊り子の中に見た顔がある。
崖から飛び降りた姉である??
本人に会うが人違いと言われる???

どうなるかと思っていると秀吉から使者が来る。
真田攻めを待てと!!
家康は
怒り狂う!!
サルめが!
小領主は辛い!!
信繫も狸である。
策があると言っていたがそんな物はない!
はったりである。
上洛を信幸は勧める。
が昌幸は名を売ってからと思っている。
真田の値打ちを高める!
真面目な信幸は悩む!!

20160501_sanadamaru2

家康も上洛しない!
秀吉は家康に母親を人質に出す!
身内には反対される!
加藤清正に福島正則も反対する。
どうしても家康を上洛させたい!
清正・正則と三成・吉継がその件で対立する。
信繫は間に入るが、まだ若造である。
無視される。
三成には情がないと責められる!

展開が早い!
母は家康に嫁いでいる娘に会う。
その状況を見て納得する。

家康が上洛する。
会う前に、秀吉は打ち合わせをしたい。
信繫が家康に会いに行く。
付き人に秀吉が化けて行く。
信繫が挨拶をする。
途中で秀吉が正体を表す。
この驚く家康の表情は演技物である!
面白い!
家康に対面時に言う事を願う!
大きな声でである。みんなに聞こえる様に殿下に臣従すると言う!
秀吉の陣羽織を欲しがる。
今後の戦いは家康が行うと!!
つまりもう不要になる!
芝居である!!

20160501_sanadamaru3

次は昌幸がどう出るのか??
三成が信繁に言う!
上杉景勝に気に入られ、殿下にも気に至れている。
何者なのか??

映画・シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

久しぶりの映画である。
少し忙しく落ち着いて見れないと思ったので今日になった。
観たのは、シビル・ウォー/キャプテン・アメリカである。
封切り2日目である。
オールスターである。
アベンジャーズは、モビルスーツ(?)を着ているか、何らかの改造を受けている超能力者、超人である。
人間は、ホーク・アイとブラック・ウィドウか?

20160415_film1

アフリカのワカンダで生物兵器強奪を狙ったテロが発生し、キャプテン・アメリカ達がが出撃する。
ワンダが爆弾を動かしたが、爆発して市民に死傷者が出る。
これにより、アベンジャーズは批判される。
ただでさえ勝手に動き回る。命令は聞かない。管理が出来ない。
この辺りは、ミッションイッポシブルと変らない。
動く度に被害が大きくなる。
IMF解体の危機になる。
国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.長官のニック・フューリーは引退しているのか?
かばう人間がいない!

20160430_film2

国際的な政府組織の管理下にアベンジャーズを置き、組織の許可なしでの活動を禁止する「ソコヴィア協定」の作成を決断する。
米国務長官サディアス・ロスはアベンジャーズメンバーにソコヴィア協定への署名を求めた。(嫌なおっさんである………)
ここでキャプテンアメリカとアイアンマンが対立する。
賛成派と反対派である。
管理下に置こうとする人達は怖いのだろう………
自分達が及びもつかない力を持っている。
ここからのやり取りは早い!
ウインターソルジャー、バーンズを巡る争いになる。
バーンズは洗脳されている。
キャプテンアメリカはそれを取り除けば問題ないと思っている。
どちらにも味方がいる。
ソーとハルクは登場しない。

陣営は二つに分かれる。

反対派。
キャプテン・アメリカ
バーンズ / ウィンター・ソルジャー
サム・ウィルソン / ファルコン
クリント・バートン / ホークアイ
ワンダ・マキシモフ/ 魔女
スコット・ラング / アントマン

20160430_film4

賛成派。
トニー・スターク / アイアンマン
ナターシャ・ロマノフ / ブラック・ウィドウ
ジェームズ・"ローディ"・ローズ大佐 / ウォーマシン
ティ・チャラ / ブラックパンサー
ヴィジョン
ピーター・パーカー / スパイダーマン

20160430_film3

この二組が空港で争う!(結局この空港も潰してしまう………)
ホークアイは引退している。
が、キャプテンアメリカに引っ張り出される。
ブラック・ウィドウは中立的である。
争いを止めさせたい!
スパイダーマンまで出て来るとは………
アイアンマンは弱気になっている?
ブラック・ウィドウは組織が残れば何とかなると考える。
潰してしまえば終わりである。
常識的な考えか?
しかしキャプテンアメリカにファルコンは違う!
あくまで行動の自由を求める。

ヒーロー物は辛い!!
ライバルは前作より強くなければならない!
だんだんエスカレートしてくる。
登場人物も多いのは嬉しいが、出番が少なくなる。
次作はどうなるのか??
ソーにキャプテンアメリカ、アベンジャーズ、アイアンマンは終了なのか??

20160430_film5

今回は敵の正体がはっきりしない!
ウインターソルジャーも後5体ある??
生きているのか死んでいるのか分からない!!
次回に繋げていると思う!

辛いアイアンマンの過去がある。
これが明かされ、壮絶な戦い、身内同士の戦いがある!
次回はそこら辺の後日談から始まるのか??

シャロン・カーター / エージェント13
の身元が分かる。
エミリー・ヴァンキャンプ、きれいな女優である。
奥さんは良く知っている。
「海外ドラマ・リベンジ」を観ている。
その主人公のようだ!
そう言えば見たような記憶がある!
きれいで可愛いとなれば言う事無しである。
次作にも登場するのだろう………
マリア・ヒルが出て来なかったのは寂しい!
何を観に行っているのか??
奥さんに怒られそう………

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ