« 本・勝負運の法則―「ツキ」と「実力」の関係(2002/2)・谷川 浩司 ・ 谷岡 一郎 | トップページ | 第四回 桂 南光 独演会 姫路キャスパホール »

2016年6月18日 (土)

本・数に強くなる (2007/2)畑村 洋太郎

「数字なんて見るのもイヤッ!」…とはいっても、仕事でも何でも付いて回るのが、数字の厄介なところ。この本は、日頃そんなふうに感じている人のための本です。『直観でわかる数学』のハタムラ先生が、とっておきの「数の極意」を伝授します。読めばたちまち効果テキメン。数字に負けない地力とシブトさが身につきます。

20160618_book1

著者の本もよく読んでいる。
教えられることが多い??著者は迷惑か??

『数』 すう、かず??
かずと読みたいようだ。
かずに関する疑問がある。

数に強いと言う。数字に強い!!
著者言う、『日々の訓練と楽しみ方次第では、だれでも数に強くなれる』
最初から分からないでは無く、分かるようになり自信を持つ!

普段から意識して考える。
電卓がある。
これは数については何の役にも立たない!
計算だけである。
そろばんがある。

電卓を使っても何も残らない。
同じくカーナビを使う癖が付くと、何も残らない。
これは良く分かる。頭は使わなければならない・・・・・・・

種類・数・単位がある。
リンゴ・5・ケースとかの数である。
数を作る作業。
具象の世界から抽象の世界を行き来することにより、新しい数を生み出す。
これは著者の本を読めば良く分かる!(是非に読むべきであると思うが・・・・・・・)

昔学校で数字のコンマの問題を教えて貰った。
1000,0000,0000-
1,000,000,000-
要は4ケタか3ケタかである!
著者は4ケタを推奨している。
が社会人になってからは3ケタが当たり前になって来た。
慣れと言うものは恐ろしいと思う。
パソコンの数字も3ケタで、変換する!
そう言えばそろばんの玉も4個と5個があった。
良く分からない・・・・・・

著者は何でも、音でも数量化する。
ここら辺りはそうなんだろうと思って読んでいる。
絶えず数に親しむ事なのか。
裏の数字を読む。
17X18を計算する。
17X20(勝手に増やす)
340は暗算で出来る。
340から0を取る。34になる。
340-34=306となる。
ちゃんと計算も記述している。
17X(18=20-2)である
17X20=340。17X2=34.
340-34で答えは306になる。
なるほどと思うが、著者から見れば当たり前なのか??

ザックリ・ドンブリ・ドンガラは大切である。
倍半分は許されるが、桁違いは許されない!!

おつりの出し方が日本とヨーロッパでは違う。
これは実際に体験している。
テーブルで勘定する。そこでチップも発生するのだが・・・・・・・・
財布が分れていて、単位に合った小銭、大銭が入っている。
680円の弁当を買い、10,000円でお釣りを出す。
日本は暗算で9320円のお釣りを計算する。
9000円、300円、20円と出す。
ヨーロッパは逆である。
700円で680円なので20円の不足から出す。
次に1000円で700円なので300円の不足を出す。
5000円で1000円なので4000円の不足を出す。
そして5000円をだす。
大きい方から出すのか?
小さい方からか?

数は一人当たりに換算する。
そうすれば数が実感できると言う。
数を漠然と捉えずに、意識していればドンドン正確になるようだが・・・・・・

最後に著者がまとめた数の法則がある。
①   1日1000歩1キロの法則
これは著者の個人的な問題!同じような悩みはあるが・・・・・・
  1000歩歩けば1キロ痩せる。歩かなけれな1キロ増える???
②   1駅2分の法則
東京の地下鉄。2-3-5の法則。駅から駅まで一駅間が2分。待ち時間3分。乗り換え5分で計算するようだ。
但し東京の地下鉄である。神戸に当てはめると、駅間は2分。待ち時間は5分としたい。乗り換えは5分である。大阪は東京と同じでよいのか??
③   自己評価は2割増しの法則
転職2回給料半減の法則
1回で7掛け、2回で同じく7掛けになれば49%、半分である。
④   6%の原理と7-10の法則
この当時は消費税5%である。今は8%である。人間の識別限界は6%と言う。要は見方が変わる限界の数字が6%! 7%10年で2倍。年利7%で返す金は10年で2倍になる。
年利7%で返す金は10年で2倍。
年利3.5%で返す金は20年で2倍。
年利1.75%で返す金は40年で2倍。
逆も成り立つ?
年利10%で返す金は7年で2倍。
年利20%で返す金は3.5年で2倍。
年利40%で返す金は1.75年で2倍。
⑤   大入り満員7掛けの法則
1000人に声をかけても来るのは700人。だいたい当たっている。
⑥   ドタキャン1割の法則
良く分かる。35人出席なら30人分でよいと考える。
⑦   ニッパチの法則
最初の2割の努力で大方8割は達成できる。
その後は8割の努力で2割しか出来ない。
ある程度のところで切り上げる!それ以上は効果が無い??
⑧   2-6-2の法則
これは良く知っている。2割は何も言わなくても出来る。6割は中間で、残りの2割は出来ない。全体の1割が変われば全体が変わる??
大変面白い本でした!!

« 本・勝負運の法則―「ツキ」と「実力」の関係(2002/2)・谷川 浩司 ・ 谷岡 一郎 | トップページ | 第四回 桂 南光 独演会 姫路キャスパホール »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・数に強くなる (2007/2)畑村 洋太郎:

« 本・勝負運の法則―「ツキ」と「実力」の関係(2002/2)・谷川 浩司 ・ 谷岡 一郎 | トップページ | 第四回 桂 南光 独演会 姫路キャスパホール »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ